話のネタになる最新ITニュースまとめ

サムスンがミドルクラスの「Galaxy A73/A53/A33 5G」をグローバルで発表

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

サムスンがミドルクラスの「Galaxy A73/A53/A33 5G」を発表

サムスンは、2022年3月22日に最新スマートフォン「Galaxy A73 5G」「Galaxy A53 5G」「Galaxy A33 5G」の3モデルを発表しました。3モデルともミドルクラスの5G対応スマートフォンになります。

「Galaxy A73 5G」は、6.7インチのフルHD+(2400×1080)解像度、リフレッシュレート最大120Hz対応の有機ELディスプレイを搭載。基本スペックはSoCがオクタコア(モデル名未公開。2.4GHz+1.8GHz)、メモリーが6/8GB、ストレージ容量が128/256GB、バッテリー容量が5000mAh。カメラはメインカメラに1億800万画素の広角カメラ、1200万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、500万画素の深度センサーを搭載。フロントカメラは3200万画素となっています。

「Galaxy A73 5G」

「Galaxy A73 5G」

「Galaxy A73 5G」の価格については公表されていませんが、ディスプレイやカメラがハイエンドモデルに迫る高いスペックのため、3モデルの中では最も高価な価格帯になるのではないでしょうか。

「Galaxy A53 5G」は、6.5インチのフルHD+(2400×1080)解像度、リフレッシュレート最大120Hz対応の有機ELディスプレイを搭載。SoCはサムスン「Exynos 1280」で、メモリーは6/8GB、ストレージ容量は128/256GB、バッテリー容量は5000mAh。カメラはメインカメラに6400万画素の広角カメラ、1200万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、500万画素の深度センサーを搭載。フロントカメラは3200万画素となっています。

「Galaxy A53 5G」

「Galaxy A53 5G」

「Galaxy A73 5G」と同等のディスプレイを搭載しつつも、カメラのスペックを少し落とした印象の「Galaxy A53 5G」。価格は449ユーロ(約59,000円)〜となっています。

「Galaxy A33 5G」は、今回発表された3モデルの中では最もベーシックな性能のモデルになります。6.4インチのフルHD+(2400×1080)解像度、リフレッシュレート最大90Hz対応の有機ELディスプレイを搭載。基本スペックはSoCがサムスン「Exynos 1280」で、メモリーが6/8GB、ストレージ容量は128/256GB、バッテリー容量は5000mAh。カメラはメインカメラに4800万画素の広角カメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサーを搭載。フロントカメラは1300万画素となっています。

「Galaxy A33 5G」

「Galaxy A33 5G」

「Galaxy A33 5G」は、「Galaxy A53 5G」からカメラのスペックをさらに下げた印象です。価格も369ユーロ(約48,000円)と3モデルの中で最も低価格になっています。

3モデルのうち、「Galaxy A53 5G」と「Galaxy A33 5G」は、従来機が日本でも発売されたことから、日本市場に投入される可能性は十分あるでしょう。

ソース:サムスン

名作オープンワールド「The Witcher」の最新作が開発スタート

「サイバーパンク2077」などのゲームを手がけるCD Projektは、同社の人気オープンワールドゲーム「The Witcher」最新作の開発をスタートしたことを明らかにしました。

「The Witcher」は、ポーランドの小説をベースに中世の世界観で描かれるシリーズで、特に2015年に発売された「The Witcher 3: Wild Hunt」が爆発的なセールスを記録し、数々のゲームアワードにも輝いた名作の1本としてあげられることもあるほどの人気を誇ります。

大人気シリーズということもあり、最新作の発表が待望されていましたが、ついに開発スタートが明らかになり、ゲーマーの間でも期待が高まっています。

CD Projektによると、「The Witcher」最新作はEpic Gamesと戦略的パートナーシップを結び、ゲームエンジン「Unreal Engine 5」を採用。Epic Gamesとの提携が結ばれたため、対応プラットフォームがPCのみになるのではないかと不安の声があがっていましたが、同社はこれについて否定しており、未発表ではあるもののPCだけではなく家庭用ゲーム機を含めたマルチプラットフォームで展開されるものと見られています。

ソース:CD Projekt

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る