クラシカルな雰囲気のカスタマイズカーを、Webサイトでデザインできる

ランクルやハイエースの改装サービス、FLEX「Renoca(リノカ)」レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ「ランドクルーザー」や「ハイエース」の専門店として知られる自動車販売店のFLEXは、新車および中古車のカスタマイズをWebページ上で行える新しいサービス「Renoca(リノカ)」を2017年3月よりスタートさせた。2017年4月7日に開催された記者向けの事業説明会の様子から、その特徴をレポートしよう。

おしゃれなライフスタイル商品のように手軽に、自動車のカスタマイズをWebページから行えるのが「Renoca」

おしゃれなライフスタイル商品のように手軽に、自動車のカスタマイズをWebページから行えるのが「Renoca」

Webページでデザインを選び、見積もりまで可能

Renocaは、FLEXが得意とするトヨタ「ランドクルーザー」および「ハイエース」を対象にしたカスタマイズサービスだ。クルマのカスタマイズサービス自体は特に珍しいものではないが、Renocaは、Webページから、対象となる3車種4メニューを選び、インテリアやエクステリア、オプションパーツといったカスタマイズ項目を選ぶことで、見積もり価格まで算出される。見積もりの結果は、必要であれば店舗まで転送され、そこからさらに詳細なカスタマイズの指定も可能。なお、外装のカスタマイズに使われる素材が、一般的な強化樹脂プラスチックのFRPではなく鋼板なのも特徴で、より高い強度を備えつつ、柔軟なデザインに変更できるのも魅力だ。

Webページ上で、項目を選ぶことでカスタマイズでき、見積価格まで算出できる

Webページ上で、項目を選ぶことでカスタマイズでき、見積価格まで算出できる

Renocaの用意するカスタマイズメニューは、200系ハイエースをベースにした「Coast Lines」、90系ランドクルーザープラドをベースにした「American Classic」と「COLOR BOMB」、80系ランドクルーザーをベースにした「Phoenix」の4種類となる。デザインは、日産のパイクカー「Be-1」のデザインコンセプトを手がけた坂井直樹氏の監修によるもので、クラシカルなテイストが特徴となっている。

カスタマイズのメニューは現時点で4種類が用意されている。FLEXの藤崎社長によれば、今後は、トヨタの商用バン「プロボックス」などの小型車向けサービスもラインアップに加えたい、とのこと

200系ハイエースをベースにした「Coast Lines」は、往年のアメリカ製ミニバンシヴォレー「シェビーバン」をイメージしている

展示車のインテリアは、クロスとレザーのコンビネーションシートに、テーブルを組み合わせた8人乗り仕様になっていた

90系ランドクルーザープラドをベースにした「American Classic」。外装にウッドパネルを装着し、クラシカルな雰囲気だ

「American Classic」の展示車のシートクロスはベルベット。素朴なテイストのエクステリアとのミスマッチが楽しい

こちらも90系ランドクルーザープラドを使った「COLOR BOMB」。大型のタイヤを装着し、力強さを強調している

こちらも90系ランドクルーザープラドを使った「COLOR BOMB」。大型のタイヤを装着し、力強さを強調している

「COLOR BOMB」のインテリアは、エクステリアに負けないインパクトのある、オレンジのレザーでいろどられる

「COLOR BOMB」のインテリアは、エクステリアに負けないインパクトのある、朱色のレザーでいろどられる

80系ランドクルーザーをベースにした「Phoenix」。外見はシンプルで懐かしい感じもする

80系ランドクルーザーをベースにした「Phoenix」。外見はシンプルで懐かしい感じもする

エクステリアと調和したインテリア。80年代の雰囲気を再現している

エクステリアと調和したインテリア。80年代の雰囲気を再現している

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.10 更新
ページトップへ戻る