ソニーのセンシング技術やロボティクス技術を集めた、家庭用ロボ

ソニーモバイルの小型コミュニケーションロボ「Xperia Hello!」登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーモバイルは、2017年10月17日、家庭用コミュニケーションロボットの「Xperia Hello! G1209」(エクスペリア ハロー)を発表、11月18日より発売する。直販サイト「ソニーストア」での販売予定価格は、149,880円(税別)だ。同社製スマートフォン「Xperia」シリーズの名を冠するロボットの実体はどんなものだろうか?

「Xperia Hello !」は、ソニーグループのセンシング技術やロボティクス技術を集結した、小型の家庭用コミュニケーションロボットだ

テーブルの上に置いて使う小型ロボ「Xperia Hello!」

Xperia Hello!は、OSにAndroidを採用する家庭用のコミュニケーションロボット。昨年春にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル機器の見本市「MWC 2016」で展示された、「Xperia Agent CONCEPT」を、ブラッシュアップして製品化したものだ。

本機をAndroidデバイスとして見ると、720×1280のHD表示に対応した約4.6インチの液晶ディスプレイを備えたWi-Fi接続の小型タブレットと言える。搭載CPUは、ヘキサコアの「Snapdragon 650 MSM8956(1.8GHz×2+1.4GHz×4)」で、3GBのRAMと、32GBのストレージを組みあわせて、Android 7.1を動作させる。なお、増設用のmicroSDメモリーカードスロットは搭載されていない。

ロボットとして見ると、ボディサイズは、約111mm(直径)×216(高さ)mm、重量約1085gで、テーブルなどの上に置くことを想定した据え置き型ロボットとなる。車輪や歩行用の脚はないので、動き回ることはない。本体の回転、頭部の上下、首の左右の動きをもたらす3軸モーターと、目に当たるLED、首部分に備わるカラーのLEDランプを備えている。その他、約1,320万画素のカメラ、モノラルスピーカーおよび7チャンネルマルチマイクを備える。

接続インターフェイスとして、AC電源ポート、NFCポート、データ転送用のUSB Type-Cポート、Bluetoothを備える。センサー部は、加速度センサー、地磁気センサー、GPSセンサー、ジャイロセンサー、照度センサー、気圧センサー、気温センサー、湿度センサー、半径3mの範囲をチェックする人感センサーを備える。なお、約2,300mAhのバッテリーを内蔵しているが、バッテリーのみでの駆動は行えず、ACアダプターにつなげて使うのが基本となる。

高さは216mmほどとコンパクト。家庭のテーブルなどに置いて使うことを想定している

高さは216mmほどとコンパクト。家庭のテーブルなどに置いて使うことを想定している

背面にはNFCポートおよび、カバーで覆われたUSB Type-Cポートが見える。なお、黒い台座部分には、電源ポートのほかマイクや、4個の人感センサーが備わる

台座の裏には、ボリュームボタン、電源ボタン、リセットボタンが備わる。この台座部分が軸となり、上部の本体が340°の範囲で回転する

頭部に備わる約1,320万画素カメラは、ユーザーのほうを向けたり、周囲の様子を撮影するのに使う

頭部に備わる約1,320万画素カメラは、ユーザーのほうを向けたり、周囲の様子を撮影するのに使う

着せ替え衣装も参考展示されていた

着せ替え衣装も参考展示されていた

ソニー独自のAI機能を備え、簡単なコミュニケーションが可能

Xperia Hello !でできることを見てみよう。最大の特徴はコミュニケーション機能で、SNSアプリ「LINE」のAPIを使ったLINEメッセージの送受信、「Skype」アプリを使った通話およびビデオ通話、ビデオ伝言を特定の家族に向けて残すことができる。たとえば、「洗濯物を取り込んで」と家族の誰かに伝えたり、子供に向けて「宿題やって」とことづけるといった使い方ができる。また、スケジュールデータに基づいて、誕生日、入学式、卒業式、運動会などの重要なイベントを、音声で伝えることも可能だ。なお、予定の登録は、音声認識機能を使ってXperia Hello !に直接話しかけることで行えるほか、スマートフォンやPCなどからも行える。このほか、スマートフォンなどからの遠隔操作で、「何分前に家族の誰を見た」と通知したり、周囲の状況を撮影した8枚の写真を送信して伝える見守り機能、ニュース、交通情報、天気予報といったインフォテインメント情報を能動的に伝える機能も搭載されている。

また、本機にはソニー独自のAI技術が使われており、音声認識を使った自然なコミュニケーションが行えるという。喜び、すねる、盛り上げるといった感情表現を、体の動きや、LEDの目のしぐさで表現するものだ。

顔認識機能で家族を識別し、それぞれに宛てたメッセージを伝えることができる

顔認識機能で家族を識別し、それぞれに宛てたメッセージを伝えることができる

スマートフォンなどからXperia Hello !に向けて指令を出せば、記録した周囲の状況を伝えたり、周囲の状況を8枚の写真に撮って送ることもできる

「○○について教えて」と伝えれば、Wikipediaの検索も可能。ディスプレイにWebページを表示するほか、テキストを読み上げてもくれる

今話題のスマートスピーカーとの違いは?

近ごろは、Googleの「Google Home」やアマゾンの「Amazon Echo」、アップルの「HomePod」など、音声認識に対応したAIを使うスマートスピーカーに注目が集まっている。Xperia Hello !も、ソニー独自のAI機能を備えたスマートスピーカーの一種ともいえる。だが、本製品は、現状ではIoTを利用した家電との連携機能などはなく、ネット検索のような機能も行えない。あくまでも、ロボットとして動きや表情でコミュニケーションを行う点と、本体にディスプレイを備えている点がこれらのスマートスピーカーと比較した大きな違いとなっている。ちなみに、本機のAIを含むロボット機能はクラウドデータとの連携を含めて、Androidアプリのひとつとして搭載されているので、アプリを切り替えることでGoogleのAI機能「Googleアシスタント」用のスマートスピーカーとしても動作する。なお、その際はロボットの動きや表情と連動しない。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る