新製品レポート
月額3,980円から50GBのプランを利用可能

ソフトバンクが新しい学割キャンペーン「学割先生」などを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクは、2018年1月15日、春商戦に向けた新サービスおよび、新端末の発表会を実施。新しい学割「学割先生」や、キッズスマホ「キッズフォン」などを発表した。それらの概要を速報で解説しよう。

※本記事中の価格は税別で統一しています。

「学割先生」のテレビCMは、写真左から、志尊淳さん、生瀬勝久さん、竹内涼真さん、壇蜜さん、そして白戸家のお父さんというメンバーによって行われる

月間50GBの「ウルトラギガモンスター」を1年間月額3,980円から利用可能

2018年のソフトバンクの学割キャンペーンは「学割先生」という名称で展開される。月間50GBの大容量通信に対応するデータ通信プラン「ウルトラギガモンスター」に加入した場合に、通信料割引特典として毎月1,020円の割引が受けられるほか、「学割先生」に加入したユーザーの家族が新規またはMNPでウルトラギガモンスターに加入した場合、さらに、家族新規特典として、月額1,000円の割引を受けられる。

これにより月間50GBのデータ容量を、1年間月額3,980円から利用可能となる。(スマ放題ライトとウルトラギガモンスターの合計である月額9,000円に、「おうち光セット(月額1,000円の割引)」と、「みんな家族割(月額2,000円の割引)」、「学割先生の通信料割引特典(月額1,020円の割引)」、「学割先生の家族新規特典(月額1,000円の割引)」を適用させた場合)。なお、「学割先生」は、25歳以下のユーザーのほかに、公立学校共済組合の組合員証もしくは私立学校教職員共済加入者証を所有している学校の先生もその対象に入っている。受付期間は、2018年1月17日〜5月31日だ。

また、ガラケーユーザーが初めてスマートフォンに乗り換えた場合、および新規契約する18歳以下のユーザーを対象にした既存の「スマホデビュー割」の対象端末として、新たに「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」が1月17日より追加される。これにより、次の機種変更まで月額1,980円からという料金で最新のiPhoneを持つことが可能となる(機種代金は別途必要。「スマ放題ライト(2年契約加入時)」、「データ定額ミニ 1GB」、「おうち割 光セット」の組み合わせの場合の料金)。

「学割先生」と、「おうち光セット」「みんな家族割」などを50GBの大容量通信が行える「ウルトラギガモンスター 50」と組み合わせることで、月額3,980円で利用できるようになる

スマホデビュー割の対象機種にiPhone 8およびiPhone 8 Plusが加わる。これにより月額1,980円からの低料金で、人気のiPhoneを使うことができる。

タッチパネル&カメラ付きのスマホライクなキッズケータイ
ZTE「キッズフォン」

キッズケータイの新モデルとして「キッズフォン」がラインアップに加わった。音声通話や、メール、ブザーといった基本的な性能を備えつつ、2.8インチのタッチパネル液晶を備えることで、スマートフォンのような操作性を実現した。また、キッズケータイでは珍しく、メインカメラとフロントカメラの2台のカメラを備えているのも特徴だ。

キッズケータイ「キッズフォン」は、約2.8インチのタッチパネル液晶を備え、スマートフォンのようなタッチ操作が行えるのが特徴

キッズケータイとしては珍しく、メインカメラ(約500万画素)と、フロントカメラ(約200万画素)の2台のカメラを搭載している。メインカメラはオートフォーカス機能も備えている

カラーバリエーションは、ブルー、ピンク、イエロー、3色。発売は、4月上旬以降を予定している

カラーバリエーションは、ブルー、ピンク、イエロー、3色。発売は、4月上旬以降を予定している

画面サイズ(解像度):約2.8インチ(240×320)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約57×100×15.3mm
重量:約110g(ストラップを含む)
CPU:非公開
RAM容量:非公開
ストレージ容量:4GB
増設用メモリーカードスロット:非搭載
OS:非公開
Wi-Fi:非搭載
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
メインカメラ:約500万画素
サブカメラ:約200万画素
バッテリー容量:1,200mAh
連続待ち受け時間:計測中
USBポート:microUSB

Androidスマートフォン向けのペアレンタルコントロールサービス
「ジュニアスマホ」

ソフトバンクは、Androidスマートフォンに子供向けの設定が行える新たなサービス「ジュニアスマホ」を、2月上旬より開始する。「ジュニアスマホ」をインストールしたスマートフォンでは、ソフトバンクの課金代行サービス「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できなくなり、有料コンテンツの購入に制限がかかるほか、フィルタリングサービス「あんしんフィルター」によって、保護者があらかじめ子どもの年齢に合わせた強度でフィルタリングをかけることができる。

なお、「ジュニアスマホ」が利用できるのは、現時点ではソニー「Xperia XZ1」と「Xperia XZs」、シャープ「AQUOS R compact」および「AQUOS R」と「AQUOS ea」、京セラ「DIGNO G」、HTC「U11」の各端末に限られるが、今後発売されるスマートフォンについても対象機主を拡大する予定だ。本サービスの利用に際する料金は無料だが、ソフトバンクの店舗での申し込みと、店員による設定が必要になる。

「ジュニアスマホ」を組み込んだスマートフォンの画面。Google PlayやYouTubeなど標準的なアプリはフィルタリングがかかった状態で利用可能

フィルタリング対象のコンテンツにアクセスした場合に、親の許可を得ることで一時的にアクセス可能になる機能も備えている

「ジュニアスマホ」の対象となるスマートフォンは、現状上本文中の7機種に限られる。なお、説明員の話によれば、「今後発売されるスマートフォンについても、ソニー、シャープ、京セラ、HTCの各メーカー製については、対応する可能性が高い」とのこと

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る