いいモノ調査隊
数年後には、たぶんもっと普及しているはず…

大事なモノの場所がスマホでわかる「スマートタグ」を試してみた

なくしたくないアイテムに付けたい「スマートタグ」

スマートタグとは、スマホなどとBluetoothでつながり、さまざまな情報をやりとりするものです。
もっと具体的に“できること”をいうなら、貴重品に付けておいてそれをなくしたとき、スマホで探すことができる。もしくは盗難などで一定の距離よりも離れたときにスマホへ通知が入る。つまり、財布やカギなど、なくしたくないアイテムにぜひ付けておきたいのが、スマートタグなのです。

現在、各社からさまざまなデザインのスマートタグが発売されていますが、その中で筆者が選んだのは「Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)」です。

今回はライトブルーを選びました

今回はライトブルーを選びました

こちらがスマートタグ本体です。100円玉と比べると、その小ささがわかるかと思います

こちらがスマートタグ本体です。100円玉と比べると、その小ささがわかるかと思います

ボタン電池を使用。裏蓋の中に入れます。ネジはクレジットカードなどの端でも回せるタイプです

ボタン電池を使用。裏蓋の中に入れます。ネジはクレジットカードなどの端でも回せるタイプです

リボンの部分は取り外しが可能。輪に何かを通してもいいし、もっと長いヒモに取り替えることもできます

リボンの部分は取り外しが可能。輪に何かを通してもいいし、もっと長いヒモに取り替えることもできます

スマホにアプリを入れてスマートタグとつなげる

小さなアイテムですが、いろんなギミックが入ってますね。
それに、どんな物にでもくっつけやすいデザインだと思います。カラーリングもブラック、ネイビー、ライムイエロー、ライトブルー、ベビーピンクが用意されていますので、お好みが見つかるでしょう。

さて、続いてスマホ側の準備をしていきます。

Qrio Smart Tagのアプリをストアからダウンロード。iOSとAndroid向けがあります

Qrio Smart Tagのアプリをストアからダウンロード。iOSとAndroid向けがあります

アプリを立ち上げたら、Qrioに電池を入れて同期。名称や写真を設定できます。複数のQrio Smart Tagも登録可能

アプリ操作でタグからアラーム音を鳴らせます

スマホアプリで操作すると、Qrioからアラーム音を鳴らすこともできます

スマホアプリで操作すると、Qrioからアラーム音を鳴らすこともできます

タグが自分から遠く離れると、このようにスマホへ通知が入ります

タグが自分から遠く離れると、このようにスマホへ通知が入ります

タグが自分から遠く離れると、このようにスマホへ通知が入ります

タグが自分から遠く離れると、このようにスマホへ通知が入ります

試しに10m程度離れても問題なくつながっていました

試しに10m程度離れても問題なくつながっていました

と、このようにスマートタグの状況がスマホで確認できるのが特徴のひとつです。
たとえば、部屋の中でカギをなくしたとき、スマホを操作してタグから音を鳴らせばすぐに見つかる、というわけです。これとは逆に、スマホをなくした場合もスマートタグと通信さえできていれば、タグに付いているボタンを押してスマホから音を鳴らすことができるそうです。

もしなくしても、タグのあった場所をスマホが記憶!

スマホアプリでは、タグとの通信が切れたり入ったりしたとき、タグのあった場所を記憶、保存してくれます。住所やマップも表示されるので、もしも大切な物をなくしてしばらく気付かなかったとしても、なくした場所はだいたい把握できる、というわけです。

その他、スマートタグのスイッチはカメラアプリと連動して、シャッターボタンにもなります。離れた場所にスマホを置いて、自分も入った集合写真を撮る、なんてときに威力を発揮しますね。旅行中に活躍しそうなスマートタグにはピッタリな機能だと思います。

このスマートタグ技術、現在はこのようにアクセサリーとして販売されていますが、ゆくゆくはカギや財布、カバンなどのなくしたくない物には標準で内蔵されるんじゃないかな、なんて想像してしまいます。スマホがこれだけ生活の中に溶け込んでいますので、それと連動する物も多くの人が利用できますし。とにかく、なくしたらヤバい物をがっちり管理できる安心感がすばらしい。

筆者も、旅先で使い慣れないカバンの中でよく財布が見つからずに焦ったりして…。「タグとの通信が切れてないからここにあるはず」と思えるので、心労は大幅に減りそうです。

というわけで、忘れ物の多い方、旅行で忘れ物をしたくない方はぜひ試してみてください。

かややん

かややん

1972年、神奈川県横須賀市生まれ。任天堂ハード系専門誌「NintendoDREAM」でいろいろやってます。好きな物は任天堂と1980〜90年代のパソコン、パソコンゲーム、アーケードゲーム。Mac大好き。あとプログレッシヴロックと少女まんが。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る