選び方・特集
発売されたばかりの新型SUVも!

《2020年》いま人気のおすすめSUV15選!新型SUVもご紹介

SUVとは

SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略で、訳すと「スポーツ用多目的車」という意味になります。SUVは、アウトドアにおける使い勝手が高められていることが主な特徴です。SUVは走破性を高めるため、多くの車種へ四輪駆動(4WD)方式が採用され、障害物を乗り越えるために最低地上高が高く、沢山の荷物が詰めるようリアにハッチバックが採用されています。

SUVといえば、トヨタ「ランドクルーザー」や三菱「パジェロ」など、悪路や未舗装路などで高い走破性を発揮する「クロスカントリー車」が思い起こされますが、いまは自動車ニーズの多様化に合わせて、さまざまな種類のSUVがラインアップされています。そこで当記事では、SUVの種類やジャンルごとにおすすめのSUVをご紹介していきます。

>>価格.comで「満足度が高い」SUVランキングを見る
信頼性の高い「価格.com」のクチコミレビューを元に、「エクステリア」「インテリア」「エンジン性能」「走行性能」「乗り心地」「燃費」「価格」といった視点から、いまどんなSUVが人気なのかをランキング形式で見ることができて、とても便利です!

SUVの種類

クロスカントリー車

「山野を縦断する」という意味を持つクロスカントリー車は、その名のとおり未舗装路や悪路に対して本格的な走破性をもちあわせているオフロード車のことを指します。

クロスカントリー車では、走行中にボディが歪まないように丈夫なラダーフレームが採用されているほか、急斜面やぬかるみなどの場面で駆動力を高める副変速機を搭載。また、障害物などに引っかからないように最低地上高は高く設定されています。

クロスオーバーSUV

クロスカントリー車の高い走破性と、乗用車の快適性を「融合(クロスオーバー)させる」という意味が込められているのが、「クロスオーバーSUV」です。近年、クロスオーバーSUVの人気は高く、SUVといえばクロスオーバーSUVを指す場合も多く見られます。

クロスオーバーSUVでは、多くの乗用車に採用されている、ボディそのものに強度を持たせた「モノコック構造」が採用されている点が、クロスカントリー車と大きく異なる点です。モノコック構造は、ラダーフレームよりも軽く、乗り心地もよいなどのメリットがありますが、ボディ全体で強度を保っているために一ヶ所に強い衝撃を受けるとボディが変形してしまう場合があります。そのため、悪路における走破性は、ラダーフレームを採用しているクロスカントリー車のほうがすぐれているといえるでしょう。

クロスオーバーSUVでは、舗装路での走行性能や快適性を重視して作られています。そのため、駆動方式は4WDのほかにFFのような舗装路向きの駆動方式も多くラインアップされており、セダンなどと同等の快適性も備えられています。

ミドルサイズSUV

クロスオーバーSUVを、ボディサイズでさらにカテゴライズしたジャンルのひとつが、ミドルサイズSUVです。ミドルサイズSUVは、欧州のカテゴリ分類でいえばCセグメント、いわゆるミドルクラスセダンのようなボディサイズをもつSUVのことを指します。悪路における走破性はクロスカントリー車ほどではないものの、コンパクトSUVや軽SUVよりもすぐれており、アウトドア志向に作られていることが特徴です。

コンパクトSUV

クロスオーバーSUVのジャンルのひとつです。ボディサイズはミドルサイズSUVよりも小さくてコンパクトカーサイズ、欧州でいうとBセグメントにあたります。日本では近年、ラインアップが拡充しており、人気ジャンルのひとつとなっています。

軽SUV

クロスオーバーSUVのジャンルのひとつです。ベースは軽自動車で、SUVのような外観に仕立て上げられたクルマのことを指します。コンパクトSUVとともに、近年の日本では人気のジャンルです。

なお、スズキ「ジムニー」は軽自動車に属するSUVなのですが、ジムニーはラダーフレームと副変速機が採用されており、悪路の走破性を重視した車種ですので、クロスカントリー車に分類されます。

人気のおすすめSUV 15選

スズキ「ハスラー」
[軽SUV]

スズキ「ハスラー」

スズキ「ハスラー」

軽ワゴンとSUVを融合させた、新しいジャンルの軽自動車として2013年に登場したのが、スズキ「ハスラー」です。

2020年1月発売の2代目ハスラーは、先代よりもSUVらしい「ジムニー」のようにスクエアでタフさを強調したデザインが採用されています。また、全車マイルドハイブリッドが採用されていることや、NA車には新開発の「R06D」型エンジンが搭載されていることなど、走行性能などの面でも進化を遂げています。

>>価格.comでスズキ「ハスラー」のクチコミ・レビューを見る

ダイハツ「ロッキー」/トヨタ「ライズ」
[コンパクトSUV]

ダイハツ「ロッキー」

ダイハツ「ロッキー」

トヨタ「ライズ」

トヨタ「ライズ」

ダイハツの5ナンバーサイズのSUVが「ロッキー」です。トヨタ「ライズ」は、ロッキーのOEM車になります。ロッキー、ライズは「DNGA」と呼ばれるプラットフォームが採用されていることで、コンパクトなボディでありながら広い室内空間や大容量のラゲッジルームを実現しています。

1.5Lクラスの動力性能を有する1.0Lターボエンジンや、D-CVTと呼ばれるスプリットギアが組み込まれたCVTを搭載することで、静粛性の高さや燃費のよさにも貢献しています。

>>価格.comでダイハツ「ロッキー」のクチコミ・レビューを見る

>>価格.comでトヨタ「ライズ」のクチコミ・レビューを見る

ダイハツ「ロッキー」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

試乗での感想ですが、外見のゴツい感じからは想像出来ない軽快なハンドリングの車でしたので、ビックリでした。レヴォーグほどでは無いですが、運転も軽快で楽しく、並のSUVやミニバンより速くて楽しめるので、そちらからの買い替えも多く、かなり受注が入っているらしいです。私も来年発売の新型レヴォーグしか頭に無かったのですが、こちらのロッキーが価格とハンドリングのバランスがいいので、次はこちらが欲しくなりました。あの値段であの性能と装備なら、確かに売れて当然だと私は思いました。

トヨタ「ライズ」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

乗り心地や走りは大満足です!以前、初代タントを所有した事があり、その時はパワー不足にガッカリし二度と軽は乗らないと思ったので1,000ccターボで大丈夫かな?と不安はありましたが、まったく問題ありません。前車、シエンタからのダウンサイジングには問題ないかと思います。高級感が欲しいならダメですが…。ヴォクシーやヴェルファイアよりは、走りは多少う〜んとなりますが、ストレスになるような事はありませんでした。ミニバンの広さを求めるなら問題外です。普段の通勤や買い物の街乗り、高速片道2時間くらいの旅には最適な車です。

トヨタ「ランドクルーザー」
[クロスカントリー車]

トヨタ「ランドクルーザー」

トヨタ「ランドクルーザー」

クロスカントリー車の代名詞とも呼べるのが、トヨタ「ランドクルーザー」です。60年を超える歴史を持ち、高い走破性や故障の少なさなどから、世界中の過酷な環境下で使用されています。

現行のランドクルーザーは、2007年に発売された通称「200系」と呼ばれるモデルで、これまでの走破性を継承しつつも、エンジンとブレーキを自動制御して速度を維持する「クロールコントロール」を世界で初めて採用しています。また、走行状況に応じてスタビライザーの作動を制御する「キネティックダイナミックサスペンションシステム」を、日本で初めて搭載しました。

>>価格.comでトヨタ「ランドクルーザー」のクチコミ・レビューを見る

トヨタ「ランドクルーザー」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

乗り始めは前の車と比べてしまい、乗り心地や加速感にやや不満がありましたが、どっしりとした感じは他の車では感じられない安心感があり今では大変満足してます。1年以上乗っていても他の車に乗り換えたいという思いが出てこないくらい気に入っています。子供がいてチャイルドシートをつけるとスライドドアの車の方が便利かもしれません。駐車場によっては停められないところもありますが、子供連れでも出かけた先で止めるところがなくて困ったことは今までありませんでした。不満点は後ろの荷台スペースが夜暗くてよく見えない点です。夜に荷物を下ろそうとしても真っ暗で良くわかりません。オプションでいいのがあればつけておいたほうがいいと思います。

スズキ「ジムニー」
[クロスカントリー車]

スズキ「ジムニー」

軽最強のクロカン車である、スズキ「ジムニー」。20年ぶりとなるフルモデルチェンジを遂げた4代目のジムニーは、ジムニー伝統の「ラダーフレーム」が採用され、副変速機が搭載されているなど高い走破性を備えています。さらに、4代目では初代をほうふつとさせるようなスクエアなボディが採用されているほか、乗り心地や静粛性、インテリアの質感や安全性など多岐にわたる改良が施されています。

>>価格.comでスズキ「ジムニー」のクチコミ・レビューを見る

スズキ「ジムニー」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

とにかくカッコよくて、(遅いけど)思い通りに運転できる。軽自動車ゆえに維持費が安い。街中でも約15km/L走り、とんでもなく悪路に強い。室内も思っていたよりも結構広く様々な使い方ができます。自分にとって夢のような車です。趣味の釣りやキャンプの最高の相棒に出会えました。車に過度の快適性やステータスの様なものを求める方でなければ、多くの方にオススメできると思います。

スズキ「ジムニー」関連記事

[解説]最強の軽オフローダー、新型「ジムニー」発売/価格は145万円から
[試乗]新型ジムニー&ジムニーシエラ“速”試乗/悪路走破性はもはや最強!

トヨタ「RAV4」
[ミドルサイズSUV]

トヨタ「RAV4」

トヨタ「RAV4」

SUVらしい、たくましいエクステリアが好評なトヨタ「RAV4」。2019年4月10日に発売された5代目の新型RAV4では、世界初の新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」など、オフロード性能に磨きをかけた本格派SUVとして日本での復活を果たしています。

>>価格.comでトヨタ「RAV4」のクチコミ・レビューを見る

トヨタ「RAV4」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

ご購入を検討されてる方へお伝えするとすれば、当然といえば当然ですが、購入を検討している仕様の車に必ず試乗してから購入してください。というのも、私自身予算の関係でガソリン車Xを購入予定でしたが、最初に試乗した車がハイブリッドXで、運転していてとても楽しいと感じたのが決め手です。購入候補としてはホンダのヴェゼル、スバルのXV、トヨタのC-HR、マツダのCX-5がありましたが、それぞれ一長一短あり、最終的にRAV4を選びました。外観から本命はダントツでスバルのXVだったんですが、それを超えてくるくらいRAV4は乗りやすかったですね。今でもXVはカッコいいと感じますが…泣

トヨタ「RAV4」関連記事

試乗でわかったトヨタ 新型「RAV4」買うならハイブリッド?ガソリン?

トヨタ「ハリアー」
[ミドルサイズSUV]

トヨタ「ハリアー」

トヨタ「ハリアー」

1997年に初代モデルが発売された、トヨタのクロスオーバーSUVが「ハリアー」です。発売当時、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを確立したモデルです。

2017年、3代目ハリアーがマイナーチェンジによって2Lターボエンジンを搭載したモデルが追加され、2Lターボ、2L NA(自然吸気)、ハイブリッドと3種類のエンジンラインアップとなりました。

>>価格.comでトヨタ「ハリアー」のクチコミ・レビューを見る

トヨタ「ハリアー」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

1年乗りましたが、満足度は高いです。ただ、何を求めるかで満足度は違ってくると思います。総合的には、トヨタらしい80点の車で万人受けする車だと思いますが、こだわりがある人には中途半端に映るかもしれません。

トヨタ「ハリアー」関連記事

[試乗]トヨタ 新型ハリアーターボへ試乗!ターボの加速は日本人好みの“どっかんターボ”!?

日産「エクストレイル」
[ミドルサイズSUV]

日産「エクストレイル」

日産「エクストレイル」

2000年に初代モデルが発売された、日産のクロスオーバーSUVです。発売当時のコンセプトは、「4人が快適で楽しい、200万円の『使える4駆』」。

2013年に発売された3代目モデルは、初代や2代目とは大きく異なり、これまでのタフギアとしてのアウトドア志向のSUVから、より舗装路を重視した快適なクロスオーバーSUVへと進化しています。

>>価格.comで日産「エクストレイル」のクチコミ・レビューを見る

日産「エクストレイル」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

ファミリーSUVの中では1番だと思います。特に小さなお子さんがいるご家庭ではおすすめです。外観、プロパイロット、エマージェンシーブレーキ、パーキングブレーキ、防水シート、アンダーラゲッジの広さなど特に気に入っています。走行面、安全性含め奥さんも満足してます。 約2年乗っていますが、コストパフォーマンスを考慮したら、やはりファミリーSUVではエクストレイルが1番ですね。

日産「エクストレイル」関連記事

[試乗&インタビュー]ライバルを凌駕するコスパと知的フィールを備えた「エクストレイル ハイブリッド」

マツダ「CX-5」
[ミドルサイズSUV]

マツダ「CX-5」

マツダ「CX-5」

2012年に初代モデルが発売された、マツダのクロスオーバーSUV。マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」が全面採用された初のモデルで、マツダの新たなデザインテーマ「魂動デザイン」が初めて採用されたことでも話題となりました。

CX-5は、2017年に初のフルモデルチェンジが施されて2代目となりました。2代目のCX-5では、フロントフェイスがよりシャープでスタイリッシュな造形となったほか、エンジンやトランスミッションに改良が施され、滑らかな乗り心地を実現する「Gベクタリングコントロール」など新たな技術も搭載されています。

>>価格.comでマツダ「CX-5」のクチコミ・レビューを見る

マツダ「CX-5」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

レヴォーグ1.6Tからの乗り換えです。私の通勤用とカミサンのちょい乗り用に。安全装備は、レヴォーグとほぼ変わらない装備で大満足です。誤発進防止機能が付いているので、レヴォーグ以上かも知れませんね。私にとって初ディーゼルエンジンで、これが乗りたくて迷いなくCX-5に決めました。ハリアー、RAV4、エクストレイル、フォレスター、CR-V、レクサスRX、XC40と試乗比較しましたが、私の満足度はCX-5が一番でした。

マツダ「CX-5」関連記事

[試乗&インタビュー]マツダ、新型「CX-5」開発者インタビュー&試乗インプレッション

スバル「XV」
[ミドルサイズSUV]

スバル「XV」

スバル「XV」

都会的な雰囲気を持つ、スバルのミドルサイズ クロスオーバーSUVが、2017年に発売された「XV」です。2016年に発売された、5代目「インプレッサ」がベースとなっていますが、全車AWD(4WD)が採用されていることや、悪路などでの走破性を高める電子制御システム「X-MODE」が採用されているなど、SUVならではの走破性も持ち合わせています。

パワートレインは、1.6リッターエンジンと2リッターエンジンをラインアップ。先進運転支援システム「アイサイト ver.3」は全車に標準装備されています。

>>価格.comでスバル「XV」のクチコミ・レビューを見る

スバル「XV」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

外観も走りも好みに合うので気に入っています。大きくも小さくもなく、高くも安くもなく、パワフルでも非力でもない。内装も機能もほどほどで、燃費もまあ許せる範囲。それなりに見かけるが人気車ではない。こういうのを手ごろだと感じる人には最高の車かと。バランスが良いと取るのか全てに中途半端と取るのかはその人次第。私は選んでよかったと思っています。

ホンダ「CR-V」
[ミドルサイズSUV]

ホンダ「CR-V」

ホンダ「CR-V」

5代目モデルが2018年に発売されたホンダ「CR-V」には、ガソリンターボモデルとCR-V初のハイブリッドモデルをラインアップ。どちらにもシビックが採用している新世代のプラットフォームが使われているほか、ガソリンモデルには従来の5人乗り2列シート仕様のほかに7人乗り3列シート仕様が新たに追加されるなど、使い勝手の面も大きく向上しています。

>>価格.comでホンダ「CR-V」のクチコミ・レビューを見る

ホンダ「CR-V」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

初めて所有した車が初代のCR-Vで、思い入れがあったのでRW1が出たときから「次はこれに乗ろう」と思っていました。やはり、最初は金額に驚きました。が、他の車を乗ろうと思うとオプションになるものが数多く含まれていて本体値引き等を加味するとトータルお得なんじゃないかと思い決めました。結果的に予算以下で収まり満足です。個人の感想になってしまいますが本当にいい車です。色々な車に乗ってきましたが、この良さは誰かと共有したいくらいの良さです。RAV4は毎日見かけますが、CR-Vは毎日みかけないところも良いです。

ホンダ「CR-V」関連記事

[試乗]ホンダ 新型「CR-V」ハイブリッドとターボの違いや3列シートの使い心地をチェック!

トヨタ「C-HR」
[コンパクトSUV]

トヨタ「C-HR」

トヨタ「C-HR」

こだわりのデザインが特徴的な、トヨタのコンパクトSUVが「C-HR」です。2014年のパリモーターショーでコンセプトカーが世界初披露されたのち、日本では2016年に販売が開始されました。コンセプトカーがそのまま市販モデルになったかのようなデザインは、発売当時、大きな話題となりました。

C-HRは、プリウスに次いで「TNGAプラットフォーム」を採用する2車種目のモデルで、パワートレインには2WDの1.8リッターハイブリッドと4WDの1.2リッターターボが用意されています。また、2017年のSUV販売台数においてNo.1を記録するほど人気のSUVとなっています。

>>価格.comでトヨタ「C-HR」のクチコミ・レビューを見る

トヨタ「C-HR」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

この車のキモになるのは、後席とトランク積載量だと思います。正直、後席は狭く荷物も積めませんが、後席大人2人のチョイ乗り程度ならそれほど気にはなりません。大人4人、5人乗車で荷物も満載にして長距離を乗りたいならミニバンかハリアーかRAV4を買った方が幸せになれると思います。この車はファミリー向きではなく、若い子が初めて買うとか若い夫婦とか子供が巣立った年配の御夫婦とか私のようなおひとりさまのおっさんw がぴったりな車ですね。その辺の使用用途さえ間違えなければ本当に良い車です。

トヨタ「C-HR」関連記事

[試乗] トヨタ C-HR 試乗&実燃費テスト/プリウスを超える魅力を持つコンパクトSUV

ホンダ「ヴェゼル」
[コンパクトSUV]

ホンダ「ヴェゼル」

ホンダ「ヴェゼル」

2013年に発売された、ホンダ「フィット」をベースとしたコンパクトSUVが「ヴェゼル」です。2013年の北米国際自動車ショーで、ホンダは「URBAN SUV CONCEPT」と呼ばれるスタイリッシュなコンパクトSUVのコンセプトカーを出展。その後、同じ年に市販化モデルとしてヴェゼルが発売されました。発売直後からヴェゼルは高い人気を誇り、2014年、2015年、2016年の3年間、SUVの販売ランキングにおいてNo.1となっています。

ヴェゼルは、2016年の改良によって安全運転支援システム「Honda SENSING」が搭載されたほか、2018年にはマイナーチェンジが施され、よりスタイリッシュな外観へと変更されています。

パワートレインには、1.5リッターのガソリンとハイブリッドをラインアップ。それぞれ、2WDモデルと4WDモデルが用意されています。

>>価格.comでホンダ「ヴェゼル」のクチコミ・レビューを見る

ホンダ「ヴェゼル」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

実際に試乗してみて、よく売れている理由がよくわかりました。SUVとしてはコンパクトで取り回しのいいボディながら、室内空間や荷室は広々としており、十分なパワーで好燃費と、これといった欠点がないので、購入後の満足度が高いクルマだと思います。ファミリーにも扱いやすいので、ベビーカーを積まなくなったら、FMC後に検討してもいいかな、と思えました。ただ、最近のホンダ車はデザインが迷走している印象があるので、飽くまでソリッドウィングフェイスを中心とした、精悍なデザインを正当進化させていることが条件になります。

ホンダ「ヴェゼル」関連記事

[試乗] 新型ヴェゼル ハイブリッドRS “速”試乗&燃費/マイナーチェンジでハイブリッドのフィーリングが向上!

三菱「エクリプスクロス」
[コンパクトSUV]

三菱「エクリプスクロス」

三菱「エクリプスクロス」

三菱自動車のアイコンといえる、ダイナミックシールドをフロントフェイスに採用したコンパクトSUVが「エクリプスクロス」です。シャープなLEDヘッドライトやベルトラインなどによって、クロスオーバーならではの精悍な外観を持ち合わせています。

また、すぐれた車両統合制御システム「S-AWC」が採用されているほか、「オート」「スノー」「グラベル」の3つの走行モードが搭載されており、コンパクトSUVでありながら、高い悪路走破性を誇っています。

>>価格.comで三菱「エクリプスクロス」のクチコミ・レビューを見る

三菱「エクリプスクロス」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

総合的には十分満足です。格好良くて,勿論走りが良くて,かつユーティリティー性能も高いオールラウンダーです。まず、メーカー選定で弾かれ、またカタログスペックや車載装備の差で選んで貰えない、不遇の名車と感じています。このため、他メーカーSUVに比べてマイナー故に、同車種&同色に殆んど出会ったことがありません。ここに、希少価値を見いだせる奇特な方には、特にお勧めです。

三菱「エクリプスクロス」関連記事

[解説&試乗] カッコいいぞ! 三菱「エクリプスクロス」価格など先取り徹底解説&プロト試乗

スズキ「クロスビー」
[コンパクトSUV]

スズキ「クロスビー」

スズキ「クロスビー」

スズキの軽自動車「ハスラー」に似た外観をもつコンパクトSUVが「クロスビー」です。C-HRやヴェゼルなどのコンパクトSUVと比べて、ハスラーは小さいボディサイズであることが特徴です。

搭載するパワートレインは、1リッター水冷直3直噴ターボエンジンで、2WDモデルと4WDモデルをラインアップしています。また、4WDモデルには「スノーモード」「スポーツモード」と、2つのドライブモードが搭載されています。

>>価格.comでスズキ「クロスビー」のクチコミ・レビューを見る

スズキ「クロスビー」のクチコミ・レビュー(一部抜粋)

あくまでコンパクトSUVとして、コンパクトな車体に広い車内空間で小回りが利くことで非常に運転しやすく、雪国の冬も難なく超えてくれました。車内空間は父親のマークXより広く開放的で父親が驚いていました。もちろんトランクなどの収納スペースはセダンやミニバンなどに比べて少ないのは事実です。ファミリー向けに使いたいけどミニバンは大きすぎて運転が不安な場合にはクロスビーを検討して良いと思います。自分自身は大人数で出かけることも無く、家族3人でのレジャーが中心ですが、四人までの2泊3日くらいの旅行なら十分に対応出来る車です。自分のライフスタイルとこの車のサイズが一致し、何よりこのエクステリアに惚れたら買って損は無いと思います。

スズキ「クロスビー」関連記事

[試乗] クロスビー“速”試乗&燃費/1Lターボ&ハイブリッドの動力性能は1.5L NA並!

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る