マネー連載
FP山崎俊輔のマネーリテラシー向上委員会

バーゲンセールは買い物術としてアリ?ナシ?

ファイナンシャルプランナーの山崎です。前回は「国の年金制度」について書きました。今回は、ネットショッピングなどでも行われている「バーゲンセール」についてです。「バーゲン」と聞いて、ワクワクする人も多いのではないでしょうか。でも、注意して買わないと結局は損をしてしまうことも。専門家として、賢い付き合い方について解説します。

バーゲンセールは、もはや夏冬の風物詩ではない

かつてバーゲンといえば、夏物と冬物の処分で年に2回くらい行われるものでした。あるいは、ボーナスシーズンを目当てにした夏と年末年始に家電量販店が行うセールも定番でしたが、やはり年数回行われるものでした。

ところが、今の時代、バーゲンセールは年中行われています。例えば、
・「Amazonのプライムデーやタイムセール、Kindleのセール」(ほぼ毎日何かしら開催)
・「Yahoo!ショッピング『5のつく日キャンペーン』」(毎月3回開催)
・「無印良品がお得に買える無印良品週間」(年5回程度開催)
などなど、数え上げればキリがありません。現代のバーゲンは頻繁に行われていることが特徴で、私たちの物欲を常に狙っています。

しかも、かつてのデパートのセールであれば「行かなければそもそも買わなくてすむ」という対策もありえたのですが、ネットショッピングのセールでは、そうもいきません。スマホやパソコンでブラウジングしていると広告が表示されたり、メルマガが届いたりして、あなたを手招きするからです。

セールについ手を出してしまう人の、3つの特徴

テレビの通販番組で思わず電話をしてしまったという人、あるいはネットのセールで思わず購入ボタンをクリックしてしまった人にはいくつかの共通項があります。

1.タイムリミットに弱い
第1の特徴は、「タイムリミット」です。「あと○時間で終了します」とか「あと○個で終了!注文はお早めに」という画面をみると、ついショッピングサイトに移動してしまうタイプの人はすでに売り手の術中にはまっています。

2.「お買い得!」という表示や「割引率」目が止まる
大きなPOP表示や割引率表示は要注意です。定価の値段に×が書かれていて、例えば「45%オフ」と書いてあっても「お、安いな」と考えるのは失敗のもとにも。ちょっと検索すると、どのサイトでも55%オフで売られている商品の広告であったりします。

3.「ポイント還元率」に弱い
最後の特徴は「ポイント」です。家電量販店の10%ポイントを引いた「実額」と、ネットショップの最安値を比較することを価格.comのユーザーなら誰でも知っていると思いますが、ポイント還元率が通常よりアップするというのは売り上げを増やす常套手段のひとつです。

「安いから買う」のではなく「必要かどうか」で購入判断を

ファイナンシャルプランナーとして買い物をアドバイスするとき、実は「安いかどうか」はあまり重要ではありません。

「安いから買おう!」と考えるのが、なぜ良くないのかというと「必要か、どうか」という本質的な部分を抜きにして購入判断をしてしまうからです。

「欲しい」という物欲と、「必要」という必然性が買い物の要素にはあります。このとき「必要」だけを設定すると人生は味気なくなります。例えば、1万円の型落ちAndroidスマホがあればiPhoneXはいらない、といえばそれはその通りですが、やはり人生つまらないですよね。

一方で、「欲しい」という勢いだけに頼ると予算はいくらでも倍増します。そこが買い物の工夫のしどころです。

このときセールはそういう冷静な判断をさせないことにより、あなたの財布をゆるめ、買い物をするよう誘っているわけです。

買ってもいいと思える値段まで下がったときこそ「買い」!

安値の買い物の必勝法はどこか釣りに似ている、というのが私の考えです。「このくらいの値段なら買ってもいい」というラインを自分で設定して釣り餌を仕掛けておいて、ショップのほうがそこまで値下げしたとき「待っていました!」と買うような感じです。

価格.comにアカウントを設定して、お好みの商品について「お気に入り」登録をしておくと、「値下がり・最安変動お知らせメール」という機能があります。ショップ側が大幅値下げをしてきて、かつ、その金額があなたが買ってもいいと思える値段であったとき、すぐ入手できるわけです。
※【参考リンク】価格.com「値下がりお知らせ・最安変動お知らせ」の設定方法

個人的にはセールで衝動買いするより、こちらの機能で安値を待つほうが上手な買い物になると思います。もちろん、短期的なセールやポイント10倍のような条件がキャッチしきれないことがありますから、バーゲンセールのサイトを見るのもいいでしょうが、本当に欲しいもので値段もこなれていることを確認のうえ、注文ボタンをクリックするようにしましょう。

「なんでこんなもの買ったんだっけ?」とあとで思い返すような雑貨が部屋にゴロゴロしていることのないようにしたいものです。

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

山崎俊輔

山崎俊輔

フィナンシャル・ウィズダム代表。FPとして、現役世代のお金と幸せのバランスについてユニークな視点でアドバイスする。連載多数。アニメもゲームも愛するオタクで、マンガの蔵書は約4,000冊。

ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る