いいモノ調査隊

高級歯ブラシ「MISOKA」を使って筆者の口臭はどうなった?

年齢による口臭が気になるお年頃になってきた筆者。自分ではなかなか嫌な臭いに気づかないものです。そのため、以前にも増して、オーラルケアには気を使うようになりました。

そんな筆者が最近使っているのは、“MISOKA”という名の歯ブラシ。実はこの歯ブラシ、0.178mmの毛先の1本1本に、様々な種類のミネラルをナノサイズにしてコーティングするという微細加工を施しているのです。まさに、職人の“秘技”と “こだわり”が詰まった逸品!

特長は、何といっても水だけで歯をみがくこと。歯磨き粉を使わなくても、微細加工された毛先が、汚れをおとすだけでなく、付きにくくするため、口内環境を快適に保ってくれるとのことです。

 MISOKA(みそか)の由来は30日(みそか)に一度の交換が望ましいからだそうです

MISOKA(みそか)の由来は30日(みそか)に一度の交換が望ましいからだそうです

使い始めの頃は、歯磨き粉を使わないことに少し違和感がありましたが、すぐに慣れてきました。小ぶりのヘッドで、グリップ感もよいので歯を1本ずつ丁寧に磨くことができます。

さて、気になる口臭予防効果ですが、翌朝の口の中のべたべた感が以前より少なくなったようです。あくまで個人的な印象ですが、筆者としては効果ありと感じておりますが・・・。

グリップ部分は透明の1色のみ。握りやすく使いやすい形状になっています

グリップ部分は透明の1色のみ。握りやすく使いやすい形状になっています

小さな職人ロゴは、藍色・若草色・山吹色・朱色の4色から選べます。筆者は朱色を選びました

小さな職人ロゴは、藍色・若草色・山吹色・朱色の4色から選べます。筆者は朱色を選びました

毛先に特殊なナノテク加工が施されています。毛先の固さは1種類のみで、一般的な歯ブラシでは‘ふつう’にあたる固さだと思います

毛先に特殊なナノテク加工が施されています。毛先の固さは1種類のみで、一般的な歯ブラシでは‘ふつう’にあたる固さだと思います

パッケージにも高級感があるので、プレゼント用としても喜ばれそうですね♪

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る