DSDS対応で大人気となったスマホの後継機が登場!

DSDS対応スマホの本命になるか? 高機能のSIMフリースマホ「Moto G5 Plus」を試す

このエントリーをはてなブックマークに追加

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、価格.com上で大人気となったSIMフリースマートフォン「Moto G4 Plus」の後継機「Moto G5 Plus」を2017年3月31に発売した。「Moto G5 Plus」は、前モデル同様、「デュアルSIMデュアルスタンバイ」(DSDS)に対応しているほか、CPUが「Snapdragon 617」から「Snapdragon 625」へ、メモリー(RAM)が3GBから4GBへ強化されている。さらには、サムスンのハイエンドスマートフォン「Galaxy S7 edge」に採用されている「デュアルピクセル・オートフォーカス」や、F1.4の明るいレンズを搭載したカメラ、15分の充電で約6時間動作する「ターボパワー充電」、指紋認証にキー操作を割り当てられるジェスチャー機能など、ハイエンドモデル並みの魅力的な機能を搭載。しかも価格は35,800円(税別)に抑えられているのもポイントだ。2017年春商戦のDSDS対応スマートフォンで注目の的になりそうな「Moto G5 Plus」の使い勝手を試してみた。

価格.comで人気を博した「Moto G4 Plus」の後継機「Moto G5 Plus」

価格.comで人気を博した「Moto G4 Plus」の後継機「Moto G5 Plus」

アルミニウムの金属ボディで高級感アップ

まずは本体から見ていきたい。「Moto G5 Plus」の本体サイズは、74.0(幅)×150.2(高さ)×7.7(厚さ)mmで重量は155g。前モデルの「Moto G4 Plus」は本体に樹脂素材を使っていたが、「Moto G4 Plus」はアルミニウムの金属ボディを採用しており、高級感が増している。

本体サイズは前モデルより若干サイズダウンしており、丸みのある本体はしっかりと手のひらにフィットする

本体サイズは前モデルより若干サイズダウンしており、丸みのある本体はしっかりと手のひらにフィットする

本体背面はサラサラとした手触りで、多少滑りやすくなっている。しかし、アルミ素材を採用することで全体的な高級感は前モデルよりもアップ。また、防水性能は備えていないものの、本体表面にはナノコーティングが施されており、多少の水滴程度ならはじいてくれる

本体側面は曲面が多用されており、手でホールドしやすい

本体側面は曲面が多用されており、手でホールドしやすい

ディスプレイは「Moto G4 Plus」の5.5インチから少しだけサイズダウンした5.2インチのフルHD(1080×1920)。Android 7.0のマルチウィンドウ機能を使うには小さいかもしれないが、Webブラウジングや写真の閲覧には十分なサイズだ。なお、ディスプレイの表面ガラスには米コーニング社の耐衝撃性に定評がある「Gorilla Glass 3」を採用している

ディスプレイの下には指紋認証センサーを搭載。指紋を登録しておけば、一瞬で端末のロックを解除できるのは便利だ。指紋認証センサーの反応は上々で、指紋を読み取れないということは試用中に一度も起きなかった

天面にはnanoSIMカード/microSDメモリーカードスロットを備える

天面にはnanoSIMカード/microSDメモリーカードスロットを備える

カードスロットにはnanoSIMカード×2とmicroSDカードを同時に挿しこむことが可能で、排他使用にはならない

カードスロットにはnanoSIMカード×2とmicroSDカードを同時に挿しこむことが可能で、排他使用にはならない

底面にはイヤホンジャックとmicro USBポートがある。昨今のスマートフォンで採用が進んでいるUSB Type-Cではないのが、やや気になるところ。USB Type-Cに慣れていると、上下左右の区別があるmicro USBはフラストレーションがたまるかもしれない

右側面には音量調節ボタンと電源ボタンが並んでいる。本体に搭載されている物理ボタンはこの2つだけ

右側面には音量調節ボタンと電源ボタンが並んでいる。本体に搭載されている物理ボタンはこの2つだけ

背面にはメインカメラを搭載し、モトローラのロゴが付いている。カメラ部分が出っ張っているため、背面を下にして置くと隙間が空いてしまうが、出っ張っているカメラ部分の面積が広いため、グラグラと不安定になるということはない

ミドルクラスのスマホとして申し分ないスペック

本体をじっくりと見たところで、いよいよ「Moto G5 Plus」の中身に迫ってみた。「Moto G5 Plus」のCPUは「Snapdragon 625」(オクタコア、2.0GHz)。これは「Moto G4 Plus」に採用されていた「Snapdragon 617」の後継となるCPUで、ASUSの「ZenFone 3」やファーウェイの「HUAWEI nova」にも採用されている。メモリーは4GBで、3GBだった前モデルからパワーアップ。ストレージは32GBで、最大128GBのmicroSDメモリーカードに対応している。

気になる実際のパフォーマンスはどうなっているのか確かめるべく、ベンチマークテストアプリ「Antutu Benchmark」「Geekbench 4」「3DMark」で測定してみた。Antutu Benchmarkのスコアは「63833」で、「Snapdragon 625」を搭載しているスマートフォンの中では比較的高いスコアを記録。4GBの大容量メモリーが高いスコアにつながっているのかもしれない

Geekbench 4のスコアはシングルコアが「800」でマルチコアが「3800」という結果だった。シングルコアのスコアは低いが、マルチコアではサムスンのハイエンドモデル「Galaxy S7 edge」と同等のスコアをたたき出した

GPUの性能を計測する3DMarkのスコアは「463」。同スコア帯にランキングされている機種にはファーウェイの「Huawei Nova Plus」などがある

実際に「スーパーマリオラン」を試したところ、カクついたり遅延が発生したりといった問題もなくプレイできた

しかし、高い処理能力が求められる「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」(以下、デレステ)をプレイしてみると、「3D標準」ではタップの遅延やノートを取得しないなどの問題が見られた。「Moto G5 Plus」で「デレステ」をプレイするのであれば、「2D標準」を選ぶのが無難と言えそうだ。また、ゲームのプレイ時には背面上部が温かくなったが、熱くて持っていられないというレベルではなかった

搭載されているOSは「Android 7.0」。標準アプリ以外では「Moto Actions」というアプリがプリインストールされているくらいで、ほとんど素の状態といえる

ハイエンドスマートフォンにも劣らないカメラ機能

続いてはカメラ機能をチェックしていこう。メインカメラは1200万画素で、「Moto G4 Plus」の1600万画素から画素数自体は少なくなっているが、逆に、画素あたりの光量は増えている。また、「Galaxy S7 edge」で採用されているデュアルピクセル・オートフォーカスを導入し、高速でピントを合わせられるオートフォーカスが搭載された。さらに、F値1.7のレンズを採用し、暗いところでの撮影にも向いている。

フルオートで何枚か写真を撮影してみた。少し暗い室内でも狙ったところに高速でピントを合わせてくれる

フルオートで何枚か写真を撮影してみた。少し暗い室内でも狙ったところに高速でピントを合わせてくれる

花の紫色と葉の緑色がくっきりと出ていて、発色も良好だ

花の紫色と葉の緑色がくっきりと出ていて、発色も良好だ

カメラを構えるのとほぼ同時にピントが合うので、後はシャッターボタンを押すだけという手軽さでパシャパシャ撮影することができる

F値1.7のレンズは暗い場所でも難なく撮影できる。暗所で撮影しても目立つようなノイズは出なかった

F値1.7のレンズは暗い場所でも難なく撮影できる。暗所で撮影しても目立つようなノイズは出なかった

撮影はフルオート以外にマニュアル撮影可能な「プロフェッショナルモード」を搭載。マニュアルフォーカス・ホワイトバランス・シャッタースピード・ISO感度・露出を設定可能だ

フロントカメラは前面の右上部分に搭載されている。F値2.2の広角85°のレンズを採用しており、自撮りにも最適と言えそうだ

カメラと一緒に紹介したいのが動画撮影機能。撮影モードは480p(30fps)、720p(30fps)、フルHD1080p(30/60fps)、そして4K Ultra HD(30fps)まで用意はされている。以下のムービーは4K Ultra HD(30fps)で撮影したもの。光学式手ぶれ補正に対応していないが、ビデオ手ぶれ補正(電子式)に対応している。

3G・4Gのデュアルスタンバイ。大手キャリアとMVNOのSIM2枚挿しOK

「Moto G5 Plus」は前モデルと同じくDSDSに対応している。対応バンドは4G LTEが「1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41」となっており、ドコモの場合、プラチナバンドの「バンド19」や3Gの2.1GHz帯「バンド1」に対応し、音声通話やデータ通信を問題なく行える。ソフトバンクやワイモバイルに関しても、3Gおよび4G LTEの主要バンドである「バンド1」と「バンド8」に対応している。

しかし、auの場合は3Gで使用されている「CDMA2000」や4G LTEプラチナバンドの「バンド18/26」、VoLTEに対応しておらず、auのSIMを使うのは現実的ではなさそう。「Moto G5 Plus」をauもしくはau回線で利用したい人は注意が必要だ。

DSDSに対応しており、いっぽうに大手通信キャリアが提供する通話用のSIMカードを、もういっぽうにデータ通信用のMVNOのSIMカードを挿すなどして同時に使用できる。また、2枚のSIMカードを使った場合にも、別途microSDカードを利用できる。

ソフトキーを排除する「ワンボタンナビ」は思った以上に便利

本体前面の下部に搭載されている指紋認証センサーは、ジェスチャー操作が可能になる「ワンボタンナビ」に対応している。「ワンボタンナビ」をオンにすれば、ディスプレイ下部に表示されている「戻る」「ホーム」「アプリ履歴」の3つのソフトキーが非表示になり、ディスプレイを大きく使えるというメリットがある。もともとあった3つのソフトキーの操作を指紋認証のジェスチャーに割り当てるというものだが、使ってみると意外に便利だった。

「ワンボタンナビ」はプリインストールされているアプリ「Moto Actions」から設定可能

「ワンボタンナビ」はプリインストールされているアプリ「Moto Actions」から設定可能

「ワンボタンナビ」をオンにすると、画面上から「戻る」「ホーム」「アプリ履歴」の3つが削除され、同ソフトキーは指紋認証センサーに操作が割り当てられる。「戻る」は「(指紋認証センサーを)右から左にスワイプ」、「ホーム」は「タップ」、「アプリ履歴」は「左から右にスワイプ」といった具合だ。慣れてしまうと端末を爆速で操作できるようになり、ソフトキーにはもう戻れないレベルの便利さだと感じた

バッテリー容量は3000mAhで、1日程度なら充電しなくても十分乗り切れる。また、同梱されているACアダプターを使えば、15分の充電で約6時間動作する「ターボパワー充電」も使える。

「ターボパワー充電」の使用中は画面中央部に「Turbo Power 接続済み」と表示される。常にACアダプターを持ち歩く必要が出てくるが、外出先でバッテリーが切れそうなときに15分の充電で6時間も動作してくれるのはありがたい機能

「Moto G5 Plus」はDSDS対応スマホの本命になれるのか?

「Moto G5 Plus」のライバル機となるのは同じ価格帯で「Snapdragon 625」を搭載しているASUSの「ZenFone 3」と、ファーウェイの「HUAWEI nova」になるだろう。しかし、スペック上ではメモリーが4GBの「Moto G5 Plus」に軍配が上がりそうだ。また、「Moto G5 Plus」はnanoSIM2枚とmicroSDカードを同時に使うことができるが、「ZenFone 3」と「HUAWEI nova」は2つあるSIMカードスロットのうち1つがmicroSDカードスロットも兼ねているため、SIM2枚とmicroSDカードの同時使いができなくなっている。価格.comにおける「Moto G5 Plus」の最安価格は38,308円(税込)となっていて、39,199円(税込)の「ZenFone 3」よりも若干安く、スペックが高い分コストパフォーマンスも高いと言えるだろう。「HUAWEI nova」は価格.comにおける最安価格が36,601円で、「Moto G5 Plus」よりもさらに安いが、スペックを考えると値段の差は妥当だと感じる。

いっぽうで、「ZenFone 3」はauのVoLTEに対応(「HUAWEI nova」は対応予定)しており、auおよびau回線での使用が可能だが、前述のとおり「Moto G5 Plus」では使用できない。auおよびau回線を使用できるDSDS対応スマートフォンを探しているユーザーは、「Moto G5 Plus」は避けたほうがいいだろう。

「Moto G5 Plus」は国内メーカー製のSIMフリースマートフォンに搭載されている防水・防塵機能やおサイフケータイといった機能に対応していないが、それを補うスペックやカメラ機能を持ち合わせている。「Moto G5 Plus」が2017年春商戦のDSDS対応スマートフォンの本命とまでは言わないが、注目を集めることは間違いなさそうだ。DSDS対応スマートフォンの購入を考えているユーザーにとって、有力な選択肢のひとつに入るだろう。なお、「Moto G5 Plus」のコンパクトモデル「Moto G5」も3月31日に発売されており、価格.comにおける最安価格は24,395円となっている。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.5.29 更新
ページトップへ戻る