増やす
ウエルシア、マツキヨ、ツルハ……。7つのチェーンを紹介

毎月20日はTポイントの価値が1.5倍! ウエル活などドラッグストアで使えるお得ワザを解説

「ウエル活」という言葉をご存じでしょうか?
ポイント好きの間ではよく知られているのですが、これは「ウエルシア」で「Tポイント」を使ってお得に買い物をする「ポイ活」を指し示した言葉です。

ドラッグストア最大手の「ウエルシア」は、こうした造語ができるほど、ポイント活用に力を入れているお店ですが、これ以外の大手ドラッグストアチェーンも独自ポイントと共通ポイントの二重取りが可能であったり、特定の日に買い物をするとポイント還元率が上がったりと、ポイ活・節約につながるさまざまな特典を用意しています。

最近のドラッグストアは医薬品だけではなく、日用品や食料品も割安に購入できることから、多くの人にとってより身近な存在になっています。そこで、自身もさまざまなポイ活を実践し、Twitterでお得な情報を発信している「ハイジ博士」(@haiji_doctor)にお話をうかがい、大手を中心に7社のドラッグストアチェーンのポイント制度や割引特典についてまとめました。よく利用しているお店があれば、ぜひチェックしてみてください。

ハイジ博士。2018年12月に開催された「PayPay」の大規模キャンペーンをきっかけにポイントのお得さに目覚め「ポイ活」を本格的に開始。ポイントサイトやクレジットカード・電子マネー利用などで、年間50万円以上のポイントを稼いでいる。2020年2月からTwitterで発信を始め、情報の正確性とわかりやすさで人気は急上昇。2021年9月現在のフォロワー数は約4.8万人。妻と娘の3人家族

ハイジ博士。2018年12月に開催された「PayPay」の大規模キャンペーンをきっかけにポイントのお得さに目覚め「ポイ活」を本格的に開始。ポイントサイトやクレジットカード・電子マネー利用などで、年間50万円以上のポイントを稼いでいる。2020年2月からTwitterで発信を始め、情報の正確性とわかりやすさで人気は急上昇。2021年9月現在のフォロワー数は約4.8万人。妻と娘の3人家族

お得なドラッグストアの見つけ方とは?

数あるドラッグストアチェーンの中から、どの店舗を選べばよいのか?
ハイジ博士はまず、「自分の行動範囲にお店がある」「普段貯めている共通ポイントが貯まる」「いつも買う商品が他店より安い」という3つの基準で、自分にとってメリットの大きいドラッグストアを選んでみることを推奨。「たとえば、安いからという理由だけで遠方のお店を選ぶと、ガソリン代や移動時間を考えるとデメリットのほうが大きくなる可能性があります。また、ポイント還元率だけで選んでも、そもそもの販売価格が高くては結果的に損をするかもしれません」(ハイジ博士)。自分がよく買う商品については、アマゾンや楽天市場に加えて、いくつかのドラッグストアに足を運び価格比較をするのもおすすめといいます。

それでは、ドラッグストアの7つのチェーンのポイントプログラムや割引特典について紹介していきます。

【1】ウエルシア

ウエルシアを展開するウエルシアホールディングスは、ドラッグストアで売上高トップを誇る大手チェーン。独自のポイントはなく、共通ポイント「Tポイント」が100円(税別)利用につき1ポイント貯まり、「1P=1円」として店内での買い物に利用できます。

お得ワザ1:毎月20日の「お客様感謝デー」は、Tポイントの価値が1.5倍に

ハイジ博士が「ほかのチェーンと比べてもズバ抜けてお得」と明言するのが、ウエルシアで毎月20日に開催される「お客様感謝デー」。通常、Tポイントの価値は「1P=1円」ですが、この日にかぎっては1.5倍にアップ(200ポイント以上の利用が条件/一部対象外商品あり)。たとえば1,000ポイント保有していれば1,500円分、10,000ポイント保有なら15,000円分の買い物ができます。

「1,500円の商品を1,000P(1,000円相当)で購入できることになり、実質33%オフと考えることもできます。この日は自宅近くのウエルシアの駐車場がいっぱいになりますが、私もこの日は、ポイントサイトや日々の買い物で貯めたTポイントを多い時で20,000ポイント程度用意し、冷凍食品やお米、洗剤などの消耗品など日持ちするものをまとめ買いしています」(ハイジ博士)。

ウエルシアでは、毎月20日にはTポイントの価値が1.5倍にアップ

ウエルシアでは、毎月20日にはTポイントの価値が1.5倍にアップ

お得ワザ2:毎週月曜はポイント2倍、60歳以上のシニアは毎月15、16日は3倍に

毎月20日の「お客様感謝デー」以外にも、見逃せないキャンペーンがあります。毎週月曜には、Tポイントの還元率が2倍となり、100円につき2ポイント貯まります。また、毎月15、16日は60歳以上のポイントカード会員対象の「シニアズデー」で、3倍のTポイントが貯まります(100円につき3ポイント)。このほか、毎月25〜29日の5日間は「ウエルシアグループお得デー」となっており、公式アプリでクーポンが配布され、1品のみ10%オフで購入可能(一部対象外の商品あり)。毎月20日の「お客様感謝デー」のほうが割引率は高くなりますが、急な買い物やTポイントの手持ちが少ないときには有効でしょう。

お得ワザ3:「ガッチャ!モール」で割引クーポンが当たる

「ウエルシアをお得に利用するうえで欠かせない」(ハイジ博士)というのが、「ガッチャ!モール」というクーポンサイト。このサイトでは、1日1回無料でガチャを引くことができ、登録された各種チェーン店(ウエルシアも登録店のひとつ)で使えるクーポンが必ずひとつもらえます。「ウエルシアのクーポンは『3,000円以上購入すると500ポイントプレゼント』などがあり、買い物の際にもらえるTポイントはお客様感謝デーの際に1.5倍にして使えるので重宝しています」とハイジ博士。

「ガッチャ!モール」で当たるウエルシアのクーポンの一例(写真右)。写真左は実際に当選したクーポン

「ガッチャ!モール」で当たるウエルシアのクーポンの一例(写真右)。写真左は実際に当選したクーポン

お得ワザ4:企業とのコラボキャンペーンで還元率が大幅アップ

ウエルシアでは、大手メーカーと提携した大型還元キャンペーンを随時開催しており、「お客様感謝デー」との併用が可能です。「これまでに、花王やライオンの対象商品購入で最大20〜40%のポイント還元を受けられるなど、高還元のキャンペーンが頻繁に開催されてきました。お客様感謝デーと合わせると実質半額以下で購入できるので、見逃せません」(ハイジ博士)。

【2】マツモトキヨシ

マツモトキヨシ(マツキヨ)は関東を中心に展開するチェーンで、都市部の中でも、駅前や繁華街に多く出店しています。ポイントプログラムの特徴として、独自のポイント「マツキヨポイント」とNTTドコモの共通ポイント「dポイント」を二重で獲得できる点があげられます。マツキヨポイント、dポイントいずれも100円(税別)ごとに1ポイント付与され、合計で常時2%の還元率になります。マツキヨポイントは200ポイント以上から、dポイントは1ポイント以上から「1P=1円」として支払いに利用可能です。

お得ワザ1:dカードで支払うと最大5%のポイント還元

マツキヨは、NTTドコモのクレジットカードである「dカード」の特約店。dカードで払うと、100円につき3ポイントのdポイントが加算され、ポイントカード提示分(100円につき1ポイント)も合わせると4%還元に。そして、マツキヨポイント1%も貯まるので合計5%の高還元になります。dカードは年会費無料で作成できるので、マツキヨの利用頻度が高い方なら保有を検討してもよいでしょう。

お得ワザ2:公式アプリのルーレットで割引クーポンが高い確率で当たる

もうひとつ、マツキヨ愛好者におすすめしたいのが、公式アプリにあるルーレットゲームです。このゲームは無料で1日2回までチャレンジでき、割引クーポンが当たることがあります。クーポンの内容は以下のとおりで、当選後48時間有効です。
A賞:医薬品15%オフ、化粧品・日用品10%オフ、食品5%オフ
B賞:医薬品・健康食品20%オフ
C賞:医薬品10%オフ、化粧品・日用品10%オフ、食品5%オフ

「私は毎日2回ずつやっています。感覚的なものになりますが、10日間やるとそのうち7日はA賞〜C賞いずれかに当選している印象です。また、このクーポンは食品をはじめ、対象となる商品が幅広いのが利点です」とハイジ博士。すき間時間に遊び感覚でルーレットを回して、割引クーポンが高い確率でもらえるのはうれしいところです。

筆者もさっそく、公式アプリに登録しルーレットに挑戦。1回目でC賞が当たりました

筆者もさっそく、公式アプリに登録しルーレットに挑戦。1回目でC賞が当たりました

お得ワザ3:月間・年間の利用額に応じて、マツキヨポイントが最大3倍にアップ

マツキヨポイントの還元率は、月間および年間(4月〜翌年3月)の買い物合計金額に応じてアップします。月間1万円(税別)利用で翌月のポイント還元率が、年間10万円の利用で翌年度のポイント還元率がそれぞれ2倍(100円で2ポイント還元)に。また、月間2万円、年間20万円以上利用の場合はそれぞれ翌月、翌年度のポイントが3倍になります。「マツキヨの公式アプリでは家族会員を5人までひも付けて登録でき、月間・年間の買い物金額には家族会員の利用分も合算されます。ひとりでは難しくても、家族で貯めればポイント2倍、3倍を達成しやすくなるでしょう」(ハイジ博士)。

【3】ココカラファイン

ココカラファインは、調剤併設型の店舗を多く出店するチェーンです。独自ポイントの「ココカラポイント」のほかに、共通ポイントの「dポイント」「楽天ポイント」を貯めることができます。ただ、貯める際に上記3種類からひとつを選ぶ必要があり、二重取りはできません。ポイント還元率はココカラポイントが100円(税別)につき1ポイント、dポイントと楽天ポイントは200円(税別)につき1ポイント。ココカラポイントは200ポイント以上から、dポイントと楽天ポイントは1ポイント以上から「1P=1円」として利用できます。

お得ワザ1:5の倍数の日の「ポイント倍デー」にはココカラポイントが5倍

ココカラファインで注目するべき日程は、ポイント付与率がアップする「ポイント倍デー」。多くの店舗では「毎月5の倍数の日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)」に「ポイント5倍」という設定をしていますが、店舗によって日程や倍率が異なるケースもあるので、公式サイトのカレンダーで事前にチェックしておくと安心です。

お得ワザ2:共通ポイントも貯められるが、独自のココカラポイントのほうが効率的

なお「ポイント倍デー」の対象となるのはココカラポイントのみで、dポイントと楽天ポイントは対象外。「楽天ポイントとdポイントは通常時のポイント還元率が低いうえ、ポイント倍デーの対象外となっています。そのため、ココカラファインでは素直にココカラポイントを貯めるのがおすすめです」(ハイジ博士)。

多くの店舗では、5の倍数の日をポイント5倍デーに設定

多くの店舗では、5の倍数の日をポイント5倍デーに設定

お得ワザ3:毎月15日には5%オフの「アクティブシニア割」

60歳以上の方限定で、毎月15日に全品5%オフとなる「アクティブシニア割」も実施しています。レジで年齢確認できる身分証を提示するだけでOK。ポイント会員以外でも利用できます。また、ココカラファインの公式アプリやLINEお友達登録をすると「割引除外品を除く全品10%オフ」「特定商品が100円オフ」などのクーポンが配信されます。クーポンは買い物後にもらうレシートに印刷されていることもあるので、捨てる前に確認しましょう。

【4】ツルハドラッグ

ツルハドラッグは本社のある北海道のほか、東北・関東を中心に展開しています。独自ポイントの「ツルハポイント」と「楽天ポイント」を二重に獲得できます。ツルハポイントは200円or100円(税別、商品により異なる)につき1ポイント、楽天ポイントは200円(税別)につき1ポイント付与され、ポイント還元率は1〜1.5%です。ツルハポイント、楽天ポイントいずれも「1P=1円」として買い物に利用できます。

お得ワザ1:毎月1日、10日、20日は「ツルハお客様感謝デー」で5%オフ

ツルハドラッグでの狙い目は毎月1日、10日、20日。この3日間は「ツルハお客様感謝デー」が開催され、ツルハポイントカードを提示すると利用金額が5%オフになります(化粧品など一部対象外の商品あり)。「この日に楽天カードとツルハポイントカードを両方提示して買い物をすると、5%オフと1%還元(ツルハポイント0.5%+楽天ポイント0.5%)という2つの特典を利用できるので、計画を立ててまとめ買いするとよいでしょう」(ハイジ博士)

お得ワザ2:年間買物額に応じて還元率が最大3倍にアップ

ツルハポイントには会員ランクが設けられており、年間利用額に応じてアップします。年間10万円以上利用すると翌年のポイント還元率が2倍になる「ゴールド会員」(100円or200円利用で2ポイント)に、年間20万円利用すると翌年のポイントが3倍になる「プラチナ会員」(100円or200円で3ポイント)にランクアップします。ポイントアップは条件達成の翌日から適用されるので、効率よく貯めることができます。

お得ワザ3:公式アプリ・LINEお友達登録でクーポンを配信

ツルハドラッグの公式アプリやLINEのお友達登録をすることで、割引クーポンがもらえます。「1000円以上購入で10%オフ」「対象商品○円引き」「購入金額より5%オフ」など内容はさまざまなので、こまめにチェックしましょう。

【5】サンドラッグ

サンドラッグは、北海道から沖縄まで全国44都道府県に展開しているチェーン。独自の「サンドラッグポイント」と「楽天ポイント」を二重に獲得することができます。サンドラッグポイントは100円(税別)利用で1ポイント、楽天ポイントは200円(税別)利用で1ポイント付与され、合計1.5%還元に。両ポイントともに「1P=1円」で支払いに利用できます。

お得ワザ1:「サンドラッグクレジットポイントカード」で3%還元に

年会費無料の「サンドラッグクレジットポイントカード」を使ってサンドラッグで買い物をすると、ポイント還元率が2倍にアップし、2%還元となります。さらに、ジャックスカードの「ラブリィポイント」が0.5%、楽天ポイントが0.5%貯まり、合計3%還元となります。サンドラッグによく行くなら、「サンドラッグクレジットポイントカード」の作成を検討してもよいでしょう。

お得ワザ2:公式アプリやLINEなどで割引クーポンを配信

サンドラッグの公式アプリなどでは、「好きな商品1点15%オフ」「特定商品が○円引き」などのクーポンが随時配信されています。また、LINEクーポンや各種クーポンサイトでもクーポンを配信しています。「似た内容のクーポンがさまざまなクーポンサイトから配布されているので、どれかひとつでも登録していれば活用できることが多いでしょう」(ハイジ博士)。

お得ワザ3:定期的に「ポイント3倍デー」が開催

サンドラッグでは「ポイント3倍デー」が随時開催されています(対象のポイントはサンドラッグポイントのみ)。日程は店舗によって異なりますが、筆者の近隣店舗では「ポイント3倍デー」は毎週土曜と日曜日。また店舗によっては、年に数回ほど「ポイント5倍デー」が開催されることがあるので、公式アプリやチラシなどで確認しましょう。

【6】スギ薬局

お得ワザ1:貯めたポイントは店舗の指定商品やサイトの商品と交換可能

愛知県で創業されたスギ薬局は調剤薬局併設型のドラッグストアを中心に、中部・関東・関西地方に展開しています。貯まるポイントは自社ポイントの「スギポイント」のみで、100円(税込)利用で1ポイントが加算されます。スギポイントの難点は、ポイントを支払いに充当できないこと。店内にある「ポイント交換可能」の表示カードがある商品か、「スギポイント交換サイト」に掲載されている商品とのみ交換可能です。

スギポイント交換サイトには、食品や雑貨、美容家電などの商品が掲載されています(画像は公式サイトより)

スギポイント交換サイトには、食品や雑貨、美容家電などの商品が掲載されています(画像は公式サイトより)

お得ワザ2:公式アプリで毎月第2・4火曜にクーポンが配信

スギ薬局の公式アプリでは、毎月第2・4火曜に「スギともの日クーポン」が配信されています。「最近は『購入金額から8%オフ』のクーポンが届くことが多いようです。また、レシートやチラシなどに『1品15%オフ』のクーポンが付いていることもあるので、こちらも要チェック。アプリ配信のクーポンとレシートのクーポンは併用できるので、一番高額なものに15%オフのクーポンを適用させつつ、全体の支払いには8%オフのクーポンを使う方法がお得です」(ハイジ博士)。

お得ワザ3:不定期で「ポイント○倍デー」が開催

店舗では、ポイント2倍デーやポイント5倍デーが開催されています。開催は不定期で、店舗によってさまざま。折り込みチラシや公式ホームページ、公式アプリなどで確認しましょう。

【7】クリエイトSD

クリエイトSDは、神奈川県を中心とした関東や東海地方に郊外型店舗を展開しています。貯まるポイントは独自ポイントのみで、共通ポイントには対応していません。レジでポイントカードまたは公式アプリを提示すると、100円(税別)ごとに1ポイントが貯まります。貯めたポイントは、400ポイント=400円分として買い物に使えるほか、ポイント数に応じてカタログ掲載の商品と交換することもできます。

お得ワザ1:毎月5の倍数の日は「ポイント2倍デー」だが、多くの店舗で休止中

毎月5、10、15、20、25、30日の「ポイント2倍デー」には、100円ごとに2ポイントとなります。ただし現在、多くの店舗では新型コロナウイルスの影響で「ポイント2倍デー」を休止しているため、利用の際は確認しておくとよいでしょう。

お得ワザ2:公式サイトで注文&店舗受け取りで、いつでもポイント2倍

クリエイトSDで効率的にポイントを貯められそうなのが、同社のネットショップの利用。ネットショップから注文した商品を店舗受け取りにすると送料無料(自宅配送の場合は有料)、かつ常時100円で2ポイントと還元率が2倍にアップします。ネットショップには医薬品にかぎらず食品や日用品も用意されているほか、アウトレット商品などの店舗にはない掘り出し物に出会えることも。お店に足を運ぶ時間が減り、時間の節約のもつながります。ただし、ネットショップでの買い物の際、ポイント利用はできません。

クリエイトSDのネットショップには、アウトレット商品も掲載(画像は公式サイトより)

クリエイトSDのネットショップには、アウトレット商品も掲載(画像は公式サイトより)

お得ワザ3:公式アプリで割引クーポンを配信

公式アプリで会員登録をすると、「1品20%割引」「特定商品が○円オフ」などのクーポンが配信されます。買い物前に逃さずチェックしましょう。

まとめ

紹介した7つの大手ドラッグストアチェーンのポイント制度や割引特典について、下記の表にまとめました。

ポイント制度や特典内容などはチェーンごとにさまざま。貯めるポイントを分散させないという意味では、利用するチェーンはある程度絞るのが得策です。そのうえで、チェーンごとに大きな還元を受けられる日(ウエルシアであれば毎月20日、ココカラファインであれば5の倍数の日)にまとめて買い物をすると、節約につなげられそうです。

また、「独自ポイントと共通ポイントに対応している店舗では確実に両取りする」「公式アプリやレシート付帯のクーポンを活用する」なども、「ポイ活」の際には重要と言えるでしょう。加えて、ドラッグストアチェーンを縦断したキャンペーンが開催されこともあるので、こちらも要チェック。過去には、PayPayとd払いでそれぞれ最大30%還元の大型キャンペーンが話題を集めました。

ドラッグストアの市場規模は拡大を続け、2020年度は8兆円を突破、コンビニ(10兆6000億円)やスーパー(12兆8000億円)市場との差を縮めており、私たちの生活にますます身近な存在となっています。さらには、利益率の高い医薬品や化粧品で一定の利益を確保できるため、食料・日用品の価格は、コンビニはもちろん、スーパーと比べても割安となっているケースも少なくないようです。すなわち、ドラッグストアは節約をしながらポイントも貯められる「ポイ活」の穴場。私たち消費者からすると、自分にぴったりなドラッグストアチェーンを見つけてうまく活用していけば、節約や家計の改善にもつなげられそうです。

渡辺裕希子

渡辺裕希子

編集者兼マイラー。JAL、ANAはもちろん、海外航空会社のマイレージにも詳しく、仕事の合間を縫って旅を楽しむ。ポイント、マイルの交換などカードの裏技にも精通。

ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る