レビュー
スタイリッシュなエクステリアとボディサイズに注目

ホンダ 新型「インサイト」いよいよ2018年内に日本で発売!

ホンダは、同社のハイブリッドカー「インサイト」の新型モデルを、2018年内に発売すると発表した。

3代目のホンダ 新型「インサイト」が、2018年内に日本で発売されることが正式にアナウンスされた。北米ではすでに販売が開始されているが、日本でもハイブリッド車は人気があることから、いつ発売されるのかに注目が集まっている

新型インサイトが搭載するパワートレインは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」に、1.5L DOHC i-VTECエンジンが組み合わせられている。SPORT HYBRID i-MMDは、ホンダで人気のミニバン「ステップワゴン スパーダハイブリッド」や、SUV「CR-Vハイブリッド」にも搭載されていて、高い走行性能と燃費性能を両立するハイブリッドシステムだ。

また、現時点で判明している新型インサイト(日本仕様)の主要スペックについては、以下のとおりとなる。

全長×全幅×全高:4,675×1,820×1,410mm
ホイールベース:2,700mm
ハイブリッドシステム:SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-MMD(2モーターハイブリッド)
エンジン:1.5リッター直列4気筒DOHC 16バルブ i-VTECエンジン
最高出力(エンジン):80kW[109PS]/6,000rpm
最高出力(モーター):96kW[131PS]/4,000-8,000rpm
最大トルク(エンジン):134N・m[13.7kgf・m]/5,000rpm
最大トルク(モーター):267N・m[27.2kgf・m]/0-3,000rpm
乗車定員:5名
タイヤサイズ:205/55R16[LX]/215/50R17[EX][EX・BLACK STYLE]

ホンダ 新型「インサイト」

ホンダ 新型「インサイト」

先代「インサイト」(2代目)

先代「インサイト」(2代目)

ボディサイズは、先代インサイト(2代目)が5ナンバーにとどまっていたのに対し、新型インサイトでは3ナンバーとなった。先代インサイトの4,390×1,695×1,425mmに比べると、新型インサイトはボディサイズがかなり拡大している。

ホンダ 新型「インサイト」は、全長はミドルサイズセダン並みだが、全幅は1,800mmを超える。細い道が多い日本では、1,800mmという全幅は取り回しがしづらい場面もあるので注意したい

ライバルである3ナンバーのトヨタ「プリウス」(4,540×1,760×1,470mm)よりもさらに大きく、全長はスバル「インプレッサ」(4,625mm)クラスだが、全幅はトヨタ「クラウン」(1,800mm)よりも幅広だ。

新型インサイトが搭載する「SPORT HYBRID i-MMD」は、走行状況に応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つの走行モードを切り替えることができる。先代インサイトで採用されていた「IMA」と呼ばれるハイブリッドシステムでは、エンジンを主体として走行し、モーターはエンジンを補助する役割を担っていた。そのために長時間のEV走行などはできず、とくに信号などストップ&ゴーが多い市街地においては、プリウスのように省燃費で走行することは難しかった。

だが、新型インサイトのSPORT HYBRID i-MMDは、たとえば市街地などの低速ではEVで走行し、加速の際にはエンジンとEVを併用するハイブリッドで、そして高速道路ではエンジンを主として走行することによって、燃費効率のいい走行ができる。

ホンダ 新型「インサイト」の走行イメージ ※画像は海外仕様

ホンダ 新型「インサイト」の走行イメージ ※画像は海外仕様

燃費値については日本では公表されていないが、アメリカではすでに米国環境保護庁によるEPA燃費が公開されている。EPA燃費は、日本のカタログに記載されるJC08モードやWLTCモードとは測定方法が異なるが、WLTCと同様に市街地(City)と高速道路(Highway)による燃費が掲載されており、実燃費に近い値となっている。

新型インサイトのEPA燃費(北米):
55MPG(City)/49MPG(Highway)/52MPG(Combined)
※1リッターあたりの走行距離(km)に換算すると、およそ
23.4km/L(City)/20.8km/L(Highway)/22.1km/L(Combined)

ちなみに、上記のkm/Lに換算したEPA燃費値は、ハイブリッドカーとしてはあまりよい値には見えない。だが、アメリカのEPA燃費は、日本の燃費基準よりもかなり厳しい。現行プリウスを例にあげると、EPA燃費は54MPG(City)/50MPG(Highway)/52MPG(Combined)と、新型インサイトとほとんど変わらない。そう考えると、新型インサイトはプリウス並みの実燃費が期待できるハイブリッドカーと言っていいだろう。

新型インサイトのグレードは、「LX」「EX」「EX・BLACK STYLE」の3種類がラインアップされる。価格については現時点では公表されていないものの、ホンダによれば「新型インサイトは、シビックとアコードの中間に位置するモデルになる」とのことなので、シビック(およそ 265〜280万円 ※2018年11月現在)より、やや高額の価格帯に設定される可能性が高い。

ちなみに、参考としてライバルであるトヨタ「プリウス」の価格帯は、売れ筋グレードの「Sツーリングセレクション」がおよそ262万円、上級グレードの「Aツーリングセレクション」がおよそ292万円と、シビックと同等の価格帯に設定されている。

グレードラインアップごとの主要装備については、以下のとおりだ。

■「LX」グレード

Honda SENSING
ドライバー注意力モニター
LEDヘッドライト(インラインタイプ)
本革巻ステアリングホイール(スムースレザー)
エレクトリックギアセレクター
オートブレーキホールド機能
16インチアルミホイール
電子制御パーキングブレーキ
減速セレクター
Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC2.0車載器(ナビゲーション連動)
左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー(プラズマクラスター技術搭載)
運転席&助手席シートヒーター

■「EX」グレード

※LXの装備に加えて

ブラインドスポットインフォメーション
運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシート
LEDフォグライト
自動防眩ルームミラー
トランクスポイラー
コンビシート(プライムスムース×ファブリック)
17インチアルミホイール(シャークグレー)
スマートウエルカムランプ

※EX専用メーカーオプション
レザーシート(本革)

■「EX・BLACK STYLE」グレード

※EXの装備に加えて

コンビシート(本革×ウルトラスエード)
専用インテリア(ウルトラスエード)
専用フロントグリル(ブラッククロームメッキ)
専用リアバンパーロアーガーニッシュ(ブラッククロームメッキ)
17インチアルミホイール(ベルリナブラック)

ホンダ 新型「インサイト」のフロントイメージ

ホンダ 新型「インサイト」のフロントイメージ

ホンダ 新型「インサイト」のリアイメージ

ホンダ 新型「インサイト」のリアイメージ

もうひとつ、新型インサイトでは先代よりもデザインが一変していることも特徴のひとつだ。新型インサイトのデザインテーマは、「エレガント×ダイナミック」。流麗で、品格のあるシルエットを目指して開発されたという。

ホンダ 新型「インサイト」の日本仕様には、刀身をイメージしたフロントグリルが採用されている

ホンダ 新型「インサイト」の日本仕様には、刀身をイメージしたフロントグリルが採用されている

ホンダ 新型「インサイト」日本仕様(LXグレードを除く)には、トランクスポイラーが装備されている

ホンダ 新型「インサイト」日本仕様(LXグレードを除く)には、トランクスポイラーが装備されている

新型インサイトの日本仕様では、フロントグリルが専用デザインになっている。この専用のフロントグリルは、日本仕様らしく刀身をイメージしたデザインになっているという。さらに「EX」「EX・BLACK STYLE」グレードには、日本仕様の専用装備として、トランクスポイラーが追加されている。

カラーバリエーションは、「EX・BLACK STYLE」グレード専用色の「ルーセブラック・メタリック」を含む、全7色が用意されている。

クリスタルブラック・パール
コスミックブルー・メタリック
モダンスティール・メタリック
ルナシルバー・メタリック
プレミアムクリスタルレッド・メタリック
プラチナホワイト・パール
ルーセブラック・メタリック(EX・BLACK STYLE専用色)

安全装備については、「Honda SENSING」が全グレードに標準装備されている。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)
LKAS(車線維持支援システム)
誤発進抑制機能
先行車発進お知らせ機能
歩行者事故低減ステアリング
標識認識機能
路外逸脱抑制機能
後方誤発進抑制機能
渋滞追従機能付ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)
オートハイビーム

新たなハイブリッドシステムを採用し、スタイリッシュになった新型インサイトは、先代インサイトや現行プリウスとは異なる魅力を持つ、1クラス上のハイブリッドカーとして登場する。気になるのは、拡大されたボディサイズがユーザーに受け入れられるかどうか、そして公開されていない価格。この2つが、売れ行きを左右することになりそうだ。

ホンダ 新型「インサイト」のインテリア

ホンダ 新型「インサイト」のインテリア

ホンダ 新型「インサイト」のフロントシート

ホンダ 新型「インサイト」のフロントシート

ホンダ 新型「インサイト」のリアシート

ホンダ 新型「インサイト」のリアシート

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る