ママ&パパ目線でしっかりチェック!
ママ&パパ目線でしっかりチェック! 子どもの水筒買い替え検討中の人必見!

子どものかゆいところに手が届く? 「タイガー魔法瓶のステンレスボトル」をチェックしてみた

新学期シーズン。子ども用のお弁当や水筒の新調を検討中のパパ&ママも多いのではないでしょうか。春に小学4年生になる男児を持つ筆者もそのひとり。2年ほど使用したスポーツジャグの買い替えを考えています。

息子が使用していたスポーツジャグは、おもに週末の少年野球の練習用。保冷性や耐久性などを考えるとステンレス製のほうが有利ですが、これまでは低学年ということもあり、軽くて割れにくいプラスチック製のものを使用してきました。しかし、子どもの身体も大きくなり注意深くもなってきたことから、これを機にステンレスボトルに変えてもいいかなと思ったのです。

そこで今回チョイスしたのが、タイガー魔法瓶のステンレスボトル「サハラ」シリーズの新商品。いろいろなラインナップの中でも「ステンレスボトル<サハラ>2WAY MBO-E」が気になりました。ユニットを付け替えることで、飲み口が直接飲むことができるジャグ形式と、コップに注いで飲むことができる2通りで使え、保冷と保温を両用できるのが特長です。

⇒価格.comで「ステンレスボトル サハラ 2WAY MBO-E」シリーズをチェック!


「ステンレスボトル サハラ 2WAY MBO-E」のラインナップ。容量は0.5L(MBO-E50)、0.8L(MBO-E80)、1L(MBO-E100)の3タイプあり、それぞれ男子用と女子用のデザインがラインアップ

構造をチェック!

製品にはステンレス製のボトルのほかに、持ち運びに便利なポーチが付属。チャックを下ろすと、ポーチが簡単に取り外せる仕組みです。1LタイプのMBO-E100の場合、ステンレス製のボトル本体の胴径は8.4センチ。重さは本体だけだと約500グラム。これに飲み物を満杯に入れると1.5キロほどになりますが、我が家の小3男児の場合、両手で持てば十分に飲み干せる重さです。ただし、高さが30センチ近くあるため、現在140センチを超える我が子の場合は問題ありませんが、身体が小さめのお子さんであれば、0.8Lや0.5Lタイプを選ぶほうが無難でしょう。というわけで、息子には1LタイプのMBO-E100を選んで、使ってみることにしました。

⇒価格.comで「ステンレスボトル サハラ MBO-E100」をチェック!


1LタイプのMBO-E100。2Lペットボトルと並べたサイズ感はこんな感じ

1LタイプのMBO-E100。2Lペットボトルと並べたサイズ感はこんな感じ

背面にあるチャックを下ろすと簡単にポーチが外せます。チャックは上から下まで広くので、着脱も簡単。チャックの周囲もしっかりと補強がしてあり丈夫そう

ジャグ用アタッチメント。スライドを下げた状態からワンプッシュでキャップがオープン。片手で簡単に操作可能

コップ用アタッチメントを装着。パーツはコップと中栓の2つから成り、中栓をプッシュすると注ぎ口が開く仕組みです

ステンレスボトルの口に手は入りませんが、ボトルブラシでスムーズに洗えるサイズです。氷も十分入る直径です

ステンレスボトルの内側は「スーパークリーン加工」と呼ばれる、汚れやニオイが付きにくいコーティングがされているとのこと。サビの原因となるため塩分を多く含む飲み物は使用できないステンレスボトルも多いのですが、この製品はOK。スポーツドリンクを入れても大丈夫!

ボトル底部に施された「レーザー溶射」により本体底の部分の強度をアップし、外側に補強のためのパーツを省くことができたそう。凹凸がないため、ポーチからの出し入れもしやすく、本体そのものも軽量に!

ポーチ底部は新仕様の「強底」が。樹脂製の補強パーツで外側からさらにボトル本体を保護し、耐久性を高めてくれます。不注意で落としたり壊してしまいやすい子どもにも安心。ポーチが洗濯機でも洗えるのも助かります

保冷&保温性をチェック!

本製品のステンレスの内側には、輻射熱を抑える金属の箔が設けられ、間に真空層を設けることで高い断熱性を実現しているとのこと。そのため、スペック上の保温性は79℃以上を6時間、57℃以上を24時間、保冷性は8℃以下を6時間保つことができるとのこと。表面温度を計ることができる放射温度計を使って、実際にその効果をチェックしてみました(なお、実験は18〜21℃の室内で保管し、放射温度計は表面の温度を測る機器なので、実際の中身の温度の実数値とは異なります)。

表面温度67.4℃のお湯を投入。約6時間後は66℃に。その後、約22時間後にも50℃を保っていました

表面温度67.4℃のお湯を投入。約6時間後は66℃に。その後、約22時間後にも50℃を保っていました

表面温度10.6℃のお茶は約6時間後には12.4℃に。約22時間後は15℃で、飲んだ感じはまだまだ冷たいままでした

氷を中栓が閉まる程度のギリギリまで入れた状態で保管。約22時間後でもこのとおり。少し小さくなっている氷もありましたが、ほとんど溶けずに残っています

次ページでは、小3男児が実際に使用。子どもの評価はいかに!?

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る