レビュー
強烈な個性が詰め込まれたアウトローなマシン

見た目は文句なし! カスタム車のようなハーレー「ブレイクアウト」の乗り味を試す


ハーレーは「ストリート」「スポーツスター」「ソフテイル」「ツーリング」「CVO」、そして普通自動車免許で運転できる「トライク」という6つのファミリーで構成されている。今回は、ソフテイルファミリーの中でもっともカスタム感が強い「ブレイクアウト」(2018年モデル)に試乗してみた。

見た目優先! でも、使いやすい配慮も満載

「ミルウォーキーエイト」と呼ばれる排気量1,745ccのエンジンを搭載したブレイクアウトの魅力は、なんといってもカスタム感あふれる車体構成だろう。まず、目に飛び込んでくるのはインパクトのある太いリアタイヤ。一般的なスーパースポーツバイクのタイヤ幅が190mm程度なのに対し、ブレイクアウトは240mmとかなり太く、きちんと曲がれるのだろうかと不安を感じるほどだ。そして、次にフロントタイヤに装備された短すぎるフェンダーが目にとまる。これほど短いと雨の時などにはタイヤが巻き上げた水を防ぎきれないと思うのだが、機能性よりも見た目が重視されたという。このほかにも、マッチ箱ひとつ分くらいのスペースに埋め込まれた小さなメーターや、最近のハーレーでは一般的になりつつあるストップランプ一体型ウインカーなど、カスタム車だと感じさせるような装備となっている。

見れば見るほど「これがノーマル?」と感じてしまう車体

見れば見るほど「これがノーマル?」と感じてしまう車体

今回試乗したブレイクアウトは「107キュービックインチ(1,745cc)」エンジンを搭載しているが、「キュービックインチ(1,868cc)」エンジンを選ぶこともできる

240mm幅のリアタイヤは、真っすぐ走る分には安定感があってよさそうだが、コーナリング性能はどれほどなのだろうか

利便性より見た目を重視したという短くチョップされたフロントフェンダーも、カスタム感を演出

利便性より見た目を重視したという短くチョップされたフロントフェンダーも、カスタム感を演出

ハンドルのライザー部分に装備されたメーターはこれまで筆者がお目にかかったことがないくらい小さいが、スピードのほか、フューエルゲージ、シフトポジションインジケーターなども確認でき、視認性もいい。スイッチを操作すれば、時刻やエンジンの回転数もチェックできる

ハーレーでは一般的になりつつあるストップランプ一体型ウインカーだが、日本メーカーの国産車では1台も見たことはない。リア周りにストップランプがないので、かなりスッキリとした印象となる

このように、カスタム感あるデザインを優先したバイクのように思えるブレイクアウトだが、快適性もきちんと考慮されている。鍵を持っていればエンジンの始動が行えるスマートキーを採用し、スマートフォンの充電もできるUSBポートも完備。リアサスペンションの沈み込み量が工具なしで調整できる機能も装備されており、使い勝手はよさそうだ。

エンジンの始動がスマートキーで行えるのは便利だが……

エンジンの始動がスマートキーで行えるのは便利だが……

ハンドルロックは別鍵を差し込まなければならないのが少々不便に感じる

ハンドルロックは別鍵を差し込まなければならないのが少々不便に感じる

タンク下のフレーム部分に2つのUSBポートを搭載。ハンドルに近い位置にあるので、ハンドルにマウントさせるアクセサリーを使うといいだろう

ダイヤルをひねるだけでプリロードの調整ができるので、シチュエーションに合わせてリアサスペンションの沈み込みを変えられる

街中から高速道路まで、通勤で試乗!

いよいよ、ブレイクアウトに試乗! 見るからに太いリアタイヤでスムーズなコーナリングができるのかなど、操作性が気になるところだ。

車体サイズは2,370(全長)×665(シート高)mmで、車重は305kg。身長165cmの筆者がまたぐと、つま先しか地面につけることができなかった。ハーレーとしてはシートが広いわけではないのだが、サイドにあるプライマリーケースやマフラーをよけて外側に足をおろすため、このような足つき性となったのだ

一般的なハーレー(直径25.4mm/1インチ)よりも太いハンドル(直径31.75mm/1.25インチ)を装備しているが、スイッチボックスとグリップは1インチの太さになっているので、握りやすさも上々

エンジンをかけて発進させると、まず、おだやかな加速感に驚かされる。走り出しから圧倒的な加速を繰り出しそうなドラッグレーサー的な見た目だが、アクセルを多少多めに開けてもフロントタイヤが浮くこともない。そして、もっとも気になっていたコーナリング性も意外にスムーズ。240mmの極太なリアタイヤを履いているうえに、フロントフォークのキャスターがかなり寝ており、素直に曲がるはずはないと思っていたのだが、中速から高速で走っている際はゆるめのコーナーではあまり気を使うことなく曲がることができた。ただ、やはり低速でのコーナリングは苦手な印象。低速ではエンジンがギクシャクしてしまうため、クラッチをうまく使わなければならず、慣れるまでは想定したラインのひと回り外側にふくらんでしまうこともあった。

低速での走行は慣れが必要だが、乗りこなすのも楽しい

低速での走行は慣れが必要だが、乗りこなすのも楽しい

もっとも気持ちいいのは、高速道路での走行。ホイールベースが圧倒的に長く、重量のある車体に極太のタイヤを履いたブレイクアウトは安定感がバツグン。横風が非常に強い日に2.5kmの長さのある橋を走行したが、車体が振られることはなかった。

スピードをのせて安心して走っていけるので、気付けばちょっと遠出してしまうことも多々

スピードをのせて安心して走っていけるので、気付けばちょっと遠出してしまうことも多々

夜間の走行で、優位性を感じたのがヘッドライト。ハイビーム時には縦三連のLEDの左右が点灯するので、非常に明るく視認性にすぐれる

まとめ

見た目は完成されているので手を入れたいと感じた部分はほとんどなかったが、個人的に気になったのは、おそらく封印されているであろうエンジンのパワーだ。日本とアメリカでは排気ガスの規制が異なるため、日本用にチューニングされた際にマフラーやエアクリーナー、インジェクションのセッティングが変更されていると思われる。ブレイクアウトの圧倒的なパワーを呼び覚まして加速してみたいものだが、これは日本国内では仕方ない。

とはいえ、試乗した印象はよく、気持ちよく走れることからつい遠出してしまうほど。しかも、意外に燃費もいい。都内の混雑した道の通勤で試乗し、30kmほど高速道路も走行してみたが、燃費は17.47km/L。街中を走行する時間のほうが圧倒的に多かったのでもっと燃費は悪くなると思っていたが、燃料タンクの容量(13.2L)であることを考えると、230kmは走行できることになる。アウトローなイメージながら、実用性もなかなかなブレイクアウトにそそられずにはいられない。

相京雅行

相京雅行

下町のバイクパーツメーカー「ワールドウォーク」に勤務。新車のインプレッションからメーカー担当者のインタビューまで幅広く行っています。趣味はバイクとアウトドア。2児の父親。

関連記事
バイク本体・パーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る