新製品レポート
あっさりした甘みとすっきりした後味で、割モノとの相性も抜群

甘酒が透明に! ハナマルキ「透きとおった甘酒」の味はアレにそっくり

2017年頃の春頃から、透明な紅茶、透明なコーヒー、透明なコーラ、などなど、相次いで透明の飲料が発売されていますが、この春、ついに透明な甘酒が誕生します! 味噌・醸造食品メーカーのハナマルキから、甘酒を絞ることにより、透明でさらさらに仕上げられた「透きとおった甘酒」が、2019年3月より首都圏と福島県限定で発売予定。今回、ひと足早くこの「透きとおった甘酒」を飲んできたので、その口当たりや味わいをレポートします。

甘酒を絞って透明に。飲みやすく、アレンジも自在!

ハナマルキによると、2017年度の甘酒の市場規模は約220億円で、この3年間で約3倍に成長しているそう。甘酒には「酒粕タイプ」と「米麹タイプ」がありますが、市場の成長を牽引しているのは、米麹タイプなのだとか。

今回発売となる「透きとおった甘酒」は、人気の「米麹タイプ」の甘酒を絞って作ったもの。さらっとした口当たりで飲みやすく、それでいて栄養価も通常の甘酒と同等なので、「甘酒のとろっとした食感が苦手」「麹や米の粒々がイヤ」という人でも飲みやすく、料理に使用したり、ほかの飲料と合わせて飲んだりというアレンジもしやすいそうです。なお、米麹を原料としているので、ノンアルコールで、化学調味料や着色料、保存料はすべて不使用。子どもでも安心して飲むことができます。

同社では2012年秋に、「透きとおった甘酒」と同様の製法で作られた「液体塩こうじ」を発売し、大ヒット。2018年度には10億円(予定)を売り上げているほか、2017年夏に初代「透きとおった甘酒」を通販限定で発売したところ、即完売したことから、今回発売となる「透きとおった甘酒」にも、大いに自信を持っているそう。

この3月に発売となるのは、カートカンタイプの「透きとおった甘酒 125ml」で、メーカー希望小売価格は200円(税別)。5月には、より糖度が高い「透きとおった甘酒 プレミアム 500ml」も発売予定ですが、こちらはホテルやレストラン、バーでの使用を想定した業務用向けの数量限定販売となるそうです。

大ヒット製品「液体塩こうじ」(左)、「透きとおった甘酒 プレミアム 500ml」(中央)、「透きとおった甘酒 125ml」(右)

ひやしあめみたいな味で、ほかの飲料で割ってもおいしい

発表会場には、試飲用として、「透きとおった甘酒」や、「透きとおった甘酒」を牛乳やトマトジュースで割ったもの、「透きとおった甘酒」を使用したノンアルコールカクテルなどが用意されていたので、すべて飲んできました。

まずは、そのままの「透きとおった甘酒」をひとくち。甘酒というより、ひやしあめや、カンロ飴にかなり近い味です。少しはとろみがあるのかと思ったのですが、水のようにさらさら。甘さはあっさり、後味もすっきりしていてゴクゴクいけそうです。よく冷やすとよりおいしいのはもちろん、電子レンジでの加熱も可能なので、冬は温めて飲むのもおすすめだそう。

筆者は甘酒が大好きですが、あのとろっとして粒が残った甘酒は夏には飲みたいと思いません。暑い季節には、この「透きとおった甘酒」がよさそう。ただ、甘酒のこっくりと濃い甘さを求めている場合には、物足りないと感じるかもしれません

牛乳やトマトジュースとも相性抜群! 甘さが上品でちょっとコクがあるため、ガムシロップを入れてただ甘くした飲み物とは全然違います。甘みが加わるだけでなく、栄養価も高くなるので、いろいろな飲み物と合わせてみたくなりますね。

通常の甘酒と違い、ほかの飲み物と混ぜた時の見た目もいい

通常の甘酒と違い、ほかの飲み物と混ぜた時の見た目もいい

ジンジャーエールと合わせたノンアルコールカクテルもおいしかったのですが、甘みのあるドリンクと合わせると、「透きとおった甘酒」の上品な甘さがもったいない気もしました。

甘酒特有の粒々がないので、ストローを使っても中につまらないのもポイント

甘酒特有の粒々がないので、ストローを使っても中につまらないのもポイント

ほかにも、紅茶や酒類、炭酸との相性もよいそう。透明なので、照り焼きや卵焼き、ピクルスなどの料理の甘味付けにも使用しやすいとのこと

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

関連記事
ドリンクのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る