いいモノ調査隊
スバル車がまるで欧州車のような芳香に…

「ダンヒル」の香水で車内がアルファロメオの香りになるらしい!

車内の香りは意外と重要です

自動車ライターのマリオ高野です。

クルマは、内外装のデザインや性能も大事ですが、車内の香りも意外と重要ですよね。いかにも値段の高そうなクルマで、ドアを開けて上質な革などのいい香りがすると高級感はさらにアップしますし、見た目が安っぽいクルマでも車内の空気が清涼だと印象がグッとよくなったりします。

逆に、車内がカビ臭かったりタバコ臭かったりすると、せっかくの高級車も台無しになることもあるので、意外と気を使うもの。

アルファロメオの香りを追求し、香水をゲット!

何にも似ていないデザインと独特のエンジン音で日本でも大人気となったアルファロメオの「アルファ156」

そこで車内用の芳香剤を使ったり、あるいは新車の香りをいつまでもキープしたりするのがお好きな方もおられますが、私はズバリ、「アルファロメオの香り」をほのかに漂わせるのが一番好きです。愛車は群馬県産のSUBARUですが、車内の香りはイタリアのアルファロメオを追求しているのです。(笑)

輸入車が好きな人ならピンと来るかと思いますが、90年代に販売されたイタリアのアルファロメオには、車内の香り演出用にフレグランス・シートが標準装備されておりました。新車の時点でドアを開けた瞬間からなんとも甘ったる〜い香りが漂い、車内でも常時その香りに包まれます。

これがアルファロメオ純正のフレグランス。アルファ155、アルファ156、アルファ145あたりの90年代に発売されたモデルに標準装備され、シートの下などに設置されていました。昔は内装用の接着剤が香りの元であるなど、さまざまな説がありました(笑)

イタリアの高級ブランドであるアルファロメオに私が初めて乗ったのは、正規販売店のアレーゼ店で車両回送のアルバイトをしていた25歳の頃だったので、私にとってアルファの香りは青春の香りなのです。すてきな内外装デザインや楽器が奏でた音楽のようなエンジンサウンドに「これがアルファの官能の世界か〜!?」などと陶然としていた若かりし日々を思い出させてくれるのですね。

クルマ雑誌でしか見たことのなかったアルファロメオは、当時のクルマ雑誌の多くに書いてあったとおり、クルマとしていいだけでなく、なんとも甘美な香りのする不思議な官能性を備えたクルマでした。

そんなアルファロメオのフレグランス・シートは、マニア向けのクルマ関連の雑貨屋さんや正規販売店のアレーゼ店の一部で入手できるものの、香りがすぐに抜けて薄れてしまうので、香りの元となる香水を入手して補充する人が少なくありません。どうやらシャネルの「アンテウス」というフレグランスが一番近い、あるいはそのものであるとの話が有力ですが、シャネルのアンテウスは50mlで1万2千円以上と、消耗品としては結構なお値段。もう少しリーズナブルでアルファロメオの香りに近いフレグランスはないかと探してみたところ、とあるカーマニアさんのブログで「ダンヒル・エディションが近い」という意味のことが書かれてあるのを発見。試しに買ってみました。

それがこの「ダンヒル エディション EDT スプレー 100ml(並行輸入品)」です。

箱の質感はまずまず。現在普通に買えるのは米国産ですが、どうやら生産国が変わるたびに香りも変わったりしているようで、ダンヒル愛好家からは賛否が分かれるようです

車内に吹いてみると…最初は刺激が強すぎた!

ダンヒルは、馬具の製造メーカーから始まり、ヘルメットやグローブなどクルマ用アクセサリーの製造販売でも確かな実績があるので、きっと車内と相性のよいフレグランスであるに違いないとの期待もありました。

購入したのはスプレー式の製品。さっそく軽く吹いてみると、いかにもダンディーな大人がつけていそうな香りがしましたが、自分の知るアルファロメオの香りとはまったく違う印象でした。アルファロメオの香りより、はるかに刺激とクセが強い感じ。アルファロメオらしさ云々の前に、自分の好みではない類いの香りだったので、正直、最初は失敗したとガッカリ。個人的には、ちょっとエグさを感じる類の香りなんですよねぇ。あーあ。

ほかの香水を使ったことがないのでよくわかりませんが、瓶の質感や製品の雰囲気は悪くありません。ただ、原液の香りはアルファの香りとは全然違うような気がしました

それでも気を取り直し、ある程度時間がたてば香りも変わると思い、まずは香水をやや多めに吹きかけたタオルをトランクルームに収納。青空駐車ゆえ、トランク内も駐車中は夏の炎天下でかなりの高温になるので、熱によって香りの角が取れてまろやかになることを期待しました。

愛車がセダンタイプの場合、まずは運転席から最も遠い場所にあるトランクで試すのをおすすめします。一応、乗員のための居住空間とは仕切られた別室なので、ちょっとしたフィルターにかけられた感じでマイルドな香りになります。いきなり運転席まわりに吹くのは、車内用としては刺激が強すぎます

1日置いてから乗ると、最初よりは全然いい印象に変わってビックリ! アルファロメオらしさはなくもないけど、どちらかというと、ここ数年メルセデスベンツが採用している車内用フレグランスに似ている気がしました。いずれにせよ、ヨーロッパの高級車っぽい雰囲気は確かにあります。これならフロントシートなどに直接吹いてもいいですね。

現行型メルセデスベンツの多くは、グローブボックス内にフレグランスを設置する機能を備え、空調とうまく混じり合って高級感のある車内の空気を演出しています。これをそのまま流用するのもアリかも

数日たつと“爽やかな香り”に変化した!

2〜3日後には、さらにいい感じに刺激が抜けて爽やか香りになり、なかなかどうしてエレガントじゃないですか! 私の愛車は絵に描いたような大衆向けの地味ィ〜な実用車ですが、この香りだけで車格がグッと上がった気さえしました。メルセデスのCクラスやBMWの3シリーズ的な気品が加わった、と本気で思えなくもありません。第一印象からは一変して気に入ったので、しばらく愛車の香りはこれでいこうと思います。

ちなみに、私以外の乗員からの感想としては、

「よくある安っぽいクルマ用の芳香剤よりは全然いい」
「意外と無難な感じ」
「いかにもオヤジっぽい香り」
「エロイ人が乗っていそう」
「マリオさんには似合わないけど悪くはない」

という、おおむね前向きな評価の声が挙がりました。車内用の香りの演出効果はなかなかのものであります!

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
コスメ・化粧品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る