レビュー
ミッドシップの軽オープンスポーツカーという希有な存在

ホンダ「S660」はなぜ生産終了!? 最後の特別仕様車「Modulo X Version Z」に試乗

ホンダと言えば、今は「N-BOX」など軽自動車の販売比率が国内全体で50%を超えており、軽自動車が人気のメーカーというイメージがある。だが、かつては魅力的なスポーツカーを販売しているというイメージも強かった。「NSX」や「S2000」、「シビック タイプR」などが代表車種だ。この、軽自動車とスポーツカーという2つの魅力をあわせ持ったクルマが「S660」だ。S660は、エンジンをボディの中央に搭載する軽自動車のミッドシップスポーツカーとして、希有な存在であった。

2021年3月12日、ホンダは軽オープンスポーツカーの「S660」の生産を、2022年3月に終了することを発表した。また、最後の特別仕様車「S660 Modulo X Version Z」を、同日から販売開始した。画像の右手前の車両が、S660 Modulo X Version Zだ

2021年3月12日、ホンダは軽オープンスポーツカーの「S660」の生産を、2022年3月に終了することを発表した。また、最後の特別仕様車「S660 Modulo X Version Z」を、同日から販売開始した。画像の右手前の車両が、S660 Modulo X Version Zだ

S660の製品画像
ホンダ
4.30
(レビュー101人・クチコミ4064件)
新車価格:203〜304万円 (中古車:113〜359万円

そのS660が、約1年後の2022年3月に生産を終える。直接の理由は、各種の規制に対応するのが困難なためだ。軽自動車でも今後、衝突被害軽減ブレーキの搭載(S660が現時点で採用しているのは、低速用のみ)や、タイヤを含む騒音規制への対応、衝突安全基準の達成などが求められる。開発者は、「特に、衝突被害軽減ブレーキなど、安全面の対応は困難」と言う。大量に売れる車種なら、多額のコストを費やしても規制に対応するが、S660の2020年における届け出台数は2,747台(1か月平均で229台、N-BOXのわずか1.4%)と少ない。そのような理由によって、S660は2022年3月に生産を終える。

S660の納期を販売店にたずねてみると、以下のような返答があった。「S660は、生産規模が小さい(製造は、ホンダオートボディに委託されており、発売時における1か月の販売計画は800台)。そのため、2021年3月中旬に注文したお客様でも、納車されるのは同年の10月だ。Modulo Xは、さらに遅い。生産は2022年3月に終了するので、それまでの生産枠が埋まると、受注も打ち切られてしまう」。つまり、2022年3月まで販売(受注)しているわけではないので、注意が必要なのだ。S660は、初代「シビック タイプR」や「ビート」などと同様に、時間が経過しても価値は下がりにくいだろう。数年後に高値で売却しやすいこともあって、今後はさらに注目されて受注台数を伸ばす可能性がある。

「S660 Modulo X Version Z」のフロントエクステリア(ボディカラーは特別色の「ソニックグレー・パール」)と、リアエクステリア

「S660 Modulo X Version Z」のフロントエクステリア(ボディカラーは特別色の「ソニックグレー・パール」)と、リアエクステリア

2021年3月12日、ホンダはS660の生産終了のアナウンスとともに、最後の特別仕様車となる、「S660 Modulo X Version Z」(以降、Version Z)を発表した。「S660 Modulo X」は、2018年7月に発売されたコンプリートモデルで、専用開発された5段階減衰力調整機構付きのサスペンションや空力性能を追求したエアロパーツが装着されるなど、走行性能が高められている。そして、Version Zでは高い走行性能はそのままに、特別色の「ソニックグレー・パール」が新設定されるほか、アクティブスポイラーやアルミホイールがブラック塗装されたり、メーターバイザーやセンターコンソールにカーボン調パネルが採用されるなど、内外装が上質化されている。

「S660 Modulo X Version Z」のインテリアとシート

「S660 Modulo X Version Z」のインテリアとシート

税込価格は、標準仕様のαは2,321,000円、Modulo Xは3,042,600円、そしてVersion Zは3,150,400円になる。Modulo Xの価格は、αに比べて約72万円高いが、装備が充実している。専用エアロパーツやアクティブスポイラー、減衰力を5段階に調節できるショックアブソーバーを含めた専用サスペンション、専用ブレーキシステム、専用スポーツレザーシートなど、装備や内外装が上級化されている。そして、Version Zは、Modulo Xよりも約11万円高いが、前述のように内外装がさらにドレスアップされた。

今回、千葉県にあるサーキット「袖ケ浦フォレストレースウェイ」で、Version Zに加えて、標準仕様のαと、αにModuloのサスペンション(減衰力調整機構は無し)やアクティブスポイラーなどのアフターパーツが装着された車両の計3台を比較試乗したので、そのレビューをお届けしたい。

「S660」の標準仕様「α」グレードの試乗イメージ

「S660」の標準仕様「α」グレードの試乗イメージ

まず、標準仕様のαの乗り心地からお伝えすると、ノーマルでもサーキットでの走りは十分に満足できるものだった。軽自動車の狭い全幅でも、全高が1,180mmに抑えられている効果もあって、コーナーをハイスピードで曲がっていても不安を感じない。操舵に対する反応は適度に機敏で、サーキットも楽しめるスポーツカーへ仕上げられていることを、改めて感じた。

「S660」のModuloパーツ装着車の試乗イメージ

「S660」のModuloパーツ装着車の試乗イメージ

次に、Moduloのパーツ装着車に試乗した。前述のαもよく曲がってはくれるのだが、コーナーの後半で少しずつアクセルを開けて速度を高めていくと、旋回軌跡が拡大していき、次第に曲がりにくくなっていった。それが、Moduloパーツ装着車では、サスペンションキットが装着されていることなどによって、曲がりにくさを感じない。αと同じようにコーナーを曲がると、旋回速度が上昇していることも確認できた。

「S660 Modulo X Version Z」の試乗イメージ

「S660 Modulo X Version Z」の試乗イメージ

そしてVersion Zへ試乗すると、さらなる走行性能の高さを実感することができた。まず、コーナーへの進入時から、αなどとは挙動が明らかに異なる。車両が、滑らかかつ自然に内側へと向いてくれるのだ。

ためしに、縁石(ゼブラゾーン)の上に片輪を乗せながら曲がると、αでは縁石から降りたときに進路が少し乱れて修正舵が必要になった。この修正舵が、Version Zでははるかに少ない。タイヤが、縁石や路面を跳ねることなくしっかりと接地しているから、修正舵が減って一定の舵角で安定して曲がることができるのだ。

「S660 Modulo X Version Z」の試乗イメージ

「S660 Modulo X Version Z」の試乗イメージ

また、コーナーの後半では、アクセルペダルを少しずつ踏み増しながら加速していくが、このときもVersion Zでは旋回軌跡が拡大しにくい。コーナーのRに応じてステアリングホイールを戻していくと、挙動が乱れることなくコーナーを抜けることができる。さらに、コーナーの旋回速度も高く、αが95km/hのところ、Version Zでは110km/hに達していた。

操舵角に応じてよく曲がるクルマは、コーナーの途中でアクセルペダルを戻したり、ブレーキペダルを踏むと、後輪の接地性が不安定になるものもある。だが、Version Zでは、そのような操作をしたときの挙動変化も滑らかだ。後輪は少し横滑りするものの、せわしないステアリング操作にはならない。むしろ、この特徴を生かすことで、アクセル操作によってコーナーを曲がりながら、車両の進む方向を調節することができる。S660のようなミッドシップのスポーツカーは、旋回速度が高い半面、危険回避などでは運転操作が難しい状態に陥りやすいこともあるのだが、そのあたりが扱いやすく仕上げられているように感じた。

「S660 Modulo X Version Z」の試乗イメージ

「S660 Modulo X Version Z」の試乗イメージ

S660の製品画像
ホンダ
4.30
(レビュー101人・クチコミ4064件)
新車価格:203〜304万円 (中古車:113〜359万円

Version Zでは、αと比べてパワーステアリングの重さや手応えなども向上している。αでは、直進状態に戻ろうとする反力を若干強く感じたが、Version Zでは適度な重さで路面状況が手のひらに伝わりやすく、結果として安全にドライビングを楽しむことができる。開発者は、「走行性能の向上には、Modulo Xのエアロパーツがすぐれた効果を発揮している。エアロパーツが効くのは高速域と言われるが、実際は市街地の走りでも十分に効果がある」と言う。フロントバンパーには、エアロガイドステップが装着され、コーナーを曲がるときに前輪の一部が外側へと張り出しても空気の流れが整えられるので、不安定になりにくい。同様に、ボディの上側と下側を流れる空力特性にもすぐれている。ボディ後部にはアクティブスポイラーが装着されていて、70km/h以上になると自動で展開する(35km/h以下になると格納される)。

アルミホイールも、チューニングが施されている。ホイールの剛性を部分的に下げることで、しなるように造り込んだという。コーナーを曲がるときには、タイヤの接地面圧が高まり、路面をつかむ性能が最大限に発揮されるとともに、乗り心地にもすぐれた効果をもたらす。ブレーキのディスクローターは、ドリルド(穴の開いた)タイプで、スポーツブレーキパッドも装着されており、制動力をアップさせている。

S660は、見方によってはとてつもなく買い得なクルマだ。現時点の累計生産台数は、Modulo Xを含めても3万台少々にとどまっている。クルマの開発費用の算出方法はさまざまだが、一般的にエンジンやプラットフォームを共通化した派生車種でも100億円を超えると言われている。さらに、S660は独自のプラットフォームが使われているので、この程度の金額では済まないだろう。

それなのに、これまでの累計生産台数は3万台少々(N-BOXの2か月分)なので、1台当たりの開発費用は大雑把に見ても50〜60万円に達する。赤字ではないとしても、ほとんど儲からないクルマになった。規制対応の問題が生じなければ、もっと長い間製造を続けて償却も進められたはずだ。さまざまな規制などを考慮すると、今後S660のようなクルマは、もはや登場しないのではとも考えられる。実用性うんぬんは抜きにして、走る楽しさの濃度はきわめて高い。前述したとおり、生産規模が限られているので、欲しいのであれば早めに販売店へ問い合わせたほうがよさそうだ。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
S660の製品画像
ホンダ
4.30
(レビュー101人・クチコミ4064件)
新車価格:203〜304万円 (中古車:113〜359万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る