話のネタになる最新ITニュースまとめ

2021年最もすぐれたゲームは? 「The Game Awards 2021」受賞作品発表

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

「The Game Awards 2021」受賞作品発表。大賞は「It Takes Two」

その年のすぐれたゲームやeスポーツチーム、ゲームイベントなどを発表するゲームイベント「The Game Awards 2021」が2021年12月10日に開催されました。

すぐれたゲームを表彰する「Game of the Year」には、ベセスダ・ソフトワークス「DEATHLOOP」、エレクトロニック・アーツ「It Takes Two」、任天堂「メトロイド ドレッド」、マイクロソフト・スタジオ「Psychonauts 2」、ソニー・インタラクティブエンタテインメント「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」、カプコン「バイオハザード ヴィレッジ」の6タイトルがノミネートされていましたが、大賞には「It Takes Two」が選ばれました。

「Game of the Year 2021」に選ばれたのはアクションアドベンチャーゲーム「Game of the Year」

「Game of the Year 2021」に選ばれたのはアクションアドベンチャーゲーム「Game of the Year」

「It Takes Two」は、スウェーデンのインディーゲーム開発スタジオ、Hazelightが開発を手がけたアクションアドベンチャーゲームです。本ゲームは、画面分割によるオフライン協力プレイ、もしくは、オンライン協力プレイ専用のタイトルで、2人で進めることが前提となっています。

プレイヤーが操作するのは、魔法によって人形にされ不思議な世界に閉じ込められた夫婦、コーディとメイ。2人は、離婚間際という設定で、不思議な世界から元の世界、姿に戻ること、そして2人の関係を修復するために不思議な世界を冒険します。

映画監督からゲーム開発へと転身したジョセフ・ファレス氏による作品であるため、物語性が高く、ストーリーテリングの手法がゲームのメカニズムに落とし込まれているとのこと。ゲームプレイにしても、コーディとメイというキャラクターでまったく異なる体験ができるように設計されており、こういった独自性が専門家からの評価を集めたと考えられます。

オンライン協力プレイでは、1人がゲームを購入し、2人目は「フレンドパス」を使うことで無料でゲームをダウンロードできるようになっているため、2人で2本購入する必要はありません。クリアの目安時間は14時間と長くないので、年末年始の休暇で遊んでみるのにちょうどいいボリュームです。対応プラットフォームは、Windows PC、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/Sとなっています。

ソース:The Game Awards 2021エレクトロニック・アーツ

Netflixの実写版「カウボーイビバップ」がシーズン1で打ち切りへ

1998年に放送された日本のSFアニメ作品「カウボーイビバップ」。国内外を問わず高い人気を誇った本作ですが、2021年11月19日からはNetflixのオリジナル作品として実写版「カウボーイビバップ」が配信されました。

主人公のスパイク・スピーゲル役には、映画「スター・トレック」シリーズなどに出演するジョン・チョー、スパイクの相棒のジェット・ブラック役にはムスタファ・シャキール、そのほかにもダニエラ・ピネダとアレックス・ハッセルをメインキャストに据えるなど、豪華ハリウッドタレントがそろえられたことも話題になりました。

また、アニメ版で監督を務めた渡辺信一郎さんをコンサルタントに招き入れ、音楽担当にもアニメ版と同じ菅野よう子さんを採用。こういったことから、アニメ版のファンの期待も非常に高いものがありました。

しかし、フタを開けてみれば、映画批評サイト、Rotten Tomatoesで専門家の評価が46%、ユーザー評価が57%となり、視聴者の期待通りの評価にはとどきませんでした。

こういった不評を受けてかは不明ですが、Netflixは配信開始からわずか1か月もたたないうちに実写版「カウボーイビバップ」のシーズン2の制作を行わず、シーズン1で打ち切りとなることが判明しました。

日本のアニメ作品の実写化は、過去の例を見ても成功した例が少なく、なかなかハードルが高そうに思えます。「るろうに剣心」や「銀魂」、「今日から俺は!!」など日本国内で実写化された作品には評価が高いモノも多いですが、ハリウッド作品となると評価が厳しいものが目立つのも事実です。

ソース:The Hollywood Reporter

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る