新製品レポート
カートリッジを装着するだけで楽しめる電子タバコ

新フレーバーも登場! ポッド型VAPE「myblu(マイブルー)」が東京・大阪のコンビニで入手可能に

2018年5月より、福岡県内と一部のオンラインショップでのみ販売されていたポッド交換型VAPE「myblu(マイブルー)」(インペリアル・タバコ・ジャパン。以下、ITJ)が、11月12日より順次、東京都内と大阪府内のコンビニエンスストア(たばこ取扱店のローソン、ファミリーマートの一部)でも販売されることになった。また、日本オリジナルのフレーバーが新たに2種類追加されるという。ここでは、それらを記念して行われた記者発表会の様子をレポートする。

写真左から、記者発表会に登場した、タレントの矢部みほさん、俳優の東幹久さん、ITJの myblu ブランドプランニング&アクティベーションマネージャーのセツ・クリスティン氏

<関連記事>
世界有数のタバコメーカーが、ノンニコチン電子タバコ「myblu」をリリース!

発売から5か月で、ユーザー数は約8万人を突破

mybluは、香料を含んだリキッドを気化させ、香り付きの蒸気を楽しむVAPE(電子タバコ)だ。なお、日本国内において、VAPEはノンニコチン・ノンタールのものを指すため、アイコスなどの加熱式タバコとは別ジャンルの製品である。

インペリアルタバコによると、mybluは2018年5月の発売からわずか5か月でユーザー数約8万人を突破したという。これまでは、福岡県内のファミリーマートおよび一部のオンラインショップのみでの販売だったことを考えれば、大きな成功と言えるだろう。

mybluの特徴は、米国で支持されている「ポッド型」を採用している点だ。「ポッド」と呼ばれるフレーバーリキッド入りカートリッジを装着するだけで楽しめるため、一般的なVAPEでは必須となる、めんどうな内部パーツの交換や洗浄、リキッドの詰め替えをする必要がない。充電もmicroUSB経由で行え、20分の充電時間で約300回の吸引ができるというから使いやすい。ただ、唯一のネックだったのではと思われるのが、「ポッド」のフレーバー。myblu販売開始時は8種類が用意されていたが、いずれも少々クセがあり、「おいしい」とは感じるものの、熱烈に支持する味わいを持ったものは存在していなかった印象だ。

「myblu」のスターターキット。本体は平たいスティックタイプで、サイズは約106(高さ)×18(幅)×9(奥行)mm。フレーバーポッドを装着した状態で21gと非常に軽い

フレーバーポッドをカチッとするまで押し込むだけで使用できる

フレーバーポッドをカチッとするまで押し込むだけで使用できる

既存のフレーバーは、メンソール、グリーンアップル、チェリークラッシュ、タバコ味、カフェラテ、アイスミント、マンゴーアプリコット、タバコバニラの8種類。それなりにおいしいと感じたけれど、リピートにまで結びつかなかった人も多いと思う

メンソール好きな日本人の嗜好を研究して開発した新フレーバーが登場

そんな中、2018年11月12日より、日本市場向けに開発されたオリジナルフレーバーが2種発売となる。ブルーベリーの華やかな香りに、きりっと清涼感のあるミントをブレンドしたという「アイスベリー」と、目の覚めるようなシャープな爽快感を楽しめるという「ストロングメンソール」だ。

新たに発売される「アイスベリー」(左)と、「ストロングメンソール」(右)。1箱に2つのフレーバーポッドが入っている

さっそく、新フレーバーを試してみた。まずは「アイスベリー」だ。ほどよいメンソール感とともに甘さが残り、ケミカルな味を感じさせない味わいが素晴らしい。VAPEリキッドの中には、果実味が強すぎて、連続して吸うとくどいと感じてしまうものも多いが、これはほどよい味の出方。まさに絶妙だ。チェーンスモークしても爽快感が持続するのには驚いた。

続いて、「ストロングメンソール」を試してみる。「日本人はメンソールを好む」というマーケティング結果から生まれたという、強力メンソールの味わいだ。ペパーミントというよりもスペアミントを感じさせる芳醇な味で、ほんの少しの甘みが残る味わいが実においしい。海外産メンソールによくある、クセのあるハーブ感も皆無なので、メンソール好きにはたまらない。

会場の一角には、新たに発売となる2種を含む全10種のフレーバーが味わえるブースが用意されていたので、既存フレーバーと比べてみたところ、やはり新発売2種の味は群を抜いていると感じた。

VAPEユーザーなら、ぜひダイレクトラング(深呼吸のように蒸気を一気に肺に吸い込む吸い方)で楽しんでほしい、爽快感あふれる味わいだ。それをこんなコンパクトな機種で楽しめることには、きっと感動するに違いない。また、プルーム・テックなどの軽いニコチン感の機種を使用しているユーザーで、メンソール好きならば移行もしやすいのではないだろうか。

紙巻きタバコユーザーや非喫煙者にも好感度高めの味わい

記者発表会では、紙巻きタバコ愛好者だという東幹久さんと、バー経営で日頃からタバコの煙には縁深いという、非喫煙者の矢部みほさんが、2種のフレーバーを試した。

「アイスベリー」を試した東さんは、「これはいいですね。甘酸っぱくて最後に来るひんやり感がいい」と、好印象を持ったようだ。続いてVAPE初体験という矢部さんが、「ストロングメンソール」にトライ。矢部さんは、「ニコチンもタールも入ってないんですよね、これ。害が少なくていいかも。すっきりしててすごくおいしい! たばこを普段吸わない人でも、寝る前のアロマ代わりに使えるんじゃないかな」と絶賛した。

喫煙者らしくマウス・トゥー・ラング(口に含んでから肺に吸い込む紙巻きたばこの吸い方)で少量の蒸気をたしなむ東さん。マウス・トゥー・ラングなので、吐き出す煙は少なめ

たばこ特有の香りも、服に付く残り香もないことに感心していた矢部さん

たばこ特有の香りも、服に付く残り香もないことに感心していた矢部さん

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る