レビュー

中国の「BYD」が2023年に日本でEVを発売!試乗で驚いたレベルの高さ

中国の自動車メーカーBYDの日本法人であるビーワイディージャパンは、子会社のBYD Auto Japanを通じて、日本の乗用車市場へ参入すると発表した。

2023年1月から、BYDが日本の乗用車市場へと参入する。画像は、日本での発売が予定されている3台のEVで、左からセダンタイプの「SEAL(シール)」、クロスオーバーSUVタイプの「ATTO3(アット3)」、コンパクトカータイプの「DOLPHIN(ドルフィン)」

2023年1月から、BYDが日本の乗用車市場へと参入する。画像は、日本での発売が予定されている3台のEVで、左からセダンタイプの「SEAL(シール)」、クロスオーバーSUVタイプの「ATTO3(アット3)」、コンパクトカータイプの「DOLPHIN(ドルフィン)」

2023年1月から、3台のフルEVが順次発売される予定だ。そして今回、導入予定の1台である「ATTO3(アット3)」と呼ばれるクロスオーバーSUVタイプのEVに、短時間ながら試乗する機会が得られたのでレポートしたい。

すでに日本でも事業展開しているBYD

BYDは、1995年に中国の深圳で創業し、自動車、ITエレクトロニクス、新エネルギー、都市モビリティの4つの領域で事業をグローバルに展開している自動車メーカーだ。バッテリーメーカーとして創業した背景があるため、モーターやコントローラーなど、電気自動車のコアとなる技術を自社で開発、製造している。また、自動車事業においては、世界70超の国や地域、400超の都市にNEV(EV、PHEV、FCV)を展開しており、2021年には約60万台ものNEVを販売している。ちなみに、中国国内では9年連続でNEV販売台数第1位となっている。さらに、2022年1〜6月には、前年同期比で3倍超となる約64万台が販売され、NEVの販売台数世界No.1となったメーカーだという。

ビーワイディージャパンは2005年に設立しており、EVバスやEVフォークリフトなどの商用領域においては、すでに日本への導入実績がある

ビーワイディージャパンは2005年に設立しており、EVバスやEVフォークリフトなどの商用領域においては、すでに日本への導入実績がある

そのBYDが、2023年に日本の乗用車市場へと進出する。実は、BYDは日本においてEVバスやEVフォークリフトなどを中心とした事業をすでに展開しており、日本国内のEVバスにおけるシェアは約7割にのぼるなど、商用領域においてモビリティの電動化を推進している。

いっぽう、日本政府は2035年までに日本国内の新車販売において電動車100%を実現することを掲げており、電動化が急務となっているものの、2021年の日本におけるEVの販売実績は約1%に留まっている。ビーワイディージャパンが行った調査によると、日本では「車両価格の高さ」や「充電設備の不足」、「航続距離への不安」、「ラインアップの少なさ」などが、電気自動車の購入に対するハードルになっているという。そこで、グローバルにおいて高い安全性や航続性能を備え、さまざまなボディタイプのEVを手に届きやすい価格で展開してきたBYDとしては、日本においても「eモビリティを、みんなのものに」をブランドパーパスとして掲げ、2050年カーボンニュートラル社会の実現に向けて、BYDのEVを日本のユーザーの選択肢のひとつとなるよう、日本の乗用車市場への参入を決定したのである。

BYDにおける最新のEVの特徴のひとつが、「ブレードバッテリー」。刀(ブレード)のように、細長く平たいバッテリーセルそのものをバッテリーパックのひとつの構成部品としてモジュールを無くすことで、薄型形状のバッテリーセルをより多くバッテリーパックに収めることが可能となっているという

BYDにおける最新のEVの特徴のひとつが、「ブレードバッテリー」。刀(ブレード)のように、細長く平たいバッテリーセルそのものをバッテリーパックのひとつの構成部品としてモジュールを無くすことで、薄型形状のバッテリーセルをより多くバッテリーパックに収めることが可能となっているという

BYDのEVには、2つの大きな特徴がある。ひとつは、「ブレードバッテリー」だ。これは、BYDが2021年に発表した最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池で、非常に高い安全性を備えているという。さらに、ブレードバッテリーはバッテリーセルそのものをバッテリーパックのひとつの構成部品とすることで、空間利用率を従来比50%改善。これにより、安全性を担保しながらエネルギー密度を大幅に高め、航続距離を向上することに成功しているという。ちなみに、BYDのバッテリー保証は8年、15万kmになる。

そして、もうひとつは「e-Platform3.0」と呼ばれる、新開発のEV専用プラットフォームだ。ブレードバッテリーと8つのモジュールを集約した8in1パワーシステムアッセンブリーを採用することによって、安全性、デザイン・スペース性、効率性、インテリジェンス性の4つを向上させているという。具体的には、ブレードバッテリーを採用したことによって、車両の高い安全性を確保。さらに、複数のモジュールを統合したことにより、低重心かつフラットな床面で、広い車内空間とスタイリッシュなデザインを実現している。また、熱帯地域でも寒冷地域でもバッテリー温度を一定に保つバッテリーマネジメントシステムなどを含む8in1パワーシステムアッセンブリーとヒートポンプシステムにより、エネルギーの効率的な出力を可能にしている。インテリジェンスの面においては、車両の駆動や制動、ステアリング情報を緊密に統合することによって、ドライビングにおける高度な制御や支援につなげているとのことだ。

まずは3車種のEVを導入

冒頭でも述べたとおり、今回日本へ導入されるのは、3車種のフルEVだ。いずれも、ブレードバッテリーとe-Platform3.0が採用されており、最初の1台は2023年1月に導入されるミドルサイズSUVのATTO3。次いで、コンパクトハッチバックの「DOLPHIN(ドルフィン)」、そしてセダンの「SEAL(シール)」になる。

BYD「ATTO3」のフロントエクステリアとリアエクステリア

BYD「ATTO3」のフロントエクステリアとリアエクステリア

ATTO3は、2022年2月に中国で販売を開始して以降、シンガポールやオーストラリアなど、中国国外でも販売されているグローバルモデルだ。ブレードバッテリーを搭載したEV専用のプラットフォーム、e-Platform3.0を採用することで、高い安全性とともに、485kmの航続距離(社内で計測したWLTC値)を実現。また、フラットな床面によって、広い車内空間と440Lの荷室容量を確保している。

BYD「ATTO3」のインテリア

BYD「ATTO3」のインテリア

ATTO(アット)という車名は、物理学において測定可能な最も短い時間のスケールであるアット秒、アットセカンドという名前にちなんで名付けられたという。「その名のとおり、俊敏なアスリートのような、若々しくてダイナミックなデザインのクルマに仕上がっています。ホイールベースは2,720mmと、長いことを利用した広い室内スペースを確保しつつ、最小回転半径は5.35mなので、日常のドライブシーンでもゆったりとしたくつろぎの中で、俊敏な走りも楽しめるでしょう」と説明するのは、BYD Auto Japan 代表取締役の東福寺厚樹さんだ。

BYD「ATTO3」のフロントシートとリアシート

BYD「ATTO3」のフロントシートとリアシート

また、インテリアは「フィットネスジムをモチーフにして、ファッショナブルなスタイリングに仕上がっています。リアシートに座ると、完全にフルフラットの床面で、足元もすごくゆったりとしており、同時に屋根がグラストップのパノラマルーフになっていますので、広々とした解放感を満喫できるでしょう」。

BYD「ATTO3」に搭載されているセンターディスプレイは、ステアリングスイッチなどによって、縦横に回転させることもできる

BYD「ATTO3」に搭載されているセンターディスプレイは、ステアリングスイッチなどによって、縦横に回転させることもできる

ATTO3の動力性能は、最高出力が150kW、最大トルクが310Nmを発生。また、0-100km/h加速は7.3秒と「このクラスとしては、非常に力強い加速力を持っています」。ボディカラーは5色が用意されており、いずれもアウトドアスポーツをイメージしたカラーリングになっているとのことだ。

BYD「DOLPHIN」のフロントエクステリア

BYD「DOLPHIN」のフロントエクステリア

DOLPHINは、2021年8月に中国で販売が開始された。イルカをモチーフに、マリーンエステティック、海洋美学をコンセプトにデザインされている。「非常にシンプルで洗練されたデザインを纏っており、滑らかさとシャープさが感じられる外観で、造形美としてのレベルが高いクルマです。インテリアも、海洋美学をコンセプトに、穏やかな水面のような、滑らかで伸びやかなラインに溢れています」と東福寺さんは言う。ステアリングホイールは、イルカの尾びれのようなデザインになっているほか、ドアノブはイルカの胸鰭をイメージしてデザインされています」と東福寺さんは説明する。こちらもe-Platform3.0を採用し、471kmの航続距離を可能としている。ラインアップは、スタンダードとハイグレードの2種類で、両グレードともに交通標識認識システムや誤発進抑制機能などを標準装備。毎月、1万台レベルを販売し続けているベストセラーカーだ。日本には、2023年の半ばに上陸予定という。

BYD「SEAL」のフロントエクステリア

BYD「SEAL」のフロントエクステリア

最後は、セダンのSEAL(シール)だ。シールとはアザラシを意味し、DOLPHINと同じくマリーンエステティック、海洋美学をコンセプトにデザインされており、スポーティーでエレガントなデザインが特徴となっている。また、SEALは空力性能にもすぐれており、cd値は0.21と、同クラス最高レベルの数値を獲得しているとのこと。SEALは、2022年5月に発表したばかりの最新モデルで、航続距離は555km(欧州WLTP)に達している。日本には、2023年下半期の導入が予定されている。

全国100店舗以上を目標に

新規参入するBYDにおいて、重要なのは販売網だろう。たとえば、先日日本への再導入を果たしたヒョンデ(旧ヒュンダイ)は、基本はネット販売で既存のショールームはわずか数店舗に押さえる意向でスタートしているのに対し、BYDはこれまでの自動車販売方法と同じく、全国にディーラー網を展開する予定となっている。そこで、試乗をはじめとした商談をすることでユーザーが購入できるという。そこで驚くのが、BYDでは2025年までに100店舗を日本全国に展開するということだ。たとえば、アウディの日本におけるディーラー数は全国に124店舗(2021年2月時点)なので、それに迫る勢いであり、新規参入ブランドとしての本気度が窺える。

BYD Auto Japan 代表取締役社長の東福寺厚樹氏

BYD Auto Japan 代表取締役社長の東福寺厚樹氏

東福寺氏によると、まずは準備室のような規模のものも含めて20店舗程度でスタートし、徐々に増やしていく意向のようだ。当然のことながら、ディーラーには試乗車を配備し、メンテナンスなどもしっかりと行える体制を整えるという。同時に、各店舗に1台は急速充電器も備え付けるとのことだ。できれば、24時間365日充電器が利用できるようになってほしい。

デザインは秀逸。 走りや品質を含めて不満はほとんどない

さて、それではATTO3を試乗した印象についてレビューしたい。

BYD「ATTO3」試乗時の走行シーン

BYD「ATTO3」試乗時の走行シーン

中国の製品だからといって、ネガティブな印象を持っている方もおられるかもしれない。実は、筆者も最初はそう思っていた。たとえば、ボディのチリがあっていないのではとか、インテリアでもちゃちな感じがあるとか、走りがプアかもしれないなど……。だが、その考えは実車へ乗り込み、試乗を開始した瞬間に捨て去ることになる。その完成度は、日本車のコンパクトだけではなく、ミディアムクラスの質感をもしのぐものだったからだ。

BYD「ATTO3」のサイドイメージ

BYD「ATTO3」のサイドイメージ

まず、ATTO3のデザインはキャラクターラインが極力排されており、面をキレイに見せるように抑揚を付けたものとなっている。さらに、インテリアにおいてはエアコンのアウトレットをはじめとしたスイッチ類の触感がかっちりと節度のあるものとなっており、クリック感も抜群で、それを操作しているだけでも品質の高さが伝わってくるのだ。また、デザインも遊び心に溢れている。音楽とスポーツを意識したというデザインテイストが採用され、ドアポケットはギターの弦のような形状が採用されており、実際に引っ張ってみるとそれなりの音も出るという凝りようである。

BYD「ATTO3」試乗時の様子

BYD「ATTO3」試乗時の様子

また、インパネ中央から横方向には、人間の筋肉の繊維をイメージしたソフトパッドが入れられており、やわらかな素材なので上質感がある。さらに、センターコンソールはウォーキングマシンのベルトから想起したものになっているなど、なかなかデザインとして採り入れにくいものを積極的に採用しているところが面白い。かといって、奇抜というわけではなく、コーディネーションをクルマへと融合させている点は見事だ。

なぜ、ここまでのデザインが可能なのだろうか。それについて調べたところ、納得のいく答えが見つかった。現在のBYDのデザイントップは、ヴォルフガング・エッガー氏なのだ。彼は、アルファロメオでキャリアをスタートさせ、アウディのチーフデザイナーやイタルデザインなどを歴任した人物だ。さらに、インテリアはメルセデス・ベンツ「Sクラス」やマイバッハを手掛けたインテリアデザイナーが中心となってデザインしているというので、まさにデザイン界を牽引しているような人物たちが、今のBYDのクルマを手掛けているのである。さらに付け加えると、BYDは過去にピニンファリーナとも協業した経緯もあるので、デザインに関しては相当高いレベルを以前から維持していたことも窺える。

BYD「ATTO3」試乗時の走行シーン

BYD「ATTO3」試乗時の走行シーン

だが、デザインがすばらしくても、走りがダメであればどうしようもない。今回は、30分程度の短時間での市街地試乗であったため、そこまでの期待はせずに走り出したのだが、歩道の段差を超えて一般道に乗り出した瞬間、しっかりと足が動き、ショックを吸収している様子が手に取るようにわかったのだ。これは、ボディ剛性がしっかりしていないと表現できないもので、e-Platform3.0が大きく貢献しているのだろう。さらに、速度を上げていくと乗り心地のフラットさとともに、ロードノイズの小ささも評価に値する。装着されていたタイヤは、コンチネンタルの「エココンタクト6」(235/50R18)だったのだが、このサイズで過不足なく適切なサイズであった。

BYD「ATTO3」試乗時の走行シーン

BYD「ATTO3」試乗時の走行シーン

ステアリングのギア比は若干スローで、少し切り遅れが感じられたのだが、それも数回ステアリングを切れば慣れてしまうレベルのものだった。電動パワーステアリングの不自然なアシストなどもなく、運転フィールはきわめて自然な印象だ。また、EVであるから回生ブレーキも介入するのだが、それも決して不自然な感じはなく、踏力も一定で違和感はまったくない。ちなみに、回生ブレーキは強弱が選べるがワンペダルフィーリングを求める向きには、強めに設定しても少々物足りないかもしれない。ドライブモードは、エコ、ノーマル、スポーツと3種類あって、スポーツモードにすると若干アクセルペダルの反応がよくなるレベルのものであった。

シートポジションは、若干高めではあるが不安感もなく、見晴らしもいい。サイドサポートも適切にあるので、少なくとも市街地で走る分に不満はまったくないといっていいだろう。パワーとトルクに関しては、必要にして十分なものだった。EVではよくありがちな、急激なトルクの立ち上がりでアクセルペダルを慌てて戻すようなこともなく、自然なコントロールが可能だった。

気になる点として挙げられるのは、まずドアミラーだ。ピラーから足を生やしてマウントされているので、右折時には若干の隙間から歩行者などを確認できるが、左折時はほとんど隙間がなくなってしまうので、やはりドアマウントが望ましい。

BYD「ATTO3」のセンターコンソール周り

BYD「ATTO3」のセンターコンソール周り

細かい点では、センターコンソールにある物理スイッチ類は何がどこにあるのかがよくわからず、ブラインドタッチはまず不可能。その中にハザードスイッチも紛れている(しかも左端にある)ので、これだけは別の使いやすい位置に変更してほしいと感じた。また、ステアリングスイッチももう少し整理が必要だ。たとえば、アクティブクルーズコントロール使用時の車間距離の設定は長めと短めをそれぞれ別のボタンで設定するが、これはひとつのボタンか、あるいはその上にあるボール状のスイッチで操作できるほうが、より直感的に使えそうだ。このように、気になる点は細部によるものばかりで、クルマの基本性能や品質面で不満はまったく感じられなかった。

さて、ATTO3の評価について。現時点で、価格が発表されていない点、また、ディーラー網が実際にどのようになるかでトータルでの評価は変わってくるのだが、クルマ単体の評価とするならば、非常によくできたクルマと言えそうだ。今回乗ったのは、オーストラリア仕様を日本仕様に変更したプロトタイプだったのだが、きちんとウインカーレバーもステアリングの右側に変更されていたし、独特な形をしたシフトレバーやドアハンドルも使い勝手は悪くない。シフトレバーに至っては、最近のボタン式のものと比較して、操作間違いをはるかに減らすことができるだろう。長期的な品質についてはわからないのだが、バッテリー保証は前述のとおり8年15万kmなので、その面での不安は払拭されそうだ。いずれにせよ、2022年11月ごろには価格が正式にアナウンスされるようなので、大いに期待して待ちたいところだ。

最後に、BYDは2022年7月30日(土)から2022年8月28日(日)まで、神奈川県横浜市の横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催される『RED BRICK BEACH 2022 presented by BYD AUTO JAPAN』にトップスポンサーとして協賛し、期間中は会場内にATTO3、DOLPHIN、SEALの3台が展示される。また、同イベントではATTO3を試乗することも可能とのことなので、興味のある方は実際に目で見て触れてみることをおすすめする。そこには、期待以上のクルマがあるはずだ。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る