レビュー
カーッと来たいか、ゆっくり味わいたいか。夏に向けての爽快タイプが登場

夏気分を高めるメンソール! グロー専用「ネオ」の新フレーバー2種を吸ってみた

加熱式タバコ「グロー(glo)」専用のネオスティック「ネオ(neo)」に、新フレーバー2種が登場する。「ネオ・シトラス・ツイスト・プラス・スティック」(以下、シトラス・ツイスト・プラス)と「ネオ・ブースト・アクア・プラス・スティック」(以下、ブースト・アクア・プラス)の2種で、いずれも「夏気分を高めるメンソール」ということだ。2019年5月13日の発売開始よりひと足早く、その味わいを試してみた。

「シトラス・ツイスト・プラス」(左)と「ブースト・アクア・プラス」(右)

「シトラス・ツイスト・プラス」(左)と「ブースト・アクア・プラス」(右)

パワーアップしたフィルターで味わうメンソール

グロー専用ネオスティックには、3月に「エックスレンジ」シリーズが追加された「ケント」と、喫味の強さに定評がある「ネオ」という2つの銘柄が用意されている。今回2フレーバーが追加となった「ネオ」は、加熱式タバコ式のために開発された銘柄だ。何よりも喫味の強さが特徴で、濃く深い味わいがあるところから、「キツめ」を求める愛煙家の支持を受けている。

今回発売となる2フレーバーは、「エックスレンジ」シリーズ同様、フィルターが改良されている。その他の「ネオ」製品も、5月末より順次フィルターを新しいものに切り替えていくという。新フィルターの「チューブフィルター」(紙巻きタバコ「ケント」のジェットフィルターと同構造)は、それまで紙製の筒だった部分を厚みのあるフィルターにすることで、蒸気の通る気道を細くしたものである。蒸気が細くなる分、味が濃く感じるという仕組みだ。

左が従来のフィルター、右が新たに採用されたジェットフィルター(チューブフィルター)

左が従来のフィルター、右が新たに採用されたジェットフィルター(チューブフィルター)

2つの新フレーバーを吸ってみる

それでは「シトラス・ツイスト・プラス」と「ブースト・アクア・プラス」を実際に吸ってみよう。どちらもメンソールタイプという点は同じだが、「ブースト・アクア・プラス」はカプセルメンソールタイプとなる。

「シトラス・ツイスト・プラス」

絞ったライムのようなシトラス(柑橘系)風味をベースに、メンソールタイプに仕上げたという「シトラス・ツイスト・プラス」。封を切ってスティックを手に取った瞬間に、芳醇なフルーツ感のある香りがしてくる。夏向きのフレーバーというのがよくわかる爽やかさだ。

パッケージも爽やかな印象だ

パッケージも爽やかな印象だ

加熱してみると、加熱式タバコ式特有のポップコーン臭が加わり、クセは強めの印象だ。吸い込んだ時に、強力なペパーミントタイプの清涼感が喉奥をガツンと直撃するが、これがかなり辛い。味は確かにライム感のあるシトラスなのだが、蒸気のせいで温められた柑橘風味となり、少々エスニックなスパイシーさを感じる。これは好みが分かれそうだ。

また、チューブフィルター採用により、より喉へのインパクトは高まっていると思う。真夏の炎天下で味わうなら、この爽快さとスパイシーの合体はうれしいかもしれない。

喫味が強く、メンソールも強い。ただ吸い殻もニオイがきつめだった

喫味が強く、メンソールも強い。ただ吸い殻もニオイがきつめだった

「ブースト・アクア・プラス」

「ブースト・アクア・プラス」はパッケージに電源デザインのアイコンが付いているので、これはカプセルメンソールタイプのフレーバーだということがわかる。フィルターの中にカプセルが仕込んであり、好みのタイミングでそれを押しつぶすことで、味変ができるタイプだ。

フレーバー名の右と、スティックそれぞれにも電源アイコンが付いている

フレーバー名の右と、スティックそれぞれにも電源アイコンが付いている

まずは、そのまま吸ってみる。控えめなタイプのメンソールで、これはこれでおいしい。スペアミントタイプの甘みがあって味わい深いタイプの清涼感である。カーッとくるペパーミントタイプが苦手な人なら、こちらのほうが好みだろう。ただ、おとなしい味なので、途中で飽きてきたらカプセルを潰すタイミングだ。

本来の紙巻きタバコのメンソール味のようなテイストだ

本来の紙巻きタバコのメンソール味のようなテイストだ

カプセルを潰す時は、一瞬に強く力をかけるのがコツ

カプセルを潰す時は、一瞬に強く力をかけるのがコツ

辛くなるのかと恐れながら、カプセルを潰してみたら驚いた。まさに芳醇なスペアミントタイプの清涼感が濃くなって広がるのだ。辛さがパワーアップするわけではなく、甘みのある清涼感がふんわりと広がった分、特有のポップコーン臭も気になりにくい。これはおいしいメンソールだ。これなら室内外問わずに、ゆっくり味わえる。チューブフィルター採用のおかげで、芳醇ミントの味を濃厚に感じられる。

夏に向けての爽快感2種。カーッと来たいか、ゆっくり味わいたいか

「ネオ」シリーズなので、1箱20本入りで490円(税込)と、「ケント」シリーズに比べて割高である。どちらもメンソールタイプなので、タバコ味はどうしても希薄にはなってしまう。よく味わえば「ネオ」シリーズのタバコ感は奥のほうに確かにあるのだが、中でも「シトラス・ツイスト・プラス」はメンソールの辛さが強烈で、非常にわかりにくい。

その点、ゆったりとした気分で、カプセルを潰した後も芳醇な味わいを持続させることのできる「ブースト・アクア・プラス」は完成度が高いと感じた。普段から味わい深いメンソールタバコを探している人なら、きっと気に入るはずだ。

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る