「マリオカート」や「ドラゴンボール」など、注目コンテンツが目白押し

国内最大級のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」の新作VRアクティビティを体験!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」のレポート記事でもお伝えした通り、バンダイナムコエンターテインメントが手がける国内最大級のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」がこの夏ついにオープンします。本日、「VR ZONE SHINJUKU」に関する発表会が行われ、施設の概要や新作アクティビティなどが明らかになりました。ここでは、新たに追加される予定のVRアクティビティや、新作VRアクティビティの先行体験レポートをお届けします!

「VR ZONE SHINJUKU」に導入予定の「マリオカート アーケードグランプリVR」

新宿から世界へ発信! 「マリオカート」や「ドラゴンボール」、「攻殻機動隊ARISE」など全16種類のアクティビティを楽しめる国内最大級のVR体験施設

体験レポートをお届けする前に、まずは「VR ZONE SHINJUKU」について簡単にご紹介したいと思います。

「VR ZONE SHINJUKU」は、昨年お台場に期間限定でオープンした「VR ZONE Project i Can」に続くVR体験施設です。場所は新宿ミラノ座の跡地。グランドオープンは2017年7月14日で、「VR ZONE Project i Can」のときと同じように、2019年3月末までの期間限定オープンになるそうです。

新宿ミラノ座の跡地に完成予定の「VR ZONE SHINJUKU」。グランドオープンは2017年7月14日 「VR ZONE SHINJUKU」の外壁にはプロジェクションマッピングが取り入れられるそうです

コンセプトは “さあ、取り乱せ!”。「VR ZONE Project i Can」のコンセプトとまったく同じになっておりますが、「VR ZONE Project i Can」では1人で楽しむアクティビティが多かったのに対し、今回の「VR ZONE SHINJUKU」では複数人同時に楽しめるアクティビティを増やし、より多くの人がVRを手軽に楽しめるようにしたということです。

延床面積約1100坪という広大な施設には、オープン当初、全16種類のアクティビティが用意される予定。VRゴーグルを装着して楽しむ新作アクティビティとしては、先日レポート記事でお伝えした「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」のほか、カート型の専用マシンに乗り込んで「マリオカート」の世界を体験できる「マリオカート アーケードグランプリVR」、かめはめ波をリアルに撃つ体験ができる「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」、「攻殻機動隊ARISE」の世界をモチーフに、バッグパックPCを装着しながら大空間を自由に動き回ってシューティング体験を楽しめるフィールドVRアクティビティ「攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」(8月稼働予定)などが用意されます。

新作アクティビティを紹介するコヤ所長とタミヤ室長 エヴァンゲリオンに搭乗し、使徒と戦う体験ができる「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」 かめはめ波をリアルに撃つ体験ができる「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」 かめはめ波を撃つポーズを交えながら新作アクティビティを紹介するコヤ所長 自転車型の専用体感マシンを使って空を飛んでいる臨場感を全身で体感できる「ハネチャリ」 釣り竿をイメージした専用コントローラーを使い、ルアーフィッシングを体験できる「GIJIESTA」

また、「ガンダムVR ダイバ強襲」や「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」といった「VR ZONE Project i Can」で好評だったVRアクティビティも一部復活! 「VR ZONE Project i Can」で体験できなかった人には朗報と言えそうです。

「VR ZONE Project i Can」で好評だったVRアクティビティの一部も稼働予定

さらに、今回の「VR ZONE SHINJUKU」では、狭い牢屋に閉じ込められ、膨らむ巨大風船に押しつぶされながら仲間と協力してミッションクリアを目指す「巨大風船爆発ルーム」、7m級のクライミングウォールや巨大スライダーにプロジェクションマッピングを組み合わせたバーチャルリゾートアクティビティ「トラップクライミング」「ナイアガラドロップ」など、VRゴーグルを装着しないで楽しめるアクティビティも用意。施設内に照明やプロジェクションマッピングによる演出を取り入れたり、食事を楽しめる飲食エリアを完備するなど、VRアクティビティ以外にも楽しめる要素が満載となっています。

「巨大風船爆発ルーム」以外にも、VRゴーグルを付けずに楽しめるアクティビティを用意 施設外壁だけでなく、施設内部にも照明やプロジェクションマッピングによる演出が! 飲食エリアを完備し、アクティビティ体験だけでなく、食事も楽しめます

「マリオカート アーケードグランプリVR」と「ハネチャリ」を一足お先に体験!

今回、発表会が行われた会場の隣に設置された体験スペースにて、「VR ZONE SHINJUKU」で稼働予定のVRアクティビティの一部を体験することができました。ここからは、体験レポートをお届けします!

「マリオカート アーケードグランプリVR」【体験レポート:遠山(編集部)】

ゲーマーなら、誰もが1度はプレイしたことがあるであろう「マリオカート」。その「マリオカート」の世界を、専用体感マシンとVR技術を組み合わせ、現実世界でリアルに体験できるようにしたのが、「マリオカート アーケードグランプリVR」です。

アクティビティは、両手に手の動きをトラッキングする専用グローブを、頭にVRゴーグルを装着し、ゲームセンターなどで稼働している「マリオカート アーケードグランプリ」の筺体をベースに改造した専用体感マシンに乗り込んで体験します。

「マリオカート アーケードグランプリVR」で使用する専用体感マシン
両手には、手の動きをトラッキングする専用グローブを装着します

「マリオカート」といえば、カメのこうらやバナナのかわといったアイテムを駆使して相手を邪魔し、レースを有利に進めるのが醍醐味なわけですが、「マリオカート アーケードグランプリVR」は、この部分にVRがうまく生かされています。

具体的には、コース上にあるバルーンにくくりつけられているアイテムに手を伸ばしてうまくキャッチすることで、アイテムを実際に手に持つことができ、カメのこうらやバナナのかわを相手プレーヤーに向けて投げて妨害することができます。これがかなり面白いです! なかでも、本作では、ほかのプレーヤーを殴って妨害できるハンマーというオリジナルアイテムが用意されているのですが、ハンマーを振りまわして相手を妨害するのはかなり爽快で気持ちよかったです。

また、VR ゴーグルを通して360°全方位を見渡せるため、後ろに向かって振り向き、後方を走行している相手を直接見てアイテムを投げたり、巨大なパックンフラワーに食べられる恐怖をリアルに体験できるというのも、これまでの「マリオカート」にはないポイントで面白かったです。

実際にプレイするまでは、レースゲームだし、それほど激しくないかなと思っていたのですが、下半身でバランスを取りながらアクセルとブレーキをコントロールし、上半身を使ってカメのこうらやバナナのかわを投げたり、ハンマーを振りまわしたりと、見た目以上に体を使うアクティビティでした。最大4人の同時プレイができるので、みんなでワイワイやったら絶対に盛り上がれると思います!

レースで1位になり、おもわずガッツポーズが出てしまいました

「極限度胸試し ハネチャリ」【体験レポート:桜庭(編集部)】

「極限度胸試し ハネチャリ」は、まるで鳥人間コンテストを髣髴とさせる足こぎグライダーに乗って、自然のなかを飛行するというVRアトラクションです。

一見するとスポーツクラブにあるエアロバイクのような専用体感マシンに跨り、VRゴーグルを装着していざスタート。

まるでスポーツクラブのエアロバイクのような専用体感マシンに跨り、いざ出発!

出発地点の風景が目の前に現れるのですが、なんと!いきなりの断崖絶壁!まずは崖から飛び立つということで、まだひとこぎもしていないにも関わらず、いきなり“極限の度胸”が試されます。

つい下を見てしまうと、あまりにもリアルな崖に高所恐怖症であることを思い出し、おもわず「おおっ!怖い!」と叫んでしまうほど。

勇気を出してペダルをこぎ、崖から飛び出すと見事に滑空。空を飛んでいるときはとても気持ちよく、専用体感マシンから吹いてくる風の効果もあって、本当に飛行しているような気分を味わえます。

また、ハンドルを前に倒すと前進、後ろに倒すとブレーキがかかり、左右に動かすことで方向転換が可能なので、空を自由自在に飛ぶことができます。

ハンドルだけを切ればいいのに、身体が勝手にハングオンしてしまいます

とてもリアルなので、空を見上げたり、下に流れる河を見ていたら、いつのまにか岩壁が眼前に迫っていて、回避できずに見事に激突!壁に当たったり墜落すると死んでしまいますが、少し手前から無制限ですぐに復活することができます。

コースには、ただ空を飛ぶだけでなく、途中には建物が崩れてきたり、洞窟のなかへ入ったりといったイベントも用意されています。今回の体験会では、3分ほどで無事ゴール地点へ辿りつきましたが、“極限度胸試し”というタイトルのイメージと違って、鳥になったかのような爽快な気持ちになれるVRアクティビティでした。

Web予約は6月16日(金)スタート! 4種類のVRアクティビティを楽しめるお得なチケットも用意

オープン当初からかなりの混雑が予想される「VR ZONE SHINJUKU」。やはり気になるのは施設の利用料金と混雑状況です。

まず施設の予約についてですが、「VR ZONE Project i Can」の運営で得たノウハウを生かし、入場日時と時間を指定する完全予約性システムを採用するとのこと。Webでの事前予約受付は6月16日(金)正午にスタートすることが今回発表されています。オープン前から予約が殺到し、1か月先までの予約がすぐに埋まってしまった「VR ZONE Project i Can」のことを考えると、この予約開始のタイミングを狙ってしっかりと準備しておいたほうがよさそうです。

混雑してVRアクティビティが体験できないといった状況を避けるため、入場日時予約性を採用するとのこと

利用料金は、施設への入場料とアクティビティごとの料金がそれぞれ必要。入場料は大人が800円、子ども(6〜12歳)が500円、VR ゴーグルを装着するVRアクティビティの利用料金が1,200円、VRゴーグルを装着しないアクティビティの利用料金が1,000円となっています。

なお、先ほど紹介したWeb予約限定で、通常800円の入場料と、4種類のアトラクションの体験料金がセットになったお得な「1day4チケット」も用意されます。チケットを単体で購入するよりもだいぶお買い得な価格設定となっているので、Web予約と合わせて積極的に活用していきたいですね。

「VR ZONE SHINJUKU」の料金表
4種類のアトラクションの体験料金がセットになったお得な「1day4チケット」は、Web予約限定で提供されます

夏のレジャーシーズンにぴったりな「VR ZONE SHINJUKU」。興味のある方は、ぜひ足をはこんでみてはいかがでしょうか。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
あれこれ通信最新記事
あれこれ通信記事一覧
2017.8.23 更新
ページトップへ戻る