いいモノ調査隊
塗るんじゃなくて、唇を染める! 話題のリップをさっそく使ってみた。

唇が染まる!? 塗ってはがせば色が定着する新発想のリップ

コスメ業界で最近流行っているのが「ティント」。リップにグロスに、乳液に、チークにもティントを名乗るアイテムが存在しています。そもそもティントとは、色合いとか色調といった意味ですが、最近ティントというと、Benefitを元祖とする、チークやリップへ色を定着させるコスメという意味合いで使われているようです。

こちらは筆者愛用のGIVENCHY(ジバンシイ)とCANMAKE(キャンメイク)。両方ともリップ用です

こちらは筆者愛用のGIVENCHY(ジバンシイ)とCANMAKE(キャンメイク)。両方ともリップ用です

ティントは、少量をなじませるだけでぽわっと色づき、しかも色が長持ちするので、大変ありがたいアイテム。そんなティントものの中でも、画期的なアイテムをご紹介します!

「マイリップティントパック セクシーレッド」

「マイリップティントパック セクシーレッド」

このリップティント、塗って乾かしてはがすだけで、色づきリップを12時間キープ。塗ってはがすという、今までにない新しさ。しかも、色移りしないという、うれしいアイテム。さっそく試してみましょう。

マイリップティントパック

キャップを外すと、普通のグロスと比べて、先端は細目になっています。そして、ここから中身をブチュっと絞ると…

マイリップティントパック

ギャ! ものすごく濃いワインというか、どす黒い赤です…もしかして、ちょっと色選び失敗したかも…と一瞬躊躇するものの、えいや!と塗ってみました。

マイリップティントパック

この状態の唇にONします。

マイリップティントパック

カラーパックを唇のラインに合わせて均一に塗ります。この時に、少し厚めに塗るとキレイな仕上がりになるそうです。また、リップの輪郭からはみ出ないようにていねいに塗ってください。なぜならば、はみ出した場合、はみ出した形に色がついてしまうから。はみ出した時は、綿棒やティッシュでその部分のカラーパックを除去しましょう。

とりあえず、色の違いを見たいので半分だけ塗ってみました。やや硬めのゲル状。通常のグロスと比べると、正直、伸ばしにくいです。なので、唇に盛る感じで塗布してみました。半分だけ生き血をすすった直後のような口のまま、乾くまで約5分〜10分待ちます。

塗った後は、乾くまで、うっかり手で触ったり、唇をこすり合わせたりしないよう注意します。また、唇はうっすら開けておきましょう。塗布の際、あまり唇の内側まで攻めるのはやめましょう。乾くのを待っている間に、上と下の唇がくっついてしまいますし、内側の粘膜は、いつまでも乾かないうえに、あまりおいしいとはいえない、酸っぱい感じの味がしますので(経験談)。

マイリップティントパック

乾いたらペリペリとはがします。筆者は、上下がくっついてしまったため、一気にはがしておりますが、上唇、下唇別々にやさしくはがすのが正式です。はがした後に、唇に部分的にカラーパックが残ってしまった場合には、水を含ませたコットンやティッシュでやさしくオフします。全部はがすと…

マイリップティントパック

おぉ! ちゃんと唇の色が変わってる! ちょっと写真だと色味がわかりにくいですが、キレイな深みのあるローズカラーに半分だけ染まりました。

使う人によって、微妙に色が変わるのもティントものの特徴。筆者の場合は、元々の唇の色がややブルーベースなため、レッドではなく、ローズカラーになったのかもしれません。これに透明グロスをちょんとつければ、つやリップの完成ですし、ナチュラルなメイクなら、薬用リップを重ねづけするだけでもいいかもしれません。

唇の表面の皮(角質層の一番上)が染まった状態なので、グラスにも、もちろんタバコのフィルターにも色はつきません。元々の唇の色がきれいなローズカラーの人になったようです。

さて、半分ローズの唇になった筆者ですが、お風呂に入って、ほかのメイクと一緒にクレンジングをしたところ、お風呂あがりにはすっかり元の唇の色に戻っておりました。これなら、次の日は違う色のリップを使いたいという人も安心ですね。尚、唇が荒れている状態で使った場合、はがす時に折角染まった薄皮をもっていかれてしまい、唇の色がムラになることがあるそうなのでご注意を。



(回遊舎/番場由紀江)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る