ニュース
ヤリスのSUVモデルが早くも発売!

2020年秋登場。トヨタ「ヤリスクロス」の魅力や価格を解説!

トヨタが2020年2月に発売した、新型コンパクトカー「ヤリス」。2020年4月の乗用車販売台数ランキング(自販連)において1位を獲得するなど現在人気のクルマだが、そのヤリスに早くもSUVタイプの「ヤリスクロス」が加わる。ヤリスクロスの発売は、2020年秋頃が予定されている。

SUVというジャンルは幅が広く、たとえば悪路を走破できる性能を持つものから、既存の車種にワイドなフェンダーや大径タイヤを装着することでSUV風に仕立て上げているクルマまで存在する。ヤリスクロスは、基本的には後者の流れに沿っているが、先ごろ公開されたヤリスクロスのプロトタイプを見てみると、ベースのヤリスに単にパーツを後付けしただけのSUVではなさそうだ。当記事では、そんなヤリスクロスの魅力について詳細に解説していきたい。

まず、ヤリスクロスの外観はヤリスとはかなり異なる。ボンネットの角度は、ヤリスに比べて傾斜が抑えられ、水平に近付けられている。そのため、ヤリスクロスのフロントマスクには厚みがあって、SUVらしい強い存在感を覚える。

ボディサイドは直線基調で、丸みのあるヤリスに比べて鋭角的だ。タイヤが収まるフェンダーのアーチ部分とボディの下まわりには、ブラックの樹脂パーツを装着してSUVらしさを強調している。テールランプは横長の形状で、ヤリスに比べてワイド感が強調されている。ヤリスクロスは、ヤリスという車名を使っているものの、ボディの前後左右は大幅に造り変えられている。

ヤリスクロスのプロトタイプとして公表されているボディサイズは、全長が4,180mm、全幅は1,765mm、全高は1,560mm。全幅が1,700mmを超えるために3ナンバー車になり、ボディの大きさをヤリスと比べると240mm長く、70mmワイドで、60mm高い。

また、ホイールベースは2,560mmとヤリスに比べて10mm長いが、これはヤリスクロスのプロトタイプが左ハンドルの海外仕様のために計測方法が異なるからだ。ホイールベースを10mmだけ伸ばしても、居住性や走行安定性はほとんど変わらない。したがって、日本国内でヤリスクロスが販売されるときには、ホイールベースはヤリスと同じ2,550mmになる可能性がある。

さらに、全高の1,560mmも変更されることが考えられる。日本の立体駐車場の事情を考えると、全高を1,550mm以下に抑えたほうが利用しやすいからだ。トヨタ「C-HR」やマツダ「CX-30」、スバル「XV」などのシティ派SUVも、全高は1,550mm以下になっている。

タイヤサイズは18インチ(215/50R18)で、銘柄は「ダンロップ・エナセーブEC300+」だ。14〜16インチのヤリスに比べて、サイズが大きい。

タイヤサイズの違いもあって、ヤリスクロスの最低地上高は165〜175mmと高めだ。ヤリスの最低地上高は130〜160mmだから、ヤリスクロスではSUVらしく悪路の凹凸などにおける乗り越えやすさが向上する。また、駐車場から車道に降りるときの段差などでもヤリスクロスなら下まわりを擦ることは少なくなる。

ヤリスクロスのインパネは、基本的なレイアウトはヤリスに似ているものの、装飾類の違いによって質感はヤリスクロスのほうが少し上回る。居住性は、前席はヤリスとほぼ同じだが、後席はヤリスクロスが少し向上する。後席の足元空間については、ヤリスと同じで狭めだが、室内高が少し増える。

天井の形状も、ヤリスに比べると後方まで伸ばされるため、後席の頭上空間は若干広がりそうだ。これにともなって、床と座面の間隔が拡大すれば、ヤリスの、腰が落ち込むような着座姿勢が少し解消されるので、後席の快適性は高くなりそうだ。

また、ホイールベースはヤリスと同じだが全長は240mm伸ばされるため、リア側のオーバーハングが長くなる。そのため、ヤリスに比べて荷室面積も拡大すると考えられる。

主要なメカニズムとプラットフォームについては、ヤリスと共通だ。エンジンは、直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドをラインアップする。駆動方式は、前輪駆動の2WDと4WDだ。ちなみに、ハイブリッドの4WDは後輪をモーターで駆動する「E-Four」が採用される。

ヤリスクロスとヤリスの車重を比べてみると、SUV化してボディを拡大することによってヤリスクロスは40kgほど重くなる。そのためか、ヤリスに採用されているベーシックな1Lエンジンは搭載されない。ヤリスの1.5Lエンジンは動力性能に余裕があるので、ボディが重くなったヤリスクロスでもパワー不足は感じないだろう。

メカニズムで注目されるのは、車間距離を自動制御できる運転支援機能の「レーダークルーズコントロール」だ。ヤリスではパーキングブレーキがレバー式だから、速度が時速30km未満まで下がるとキャンセルされてしまう。だが、ヤリスクロスのパーキングブレーキはスイッチ操作による電動式だ(スイッチは運転席と助手席の中央部分に装着されている)。先行車に追従走行しながら自動停車したあと、停車時間が長引いたときにはパーキングブレーキが自動的に作動する。そのために、ヤリスクロスのレーダークルーズコントロールは「全車速追従型」に上級化される。
ヤリスクロスは、ヤリスをベースに開発されたSUVでありながら、外観の存在感、内装の質感、運転支援機能などは幅広く向上される。そうなると、価格はヤリスの上級グレード「Z」と比べても17〜25万円ほど高くなりそうだ。

2WDの価格は、ノーマルエンジン搭載車が210〜218万円、ハイブリッドは247〜255万円くらいになると予想される。ライバルとなるであろうホンダ「フィットクロスター」は、直列4気筒1.3Lノーマルエンジン搭載車が1,938,200円、e:HEV(1.5Lハイブリッド)搭載車は2,288,000円だ。また、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」は1.5Lノーマルエンジンを搭載する「X HondaSENSING」グレードが2,205,093円、「HYBRID X HondaSENSING」グレードが2,586,018円だ。また、トヨタのコンパクトSUV「ライズ」は、直列3気筒1Lターボの「Z」グレードが206万円だ(駆動方式はいずれも2WD)。

ヤリスクロスの価格は、フィットクロスターやライズよりも高く、ヴェゼルと比べれば安いという位置付けになるだろう。ヤリスクロスの価格が、車内や荷室の広いヴェゼルを上回ると割高感が目立ってしまうが、妥当な設定にすれば人気を得られるだろう。

今は、新車として販売されているクルマのうちの25%前後をコンパクトカーが占めているが、売れ筋カテゴリーであるがゆえに物足りなさを感じて個性を求めるユーザーが増えてきた。そこで、いま人気を獲得しているのがコンパクトSUVだ。SUVのシェアは、以前に比べると増えてはいるものの割合としては15%程度なので、コンパクトカーに比べれば今後も伸びていく余地がある。ヤリスクロスの可能性は、そこに秘められている。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

関連記事
ページトップへ戻る