特別企画
3人家族なら、ひとりあたり月額1,980円から利用可能

NTTドコモが段階制パケットプラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を発表

NTTドコモは、2018年4月27日に、スマートフォン向け料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の新しいパケットプランとして、4段階の段階性プランである「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を発表した。その概要を解説しよう。

※本文中の料金は税別で統一。

決算説明会の中で、ユーザー還元のひとつとして、NTTドコモの吉澤社長から新しいパケットプランが発表された

注目の新パケットプランは5月25日よりスタート

今回発表された「カケホーダイ&パケあえる」用のパケットプランは、家族向けの「ベーシックシェアパック」と、個人用の「ベーシックパック」の2種類。いずれも使った分だけ料金が発生する4段階の定額制料金となっている。

「ベーシックシェアパック」は、初期料金の月額6,500円で5GBまで、2段階目の月額9,000円で10GBまで、3段階目の月額12,000円で15GBまで、4段階目の月額15,000円で30GBまでのデータ通信が行える。

「ベーシックパック」は、初期料金の月額2,900円で1GBまで、2段階目の月額4,000円で3GBまで、3段階目の月額5,000円で5GBまで、4段階目の月額7,000円で20GBまでのデータ通信が可能となっている。ベーシックパックは2台目プラスの契約にも対応している。

いずれの料金プランも、月額980円の基本料金プラン「シンプルプラン」や、特定の端末を選んで使い続けることで月額1,500円の割引が永続する「docomo with」、長期契約者向け特典である「ずっとドコモ割プラス」との併用が可能。それらを組み合わせた場合、「ベーシックシェアパック」では、ひとりあたり月額1,980円から、「ベーシックパック」の場合は月額2,480円からという月額料金に抑えることができる。

法人ユーザーについても「ビジネスベーシックシェアパック」を用意。いずれも2018年5月25日よりサービスを開始する。

なお、本プランの開始に伴い、既存の「シェアパック5/10/15」および「ビジネスシェアパック5/10/15」、「データSパック」「データMパック」は、2018年5月24日をもって新規の申し込みを終了する。

ベーシックシェアパックとベーシックパックの料金表。ずっとドコモ割プラスやドコモ光との組み合わせももちろん可能だ

ベーシックシェアパックは4段階のパケットプラン。30GB以降については128kbpsの通信制限か、追加のパケット購入を選ぶことになる

単身者向けのベーシックパックは、既存の料金体系との整合性を考えて3段階目の5GBの次が20GBとなっており、大きな段差がある

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る