179,500円(税別)で1000台限定

「ThinkPad 700C」から25年! クラシックな7列キーボード搭載の記念モデル「ThinkPad 25」

このエントリーをはてなブックマークに追加

CPUのクロック周波数が25MHz、メモリーは16MB、HDDは120MB。25年前にIBMが発売した「ThinkPad 700C」のスペックだ。ThinkPadが誕生した1992年は、バルセロナ五輪、東海道新幹線のぞみが開通した年である。そんなThinkPadの誕生25周年を記念したモデル「ThinkPad 25」が10月20日に発売される(10月6日より予約受付開始)。日本では1000台限定で、直販価格は179,500円(税別)。

14型の液晶ディスプレイを搭載するThinkPad 25。7列配列のキーボードや3色のロゴをあしらったクラシックな見た目だが、中身は最新のスペック

7列キーボード、3色のThinkPadロゴ

ThinkPad 25は、14型のディスプレイを搭載する「ThinkPad T470」をベースにした特別モデル。ThinkPadファンから復活を希望する声の多い7列配列のキーボードを採用し、ThinkPadのロゴは赤、緑、青の3色のものがあしらわれている。3種類のトラックポイント用キャップやブックレット、ThinkPadの生みの親である内藤在正氏による感謝状、東レのウルトラスウェードを使ったソフトインナーケース(日本のみ)などが付属する。

2012年ごろまで採用していた7列配列のキーボードを搭載する

2012年ごろまで採用していた7列配列のキーボードを搭載する

キーボードの左上には「Anniversary Edition25」という文字が印刷されている

キーボードの左上には「Anniversary Edition25」という文字が印刷されている

ThinkPadのロゴは昔の3色バージョン

ThinkPadのロゴはIBMの昔のロゴを思わせる3色バージョン

日本限定でソフトインナーケースが付属する。ちなみに、ThinkPad 25でローカライズしているのは日本だけだという

ディスプレイは1920×1080の14型IPS液晶(10点マルチタッチ対応)。CPUには「Core i7-7500U」(2.70GHz)、メモリーが16GB、ストレージが512GBのSSD。グラフィックにNVIDIAの「GeForce 940MX(2GB)」を搭載しており、ゲームや動画編集なども快適にこなせる高性能な仕様だ。

このほか、Windows 10の生態認証機能「Windows Hello」対応の指紋センサーと顔認証カメラを備える。本体サイズは約336.6(幅)×232.5(奥行)×19.95(高さ)mm、重量は約1.69kg。バッテリー駆動時間は約6.5時間(JEITA2.0)。

バッテリーの交換が可能

バッテリーの交換が可能

ThinkPadの歴史

最後に少しだけThinkPadの歴史を振り返ってみたい。

ThinkPad 700Cを発売した1992年から1999年までは、ユーザーのフィードバックをもとに試行錯誤を繰り返し、多くの業界初となる製品を多数発表した。1994年にはCD-ROMを内蔵した「ThinkPad 755」、1995年には画期的なバタフライキーボードを搭載した「ThinkPad 701C」、1997年にはDVD-ROMを内蔵した「ThinkPad 770」などを発売。着脱式のウルトラベースは1999年の「ThinkPad 570」で初めて登場し、その後も形を変えてThinkPadの周辺機器として今でも販売されている。

2000年から2004年には、新しいラインアップとしてA/T/X/Rシリーズを投入。この時期には、操作方法の統一、オプションの共通化が行われた。2000年には販売台数が1000万台、2003年には2000万台を突破。2005年にパソコン事業がIBMからレノボに移管され、新しいスタートを切る。2009年にはデュアルスクリーンのモバイルワークステーション「ThinkPad W700ds」を、2010年にはより幅広いユーザーの獲得を狙った安価な「ThinkPad Edge」シリーズを投入。

2012年にはタッチ操作を取り入れた「Windows 8」の登場をきっかけに、IT機器の多様化が進む。これに合わせて、コンバーチブル型の「ThinkPad Helix」など、新しいフォームファクターのモデルを投入。2015年には全世界の販売台数が1億台を突破した。

なお、10月5日に神奈川県・横浜市で行われたThinkPad 25のお披露目会には、世界中から150人ほどのメディアや関係者が集まり、25周年を祝った。

記念すべきThinkPad第1号のThinkPad 700C

記念すべきThinkPad第1号のThinkPad 700C

横浜で開かれたお披露目会には、ThinkPadのデザインを担当するデビット・ヒル氏(左から2番目)、”ThinkPadの父”とも呼ばれる内藤在正氏(右から2番目)が登場した

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.20 更新
ページトップへ戻る