レビュー
公道でわかる走行性能

“フツーの走り”が心地いい、滋味深い……スバル新型レヴォーグSTIスポーツ

自動車ライターのマリオ高野です。

2020年の夏にプロトタイプが登場して以来、クルマ好きの間で話題沸騰状態が続いたスバルの新型「レヴォーグ」。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞するなど、自動車メディア関係者の間でもきわめて高い評価を受けております。

先代モデルの時点でもハイレベルだった衝突安全性は、さらなる高みに達しました

先代モデルの時点でもハイレベルだった衝突安全性は、さらなる高みに達しました

対先代モデル比でボディ剛性は20%も向上しながら、大幅な軽量化も実現したボディ。フェンダーは張り出していますが、歩行者保護性もしっかり確保。歩行者エアバッグも装備されます

対先代モデル比でボディ剛性は20%も向上しながら、大幅な軽量化も実現したボディ。フェンダーは張り出していますが、歩行者保護性もしっかり確保。歩行者エアバッグも装備されます

新型レヴォーグの美点をあらためて

すでに当サイトの試乗レポートでも、操縦性の高さや乗り心地のよさ、運転支援システム「アイサイトX」の制御の巧みさなどが詳しく紹介されておりますが、今回は改めて新型レヴォーグの魅力の真髄と言える部分について掘り下げてみました。

リヤフェンダーは対先代モデル比で20mm拡幅しながら、ボディの全幅は1800mm以下に抑え、日本の道での使いやすさを死守しています

リヤフェンダーは対先代モデル比で20mm拡幅しながら、ボディの全幅は1800mm以下に抑え、日本の道での使いやすさを死守しています

ドアの上部にキャラクターラインを入れ、実際には広いキャビンを視覚的に小さく見せる工夫を凝らしています

ドアの上部にキャラクターラインを入れ、実際には広いキャビンを視覚的に小さく見せる工夫を凝らしています

レガシィから受け継がれた走行性能

新型「レヴォーグ・STIスポーツ」はサーキット走行でも十分な走行性能を備え、高速域での安定性や操縦性がすこぶる高く、かつての「レガシィ ツーリングワゴン」のGTターボから受け継がれた走りのよさが際立ちます。

スバルが得意とするAWDシステム(四輪駆動機構)にもさらなる磨きがかかり、ウインタードライブや悪天候下でも絶大な安心感をともないながら、その高性能ぶりを存分に味わえることでしょう。

運転支援システムの制御の高精度さと、衝突安全性能の高さは掛け値なく世界トップレベルにあり、総合的な商品力の高さがズバ抜けた存在だと思います。

エンジンは全面新開発の1.8リッター直噴ターボ。高トルクを発揮しながらNOx(窒素酸化物)の少ないクリーンな排ガスを実現しています

エンジンは全面新開発の1.8リッター直噴ターボ。高トルクを発揮しながらNOx(窒素酸化物)の少ないクリーンな排ガスを実現しています

シートの仕上がりがよいのはもちろん、ドアトリムのアームレストのクッション範囲を拡大するなど、細部の工夫も多岐に渡ります

シートの仕上がりがよいのはもちろん、ドアトリムのアームレストのクッション範囲を拡大するなど、細部の工夫も多岐に渡ります

先進的な「デジタルコクピット」を採用しながら、全方位への視界のよさなど、基本的な着座環境のよさを徹底して整えています

先進的な「デジタルコクピット」を採用しながら、全方位への視界のよさなど、基本的な着座環境のよさを徹底して整えています

運転支援のアイサイトXは、周辺の認識や作動の状況などが視覚的にわかりやすいのも美点のひとつ。アクセルやブレーキ、ステアリング操作をクルマ任せにしても安心なのはもちろん、意外と運転に参加する楽しさも感じることができます

運転支援のアイサイトXは、周辺の認識や作動の状況などが視覚的にわかりやすいのも美点のひとつ。アクセルやブレーキ、ステアリング操作をクルマ任せにしても安心なのはもちろん、意外と運転に参加する楽しさも感じることができます

サイドレールアウターと呼ばれる部分にはスバル初となる「1180MPa冷間超高張力鋼板材」を採用するなど、強くて軽い鋼材を使用する領域を広げています

サイドレールアウターと呼ばれる部分にはスバル初となる「1180MPa冷間超高張力鋼板材」を採用するなど、強くて軽い鋼材を使用する領域を広げています

従来のスバル車とも一線を画す走り

筆者はさまざまな場面で新型レヴォーグを乗り尽くしてきましたが、乗るたびに強く思うのは、新型レヴォーグの走りは実に滋味深いものであるということ。ただ普通に転がしているだけでも、クルマ好きの心に染み渡るような気持ちよさが得られるのです。山道などでは、もちろんスポーティーに走らせても痛快なのですが、ごく普通に運転しても、その滑らかな走りに酔いしれ、陶然としてしまうこともしばしば。

ドライバーの意思とクルマの動きが完全にシンクロするので、自動車の運転にともなうストレスの類いがほとんど発生せず、どこまでも果てしなく走り続けたくなるのです。これまでのスバル車とも一線を画す走りの質と言え、世界的にも稀有な存在と言えるでしょう。

初代モデルと同様、「日本のクルマ好きのために」との思いが込められて作られた事実が、随所で乗員に伝わり、それが心地よさにつながっているのです。

新型レヴォーグの走りのよさの源は、新しいボディの作り込みにあります。クルマの骨格部分の金属パーツの結合や締結が、これまでにない強さで組み立てられているのです

新型レヴォーグの走りのよさの源は、新しいボディの作り込みにあります。クルマの骨格部分の金属パーツの結合や締結が、これまでにない強さで組み立てられているのです

ホイールアーチは珍しい六角形デザイン。構造用接着剤の使用範囲倍増で実現しました

ホイールアーチは珍しい六角形デザイン。構造用接着剤の使用範囲倍増で実現しました

ラジエーターパネルの構造を見直したことにより、デザインの自由度をアップ。複雑な造形を可能としました

ラジエーターパネルの構造を見直したことにより、デザインの自由度をアップ。複雑な造形を可能としました

取材車両にはSTIのエアロパーツ(ディーラーオプション)が装着され、走行安定性をさらに向上

取材車両にはSTIのエアロパーツ(ディーラーオプション)が装着され、走行安定性をさらに向上

STIのエアロパーツ(ディーラーオプション)は、高速域はもちろん、時速50km程度から走行安定性を高める効果を発揮します

STIのエアロパーツ(ディーラーオプション)は、高速域はもちろん、時速50km程度から走行安定性を高める効果を発揮します

スポーツグレードの「STIスポーツ」は、足回りのセッティングからステアリングの手応え、エアコンの強弱まで好きなモードが選択可能です

スポーツグレードの「STIスポーツ」は、足回りのセッティングからステアリングの手応え、エアコンの強弱まで好きなモードが選択可能です

クルマの初心者にとっても運転がしやすく、ベテランドライバーにとっても、思わずうならされる深みのある味わい。

この甘美な走りをぜひ多くの人に味わっていただきたいと思います。

この試乗の模様は動画でもご覧いただけます。

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る