選び方・特集
健康な毎日を過ごすためには、良質な睡眠から!

《2021年》枕おすすめ12選。自分の体に合った選び方も解説

健康的な生活を送るうえで、質の高い睡眠は欠かせません。睡眠の質を高めるなら、寝具を見直すのがひとつの近道と言えますが、寝具の中でも枕は、比較的手ごろな価格で購入できて、睡眠時の呼吸や寝返りの負担の改善がのぞめるため、買い換える人が多いアイテムです。そこで、枕の選び方のポイントと、おすすめ製品を紹介します。

枕の選び方。「高さ・形状」「やわらかさ」「清潔性」を確認

睡眠は、人間の一生のおよそ3分の1の時間を占めると言われるだけに、睡眠の善し悪しが体調に与える影響は少なくありません。たとえば、自分の体に合わない枕を使っていると、肩こりやいびきの原因のひとつになるという見方もあり、これらへの対策を考慮した製品が数多く展開されています。もちろん、こうした症状を自覚していなくても、質の高い睡眠を取ることは、活動的な1日をスタートさせるうえで重要です。こうした観点から、枕選びのチェックポイントを見ていきます。

高さ・形状 ―― 仰向け、横向きの両方の姿勢で快適に眠れるか

人間の体は、直立した時の姿勢が最も自然になる構造になっていますが、このとき、肩から上の部分を真横から見たときに、背骨から頸椎にかけてゆるやかなS字カーブを描き、目線がまっすぐ前方より少しうつむいているくらいが理想的と言われています。寝姿勢についても、この状態をそのまま横にするのが理想的なのです。ただ、パソコンやスマートフォンを長時間使用する現代人はどうしても姿勢が前屈みになりがちで、猫背や巻き肩、ストレートネックで悩む人も多く、睡眠中に自然とこうした姿勢を取りづらいというのも事実。そこで、睡眠中もなるべく理想的な姿勢を維持するためには、枕も、自分の体に合った高さや形状のものを選ぶ必要があるのです。

自分に合う枕の高さを自宅で確かめるには、壁に背中と後頭部を当てて、壁と首の最もくぼんでいる部分の間の長さを測る方法があります。頭を置いた時の枕の高さは、マットレスや敷布団が沈み込む分も考慮する必要があるので、マットレスや敷布団がやわらかめの場合は、上記の方法で計測した長さより1〜2cm高めの枕を、逆に硬めの場合は1〜2cm低めの枕を選ぶといいでしょう。一般的な目安として、女性なら4〜7cm程度、男性なら6〜10cm程度の高さの枕が合いやすいと言われています。なお、ぴったりと合う高さが分からない場合は、詰め物の量が調整できたり、高さ調整シートが用意されている枕を選んだほうが無難でしょう。

また、仰向けと横向きに寝た場合とでは、ちょうどいい枕の高さが異なることがあります。横向きに寝た場合は、後ろから見たときに、背骨と頸椎が一直線になるのが理想的です。このように、仰向けでも横向きでも、首や肩への負担が少ない姿勢を取れるように、首に当たる部分が盛り上がっていたり、後頭部に当たる部分がくぼんでいたり、横向き時の肩の高さに合うように左右が高くなっていたりと、さまざまな形状の枕があります。また、枕のサイズについては、横幅の長い枕だと、寝返りをしても枕からずれ落ちにくく、就寝時の安心感が高まるという効果もあります。

やわらかさ ―― 好みの感触で寝返りがしやすいか

枕はリラックスして就寝できることが重要なので、やわらかさについては、まずは好みを優先させるといいでしょう。やわらかい枕が好みなら、中材に羽毛やポリエステル、ウレタンを用いたものを。硬めの枕が好みなら、ポリエチレンパイプやそば殻の詰め物を用いたものから検討するといいでしょう。また、詰め物としてパイプやそば殻を用いている枕には、素材同士が擦れ合う音がするものもあるので、こうした点も確かめてみてください。なお、枕の表面の肌触りは、枕カバーの素材によっても異なってきますので、こちらもチェックしておきましょう。

また、寝返りがしやすいかどうかも重要です。人は就寝中に20回程度の寝返りをすると言われていますが、やわらかい感触が好みでも、あまり沈み込み過ぎる枕だと、就寝中の寝返りが逆に負担になり、起床時に首が痛いと感じることがあったり、疲労感が残ったりすることもあります。寝返りをしやすい枕を選ぶのなら、パイプやそば殻のような沈み込みにくいものを選ぶか、ラテックスや高反発ウレタンなど、沈み込んだ後に跳ね返る弾力のあるものを検討するといいでしょう。

清潔性 ―― 通気性がよく洗濯もできるか

枕の清潔さを維持できるかどうかによっても、毎日の睡眠の質が変わります。通気性にすぐれ、洗濯ができる枕なら、常に気持ちよく眠れるはずです。素材別では、気密性の高いウレタンやラテックスなどは、通気性が低めで洗濯のできるものが少なく、逆に気密性の低いポリエステルやポリエチレン、そば殻などは、通気性が高めで洗濯のできるものが多くなります。ただし、中材に穴開け加工を施したり、側地にメッシュ地を用いたりして、通気性を高めた枕もあります。洗濯機で洗えるか、また、手洗いならどのような洗い方をするかは、枕のタグや説明書などからよく確認しておいてください。そのほか、中材に炭などを配合し、消臭・抗菌効果を付加した枕もあります。

枕のおすすめ12選。快適な睡眠を実現する人気製品を紹介

上記の通り、自分の体に合った枕選びのポイントをふまえたうえで、以下では、価格.comの人気ランキングも基に、人気の枕を紹介します。

ショップジャパン「トゥルースリーパー セブンスピロー ライト」
人間工学に基づいて上半身の体圧を効果的に分散

体温と圧力に応じて変形し、すぐれた復元力がある低反発素材「スムース ヴィスコエラスティック」を用い、上半身の体圧を効果的に分散するように設計されています。やわらかい感触で、頭、首、背中、肩、腕までの負担を効果的に軽減してくれるのも特徴。高さ調整シートがセットになったものも選べて、1枚で2cm分高くすることができるので、女性や男性を問わずさまざまな体型の人が、快適なフィット感を得られるようになっています。

素材:本体 ウレタンフォーム
高さ調整:高さ調整シート(ウレタンフォーム)別売り、もしくは同梱
カバー:アウターカバー(ポリエステル100%)付属
本体サイズ:約68(幅)×60(奥行)×最大8.3(高さ)cm

ショップジャパン「トゥルースリ−パー セブンスピロー シングル」
寝返りが多い人でも広々と寝られて清潔さが続く

「トゥルースリーパー セブンスピロー ライト」よりもひと回り大きい、シングルサイズ相当のマットレスや敷布団と同等の横幅になっており、寝返りが多い人や、大人2人が寝てもリラックスできるようになっています。通気性を高める特殊加工の素材を表地に用いており、付属の専用枕カバーには抗菌・消臭加工が施されるなど、清潔性を高めているのもポイント。

素材:本体 ウレタンフォーム
高さ調整:高さ調整シート(ウレタンフォーム)×2枚同梱
カバー:アウターカバー(ポリエステル100%)付属
本体サイズ:約68(幅)×90(奥行)×9(高さ、高さ調整シート含まず)mm
その他: 抗菌・防臭加工(肌に触れる部分のみ)

テンピュール®「オリジナルネックピロー」
体温や体圧に応じてやわらかさが変化する独自素材を採用

宇宙飛行士の身体をサポートする目的で開発され、独自の機能性を備えた「テンピュール®」素材を採用。体温や体圧、体型に応じてやわらかさが変化し、使う人の体のラインに合った理想的な寝姿勢をサポートしてくれます。繰り返し使用しても元の形状に戻る特性を備えており、耐久性にすぐれているのもポイント。カバーは取り外して洗濯機で洗うことが可能。Jr/XS/S/M/Lの5つのサイズが用意されているので、女性や男性を問わず、さまざまな体格の人が使用できます。

素材:テンピュール®素材
高さ調整:不可
カバー:専用カバー(ポリエステル99%+ポリウレタン1%)付属
本体サイズ:約50(幅)×31(奥行)×10(高さ)cm ※Mサイズ
その他:カバーは洗濯機で洗濯可能

テンピュール®「ミレニアムネックピロー」
横向き寝にも理想的なフォルムで絶妙なフィット感を実現

「テンピュール®」素材により、体温や体圧、体型に応じてやわらかさが変化。中央のくぼみが首や肩口のフィット感を高め、左右の厚みが横向き寝の時の肩への負担をやわらげます。前方へわずかに傾斜した形状になっているのも特徴で、より体圧の分散効果を高めました。耐久性にすぐれており、カバーは洗濯機で洗うことが可能。サイズはXS/S/M/Lの4つが用意されています。

素材:テンピュール®素材
高さ調整:不可
カバー:専用カバー(ポリエステル99%+ポリウレタン1%)付属
本体サイズ:約54(幅)×32(奥行)×11(高さ)cm ※Mサイズ
その他:カバーは洗濯機で洗濯可能

フランスベッド「スノーレスピロー」
横向き寝やテレビ鑑賞も快適なマルチユース枕

就寝時だけでなく、テレビを見るときに横になったり、三つ折りにして背もたれにしたりする使い方もできるのが特徴。適度な傾斜がついた大きめのサイズで、仰向けだけでなく、横向きの姿勢が取りやすく、首・肩・腕にかかる負担を軽減します。こうした横向き寝の姿勢を維持することで、いびきを軽減する効果も期待できると言われています。中材は、頭部と首を載せる部分にやわらかい低反発ウレタンを採用。付属の高さ調整パッドを使用すれば、2段階に高さを変えられます。

素材:本体表地 ポリエステル100%、中材 ウレタンフォーム
高さ調整:高さ調整パッド(ウレタンフォーム)同梱
カバー:アウターカバー(ポリエステル100%)付属、枕カバー付属
本体サイズ・重量:約89(幅)×115(奥行)×29(高さ)cm

昭和西川「ギガ枕 DR-10000」
全身の約40%の重さを受け止めて広範囲の体圧をしっかり分散

頭、肩、胸部まで、全身の約40%の重さを受け止め、広範囲の体圧を分散。マットレスや敷布団の硬さにあまり左右されずに使用できるのが特徴です。表地にやわらかいポリエステルを、中材に通気孔付きの低反発ウレタンフォームを組み合わせており、やわらかい感触なのが特徴。また、首に当たる部分がアーチ形状で、中央部より左右が高くなっているため、仰向けでも横向きでも、肩への負担を抑えてくれます。防菌・防臭加工が施されており、外側の生地は洗濯が可能です。

素材:表地・中糸・本体・マチ・中芯 ・詰め物・側地・裏地 ポリエステル100%、中材 ウレタンフォーム
高さ調整:高さ調整シート同梱
カバー:専用カバー(ポリエステル65%+綿35%)同梱
本体サイズ:約70(幅)×90(奥行)×9.5(高さ)cm
その他:防菌・防臭加工、洗濯機使用可(いずれも外側地のみ、ネット使用)

東京西川「医師が勧める健康枕 肩楽寝」
自然なアーチ形状と2か所の高さ調整で肩への負担も軽減

後頭部と首、肩の三点を支える「三点支持理論」に基づいて設計されたくぼみやアーチ形状により、後頭部をしっかりと支えて頸椎のS字カーブを維持し、首だけでなく肩への負担も軽減。中央部の左右が高くなっているため、横向きに寝た時の肩の高さにもフィットするようになっています。やや硬めの感触で、後頭部と首筋に当たる2か所の詰め物の量を変えられるので、細やかな高さ調整ができます。側生地と裏生地はメッシュ素材で、通気性も高めています。

素材:表地 綿90%+ポリエステル10%、裏地 綿100%、詰め物 上層 ポリエステル100%・下層 ポリエチレンパイプ
高さ調整:詰め物(ポリエチレンパイプ)により調整可能
カバー:別売り
本体サイズ:約60(幅)×38(奥行)mm(高さは詰め物の量による)
その他:抗菌・防臭加工、手洗い可能

京都西川「頸椎支持型まくら」
高性能わた採用でやわらかさと弾力、清潔性を両立

2,000円以下で買えるという低価格ながら、中材にインビスタ社の高性能わた「ダクロン デュラライフ」を採用し、首に当たる部分のやわらかい感触と、ふっくらとした弾力を実現。中央部に後頭部がすっぽりと収まるくぼみが設けられており、頭部や首を自然な姿勢でサポートする形状となっているのも特徴です。洗濯機で丸洗いができるので、清潔で心地いい状態で使い続けられます。

素材:側地 ポリエステル100%、詰め物 ポリエステル100%(ダクロン デュラライフ)
高さ調整:不可
カバー:別売り
本体サイズ:約63(幅)×43(奥行)×12(高さ)cm
その他:洗濯機使用可(ネット使用)

ニトリ「ホテルスタイルまくら 標準(Nホテル2)」
高級ホテルの羽毛枕のような感触を低価格で

2,000円以下で買えるという低価格ながら、中材に特殊加工を施した極細のマイクロファイバーを用いることで、高級ホテルに採用されている羽毛枕のように、包み込まれるようなやわらかい感触を実現。側生地にマチがついているため型崩れがしにくく、洗濯ネットを使用すれば洗濯機で丸洗いができるなど、快適な寝心地を長く維持することができます。

素材:側地 ポリエステル86%+ナイロン14%、詰め物 ポリエステル100%
高さ調整:不可
カバー:別売り
本体サイズ:約40(幅)×60(奥行)×20(高さ)cm
その他:洗濯機使用可(ネット使用)

ニトリ「高さが10ヵ所調整できる枕(パイプ)」
細やかな高さ調整で仰向けにも横向きにもフィット

中材が3層構造になっており、ファスナーを開けて詰め物のミニパイプの量を増やしたり減らしたりすることで、中央と左右で計10か所の高さを調整できるため、自分に合った高さに合わせやすいのが特徴。ポリエステルやポリエチレンパイプを組み合わせ、やや硬めの感触と高い通気性を実現しています。ウレタンフォームの高さ調整シート以外は手洗いが可能。自分の体に合った高さで清潔に使える実用性の高い製品となっています。

素材:表地・中わた・中地・マチ部分・側地・裏生地 ポリエステル100%、詰め物 ポリエチレンパイプ(首もとのみポリエステル100%)
高さ調整:詰め物および高さ調整シート(ウレタンフォーム)により調整可能
カバー:別売り
本体サイズ:約40(幅)×60(奥行)×9(高さは調整可能)cm
その他:抗菌防臭加工(側生地のみ)

※仕様は変更になる場合があります。

ドクター・スミス「潤肌枕 (うるはだまくら)- II」
就寝中の肌や髪を保湿する超低反発枕

羊毛や羽毛、備長炭の約2倍の吸湿性を備えた「保水炭」が、睡眠の質を高めるとともに、就寝中の肌や髪に適度なうるおいを与えるという、美容にも配慮した枕。自然なアーチ形状で、最小圧9N(ニュートン)の低反発フォームにより、頭部から首、肩口まで、包み込まれるようなやわらかい感触が得られます。女性でも男性でも使用できるS/M/Lの3つのサイズが用意されています。

素材:ウレタンフォーム(スミフォームα、炭充填発泡方式)
高さ調整:高さ調整シート(ウレタンフォーム)同梱
カバー:専用枕カバー(表地 ポリエステル85%+ポリウレタン15%、裏地 ポリエステル100%)同梱
本体サイズ:約50(幅)×35(奥行)×9.5(高さ)cm ※Mサイズ

GOKUMIN「プレミアム低反発枕」
低価格ながらフィット感にも清潔性にもすぐれた高コスパモデル

3,000円台から購入できるという低価格ながら、機能性にすぐれた高コスパモデル。肩口までフィットする形状で首から肩までの負担をしっかりと軽減。中材の低反発ウレタンには通気孔が設けられ、消臭・抗菌・調湿効果のある竹炭が配合されるなど、清潔性を高めているのもポイント。付属の高さ調整シートを使用すれば、約4/6/9/11cmの高さに変更できるので、女性や男性を問わず、さまざまな体格の人が使用できます。

素材:ウレタンフォーム
高さ調整:高さ調整シート同梱
カバー:専用カバー(表地 ニット、裏地 シリコン)付属
本体サイズ・重量:約53(幅)×32(奥行)×4〜11(高さ)cm
その他:抗菌・消臭・調湿機能あり

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
布団・寝具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る