特集
ノンニコチンでフレーバー付き蒸気を楽しむタイプの電子タバコ

《2019年》電子タバコ「VAPE」のおすすめ5機種を愛用者が厳選!


加熱式タバコの「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」とは違い、リキッドを使用してノンニコチンでフレーバー付き蒸気を楽しむのが、電子タバコ「VAPE(ベイプ)」だ。どちらも“電子タバコ”と称されることが多いが、最近は「アイコス」などのニコチンを含む加熱式タバコが「電子タバコ」と呼ばれるのに対し、ニコチンを含まない電子タバコは「VAPE」と呼んで区別されることが多くなった。

VAPE用のリキッドは、海外ではニコチン入りのものが一般的だが、日本国内では薬機法上ニコチン入りリキッドを流通させられないため、国内で流通しているのはニコチンなしのリキッドのみだ。なので、VAPEに切り替えると事実上の禁煙となる。今回はVAPE愛用者でもあるライター・清水りょういち氏が自信を持っておすすめできるという5機種を、選び方のポイントとともに紹介する。

目次
・VAPE選びのポイント
└味が出やすい
└リキッド注入のしやすさ・携帯性・操作性
└メリットの多いポッド(POD)式とは?
└煙(蒸気)の量

・おすすめVAPE5選
└JUST FOG「Fog 1(フォグワン)」
└Eleaf「iStick Trim(アイスティックトリム)」
└TARLESS(ターレス)
└Malle S Lite(マール エス ライト)
└myblu(マイブルー)

【関連記事】
電子タバコ「VAPE(ベイプ)」って何だ? 初心者向けモデルはコレ! 「アイコス」との違いは?

VAPE選びのポイント

味が出やすい

まずは味だ。前述のとおり、日本国内で流通しているVAPE用リキッドにはニコチンもタールも入っていないので、おいしいと感じない限り意味がない。リキッドにはタバコ系からメンソール風味、食品系からドリンク系などさまざまなフレーバーがあるが、VAPEの味わいは、「リキッド選びが半分、機種選びが半分」だ。「好きな味のリキッドを選べばいいだけじゃないか」と思うかもしれないが、実は機種ごとに味の出方が違うからやっかいなのだ。

では、どんなものがよいのだろうか。以前は小型タイプよりも大型タイプのほうが設計に余裕があっていいと言われていたが、最近は小型でもおいしく味わえるものもある。VAPEビギナーなら、この記事で取り上げるような、最初から味の出やすい機種を選ぶのが1番楽だ。

さらに、この味というものは、機種やリキッドだけに左右されるものでもない点にも注意したい。紙巻きタバコユーザーがスイッチした時によくやってしまうのが、強く早く吸い込みすぎること。VAPEで強く早く吸うと、コイルにリキッドの供給が間に合わないため味がうまく出ず、最悪焦げ付いてしまう。VAPEは基本的に、ゆっくりと吸ったほうが味が出やすい。さらに鼻に少しは抜かないと、香りはもちろん感じにくい。蒸気量も、すかさず早く吐けば大量に出るが、肺にためた状態でゆっくりと吐き出せば、蒸気は少なめになる。これらすべてが味に関わってくるので、リキッドが自分の好みかどうかを判断するためには何度か吸って試したほうがいいだろう。

リキッドの注入のしやすさ・携帯性・操作性

VAPEの使いやすさは、リキッドの注入(チャージ)のしやすさに左右される。そして、リキッドチャージのしやすさは、注入口の大きさに比例する。なるべくならリキッドボトルから直接入れられる注入口の大きいものを選びたいが、注入口が小さく狭い場合は、先端が注射針のようなニードルボトルにリキッドを詰め直して入れたほうが楽だ。

透明ガラスの部分がリキッドを溜めるアトマイザータンク。リキッド漏れの最大の原因は、リキッドの入れすぎがほとんどだ。また、リキッドが切れたまま吸おうとすると空炊きになり、コイルが焦げ付いて交換しなければならなくなってしまう。入れすぎ防止と残量確認のためにも、こうしたリキッド量がひと目でわかるクリアロと呼ばれるタイプのアトマイザーが便利だ

使用方法は、電源のオン/オフはボタン連打、吸う際にボタンを押しながら吸うのが基本だ。「プルーム・テック」で採用されている、吸うと自動的にオンになるオートスイッチは、VAPEでは搭載機種が少ない。喫煙者なら圧倒的にオートスイッチのほうが使いやすいのだが、バッテリーが通電しっぱなしになるとトラブルの原因になる場合があるので、小型機種以外は安全性を考えて搭載されていないようだ。

また、持ち歩きやすさも考慮に入れたい。問題になるのはリキッド漏れ。VAPEはリキッドを本体内に保持する構造のため、ちょっとした隙間から漏れやすいのだ。リキッドは油性なので、漏れると手がベタベタになるし、カバンの中が悲惨なことになる可能性もある。それを避けるために、なるべくVAPE本体を縦に保持できるケースを使用したい。ケースに入っていれば、万が一漏れても被害を食い止めることができる。専用ケースでなくとも本体が入れば十分。100円ショップで売られているペンケースなどでも代用可能だ。

メリットの多い「ポッド式」とは?

VAPEを運用する際の、リキッドが漏れる、交換時に手が汚れる、蒸気発生用のコイルの交換やメンテナンス・洗浄がめんどう、というデメリットを一挙に解決するのが、「ポッド式」と呼ばれるVAPEだ。近年、世界的にも主流になりつつあるタイプである。

ポッド式VAPEは、あらかじめアトマイザータンクにリキッドが入れてあり、コイルも内蔵しているポッドを使い捨て運用できるのでとにかく手軽だ。吸い込めばスイッチの入るオートスイッチ方式が一般的で、一瞬でリフレッシュできる。手間を極限までかけたくない人に向いているタイプだ。

なお、このポッド式、構造がシンプルで工夫の余地があまりないため、機種によって大きな違いはない。単純に好きなポッドカートリッジのある機種にすればいいと思う。

専用フレーバーポッドを交換するだけで、メンテナンスフリーなのがポッド式の特徴だ。写真はインペリアル・タバコ・ジャパン「myblu(マイブルー)」。最近はコンビニで売られていることも多い

煙(蒸気)の量―爆煙か適煙か

VAPE利用者は、大きく2つのタイプに分けられる。VAPEカルチャーとも言うべき、なるべくたくさんの蒸気をもうもうと立たせるのをよしとするタイプ。「喫煙経験のないままいきなりVAPEを使い始めた」という人も珍しくない。もうひとつは、紙巻きタバコやアイコスなどの加熱式タバコからの移行組だ。

VAPEの吸い方も異なり、前者は肺吸い(ダイレクトラング/DL)と呼ばれる、深呼吸するように蒸気を肺まで送り込んで吐き出すのが主流だ。いっぽう、後者の元喫煙者組は紙巻きタバコ同様、いったん口の中に蒸気を溜め込んで、その後に多過ぎれば少し吐き、適量を改めて肺まで吸い込む口吸い(マウストゥーラング/MTL)が基本。前者は爆煙タイプを好み、後者は近年の嫌煙傾向を意識してか、あまりタバコで目立ちたくないというタイプが多いのか、ほどほどの煙量を選ぶ傾向にあるようだ。

通常の紙巻きタバコとほぼ同サイズの「Malle S Lite」。吸い方にもよるが、蒸気は控えめ。喫煙所で目立ちたくない、上司の前でモクモクとさせると偉そうに見えてしまって気が引けるという人にはこの程度で十分だ

純粋にモクモクを大量に出していい環境なら、蒸気量の多い、いわゆる爆煙タイプも選択肢になる。要は目立ちたいのか、目立ちたくないのかということだ。

いわゆる「爆煙」というのは、こうした煙幕状態で楽しむこと。これでもまだ蒸気量は少ないくらいだ。VAPEファンの間では喜ばれるが、街中や会社の喫煙所ではけっこう恥ずかしい

おすすめVAPE5選

ここからは、おすすめVAPE5機種を実際に使用してみた感想を紹介しよう。なお、使用したリキッドは下記の3種類。「myblu」のみ、専用フレーバーポッドを使用した。

左から、国産人気メーカー・KAMIKAZE(カミカゼ)のガツンと来る強力清涼感が持ち味の「KAMIKAZE スーパーハードメンソール」。VAPEユーザーに人気の高い、エナジードリンク「レッドブル」を再現した「KAMIKAZE R-BULL(レッドブル)」。タバコからの移行組に評価の高い、6種類のタバコの葉のフレーバーをブレンドした甘さ控えめの「Rocket Fuel Vapes Reaper Blend」。もちろん、すべてニコチンは入っていない

1.JUST FOG「Fog 1(フォグワン)」
「思った以上の味が出る」と評判のペンタイプはDL/MTL両対応!

ゴツく太いルックスがワイルドな雰囲気を醸す「Fog1(フォグワン)」。定電圧出力を実現しているため、バッテリーが切れるまで安定した味を出し続けることができ、味自体の出やすさもペンタイプ随一と、ネット上でも評価が高いVAPEだ。ずっしりと重いが、それが逆にかっこよく感じるデザイン。コイルはDL(肺吸い)用の0.5Ωと、MTL(口吸い)用の0.8Ωの2種類が付属する。抵抗値が小さくなるほど煙の量は多くなるのが原則。ただ、リキッド消費量も多くなるのでコスパは悪くなる。

アトマイザータンクは、リキッド残量の見えるクリアロタイプ

アトマイザータンクは、リキッド残量の見えるクリアロタイプ

矢印が指しているのがスライド調整可能なエアフロー。この小窓で取り込む空気量を調整する。穴を大きくすると蒸気量は増えるが、ドロー(吸い込みの重さ)は軽くなる

実際に0.8Ωで吸ってみたところ、豊かな蒸気を生み、0.5Ωだとさらに増えた。何よりリキッドの味がしっかりと感じられるのがいい。「スーパーハードメンソール」は目が覚めるほどの強烈な清涼感でありつつ、ベースになっているPG、VGなどのグリセリンの甘味まで表現できている。「R-BULL」では、貧弱な機種では感じ取ることの難しい、炭酸のようなニュアンスまで出ていたのは驚き。錯覚だが、元気が出そうだ。「Reaper Blend」では、6つのタバコ葉の香りが混じり合う葉巻ライクな複雑なテイストを芳醇に味わえて素晴らしい。

唯一惜しいのは、リキッドが入ったままだとコイル交換ができないこと。コイルは消耗品なので、2週間から1か月程度で交換するタイミングがあるのだが、その時に残ったリキッドは捨てなくてはならなくなる。リキッドタンクは樹脂製で、柑橘系やメンソール系でヒビが入る(クラック)可能性がゼロではないが、厚手で丈夫なせいか、半年以上使用しても1度もヒビは入らなかった。

サイズ:20(直径)×113.5(長さ)mm
重量:82.9g
リキッドタンク容量:1.99ml
バッテリー:1,500mAh
コイル:0.8(MTL用)/0.5Ω(DL用)付属
リキッドタンク:樹脂製
ドリップチップ:510規格
エアフロー調整:○
リキッド補充:トップフィル
タンク取り外し:○
定電圧出力:○

2.Eleaf「iStick Trim(アイスティックトリム)」
シルキーな蒸気でじわじわ味わうのに適した3段階出力調整可能機種

VAPE慣れしていない人には不思議なフォルムに見えるかもしれないが、このタイプは主流のひとつ。下部が四角く幅がある分、バッテリー容量に余裕があるのが特徴だ。VAPE界の大御所メーカー、Eleaf(イーリーフ)の展開する「iStick」シリーズも人気ラインアップ。シリーズの中では機能がシンプルなタイプだが、出力が3段階に調整できるのがうれしい。同じリキッドでも出力次第で味が変わるので、楽しみが増える。

こちらも、リキッド残量がひと目でわかるタイプ

こちらも、リキッド残量がひと目でわかるタイプ

持ってみると、意外にも手のひらにしっくり来て持ちやすい。ボタンも押しやすい位置

持ってみると、意外にも手のひらにしっくり来て持ちやすい。ボタンも押しやすい位置

吸ってみると、蒸気の出方がふんわりとシルキーで、音も静か。というのも、多くのVAPEは蒸気を生み出す際に少なからずパチっとリキッドが弾ける音がして、知らない人はびっくりするものだが、この機種は連用してもパチパチ音が1度も起こらなかった。味もまた強力な、というよりも包み込まれるように味わえるタイプ。やわらかな蒸気は、強烈なメンソールよりも「R-BULL」のような甘みのあるリキッドに合いそうだ。「Reaper Blend」では、さながら葉巻をくゆらせているような優雅な気分が味わえた。

サイズ: 35(幅)×15(厚さ)×126(高さ)mm
重量:96.7g
リキッドタンク容量:1.8ml
バッテリー:1,800mAh
コイル:1.5(MTL用)/0.75Ω(DL用)付属
リキッドタンク:ガラス製
ドリップチップ:510規格
エアフロー調整:○
リキッド補充:ボトムフィル
タンク取り外し:○
定電圧出力:×

3.EasyVAPE「TARLESS(ターレス)」
クラウドファンディングで1,000人以上の支援を集めた「プルーム・テック」互換機

VAPE口コミサイト大手「べプログ」が、クラウドファンディングでファン1,000人以上から資金を集めて製品化した、まさにユーザーの声を具現化したタイプのポッド式VAPE。「プルーム・テック」タバコカプセル対応のコイル一体型ロングカートリッジ(ポッド)と、爆煙好きの人用に蒸気量多めに調整されたコイル一体型ショートカートリッジ(ポッド)の2種類が付属する。使用途中で交換も可能なので、その時の気分でタバコカプセルと、リキッドを使い分けることができる。

喫煙者としては、なかなか100%ノンニコチンで行くかどうかは悩むところだが、「ターレス」ならどちらもOKにしておけるのが最大のメリットだ。タバコカプセルも持ち歩きつつ併用すれば、カプセルコストの削減につながる。そうした脱ニコチンのための経過措置としても活躍する機種である。

プルーム・テックのタバコカプセルが使えるロングカートリッジポッドと、リキッドのみで蒸気量多めで楽しむショートカートリッジポッドの2種が付属。衛生面でうれしいキャップは強力なマグネットでくっつき、それぞれサイズに合わせた長さのフタが付属する

点線より上がプルーム・テックタバコカプセル使用時、下がVAPEとして使用時の組み合わせ。どちらにしろ、リキッドはポッドに注入する必要がある

唯一の手間と言えば、ポッドにリキッドを注入しなくてはならないところか。しかしそれは自分の好みのリキッドを自由自在に入れられるというメリットとも取れる。また、通常のポッド式は使い捨てだが、「ターレス」の場合はリキッドを注ぎ足して1〜2週間程度は繰り返し使える

ポッドもマグネットで装着する

ポッドもマグネットで装着する

「プルーム・テック」ユーザーなら、蒸気量を豊かにすることができて、リキッドで味に変化を与えることもできる。ただこの機種に限らないが、VAPEでタバコカプセルを多めの蒸気量で吸うと、カプセル内部が湿って詰まってしまい、蒸気が吸い込めなくなるというトラブルをよく聞く。このトラブルはほぼ、吸っている間と同じ長さだけVAPE本体の蒸気発生ボタンを押したままにすることで生じる。蒸気がカプセル内に滞留すると内部のタバコ葉粉末が湿ってしまうのである。その場合はタバコカプセルに蒸気がとどまらないように早めにボタンを離して蒸気をオフ、そのままタバコカプセル内の蒸気を残さないように吸いきればOKだ。

シンプルなデザインは好みの分かれるところだが、ステッカーを貼るなどアレンジできるのha
むしろよい。味も結構しっかり出る。何より自由にリキッドが選択可能なのがいい。プルーム・テックユーザーなら、「KAMIKAZE スーパーハードメンソール」と、いろいろなタバコカプセルの組み合わせがとにかく楽しいだろう。「R-BULL」も合うが、「Reaper Blend」のような複雑な味わいも出せる実力派だ。

サイズ: 38(幅)14(厚さ)×106(高さ)mm
重量:75g
リキッドタンク容量:2ml
バッテリー:900mAh
コイル:1.6Ω(ロング※たばこカプセル用・MTL用)/1.2Ω(ショート・DL

用)各カートリッジに内蔵
リキッドタンク:樹脂製
ドリップチップ:一体型
エアフロー調整:○
リキッド補充:トップフィル(ポッド)
タンク取り外し:○
定電圧出力:×

4. Vapeonly「Malle S Lite(マール エス ライト)」
タバコサイズのシックなデザイン。それでいてけっこう味も出る!

タバコサイズのVAPEは「EMILI」シリーズが有名だが、デザインのシンプルさや高級感を考えると「Malle S Lite(マールエスライト)」がおすすめ。柑橘系やメンソール系が好きな人でもタンクにヒビが入らないガラスタンクを採用している点と、扱いやすいタバコサイズが特徴だ。
小型なので、蒸気量は多くない、タンク容量が少ない、バッテリーの持ちが悪い、リキッド注入部が小さい、などのデメリットがある。しかし、喫煙者にとって「吸えば蒸気が出る」オートスイッチ搭載は非常に魅力的。重さはあるのでさすがにくわえタバコは無理だが、読書やPC操作など、何かしながらでもボタンを探さずにいきなり吸える便利さは捨てがたい。また、このタイプとしては味の出もいい。

容量、バッテリーの問題は2本で1本と考えればいい

容量、バッテリーの問題は2本で1本と考えればいい

メーカーのVapeonly(ベイプオンリー)は製品の質感もよく、持つ喜びも満たされる細部にまでこだわったデザインが特徴だ。前モデルはリキッドが逆流して口に入る“ジュルり”という現象が多発していたが、解決された。メンソール系もいい選択だが、「R-BULL」のようなポップな味わいのものよりも、「Reaper Blend」を選ぶことでタバコ感は増す。デメリットをあげると、小さいがゆえに連続でチェーンスモークすると構造的に上半分が過熱しやすい点だ。とはいえそんな時は、もう1本のほうに切り替えれば済む。デメリットばかりを書いている気がするが、それでも愛着を感じてしまうのは、筆者が喫煙者であり、本機が紙巻きタバコに一番近いフィーリングを持っているからかもしれない。

サイズ:9.0(直径)×100.5(長さ)o
重量:19g
リキッドタンク容量:0.8ml
バッテリー:180mAh
コイル:各1.5Ω
リキッドタンク:ガラス製
ドリップチップ:一体型
エアフロー調整:×
リキッド補充:ボトムフィル
タンク取り外し:○
定電圧出力:×

5.インペリアル・タバコ・ジャパン「myblu(マイブルー)」
タバコよりも“ミントタブレット互換”ともいうべき手軽なポッド型

世界的にブームを呼んでいる「ポッド式」というコイル、リキッド、タンクが一体型になったカートリッジタイプのVAPE。その中で、日本でも派手に展開しているのが「myblu」だ。東京・大阪ではコンビニでも手に入るようになったことで手軽さに拍車がかかった。

すでに全米展開を果たしている「myblu」が日本に上陸したのは2018年5月。その当時にリリースされた8種類のフレーバーはあまり日本市場を意識していなかったのか、正直味わいは微妙だった。しかし11月に追加リリースされた日本市場向けに開発されたオリジナルフレーバー2種「アイスベリー」と、「ストロングメンソール」はしっかりおいしかったので、おすすめラインアップに入れることにした。

スターターキットにはメンソールフレーバーポッド1個が付いてきて、買ってすぐ楽しめる。ノンニコチン製品だが、発売元は「ウエスト」や「ゴロワーズ」を展開する著名なタバコメーカーだ

ポッドは思いついたらいつでも交換可能。2種類持ち歩いて気分で差し替えるのがおすすめだ。吸い込めば起動するオートスイッチ方式

VAPEとしての性能はそれなりだが、それを補ってあまりあるのが手のひらにほぼ収まるスリムコンパクトな形状。タバコ自体、何か作業をしながら吸うことが多く、あくまで脇役と考える人にとっては、このくらいの軽量・簡単設計がベストな選択肢なのではないかと思う。タバコ互換というよりは「フリスク」などのミントタブレット互換という感じ。microUSB経由の20分の充電で約300回吸入可能というのもいい。吸い方はタバコというよりVAPEならではの、深呼吸のように一気に肺まで吸い込むDLが向いている。

サイズ :106(高さ)×18(幅)×9(厚さ)mm
重量:21g(フレーバーポッド込み)
リキッドタンク容量:1.5ml
バッテリー:350mAh
コイル:ポッド内蔵(抵抗値非公開)
リキッドタンク:樹脂製
ドリップチップ:一体型
エアフロー調整:×
リキッド補充:×(ポッド交換のみ)
タンク取り外し:○
定電圧出力:×

協力:ベプログショップ

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る