新製品レポート
価格は高いが、それだけの価値はあるのか?

いよいよ明日発売! 実機で「iPhone XS/XS Max」を速攻チェック

アップルの新型スマートフォン「iPhone XS(アイフォーン・テン・エス)」「同 XS Max(テン・エス・マックス)」が2018年9月21日に発売される。発売の前に実機を入手できたので、ファーストインプレッションをお届けしたい。

左が5.8インチのiPhone XS、右が6.5インチのiPhone XS Max

左が5.8インチのiPhone XS、右が6.5インチのiPhone XS Max

iPhone史上最大の6.5インチ「XS Max」は意外と持ちやすい

9月12日(米国時間)に発表された新型iPhoneは、昨年発売された「iPhone X(アイフォーン・テン)」の後継機種であるiPhone XSと、その大画面モデルであるiPhone XS Max、そして液晶ディスプレイを採用した6.1インチの「iPhone XR(テン・アール)」の3モデル。21日に発売されるのはiPhone XS/XS Maxの2モデルで、iPhone XRは1か月後の10月に発売される予定だ。

それではiPhone XS/XS Maxを詳しく見ていきたい。iPhone XSは、iPhone Xと同じ5.8インチの有機ELディスプレイを搭載しており、本体サイズや重量はほとんど変わっていない。違うところを探してみると、より多くのLTEのバンドに対応するために本体下部にアンテナ用のパーツが組み込まれており、その影響でスピーカー(マイクかもしれないが)の穴の数が違っている。ちなみに、iPhone XS/XS Maxは29ものバンドに対応しているので、日本で購入したモデルを持って海外に出かけてもほとんどの国で使えるという。

iPhone XS

iPhone XS

純正ケースを装着。5.8インチという大きな画面サイズとコンパクトなボディを両立しているので、片手で使いたいという人はiPhone XSを選びたい

iPhone Xとの違いは底面部分。下のiPhone XSにはアンテナ用のパーツが組み込まれている

iPhone Xとの違いは底面部分。下のiPhone XSにはアンテナ用のパーツが組み込まれている

カメラ部分も異なり、純正ケースの流用はできない

カメラ部分も異なり、純正ケースの流用はできない

注目はiPhone史上最大の6.5インチの有機ELディスプレイを搭載するiPhone XS Maxだ。実際に手にすると、思っていたほど大きくは感じず、持ちやすかった。手にフィットする丸みのあるフォルムと、重量バランスのよさが関係しているのかもしれない。筆者は5.5インチの「iPhone 7 Plus」をメインに使っているのだが、iPhone XS Maxと大きさが近いのも少なからず影響しているだろう。大画面のPlusモデルを使っている人なら、このサイズ感にすぐに慣れるのではないだろうか。片手だけで操作できるかというと、手の大きさにもよるが、基本は両手か机の上に置いてとなるだろう。片手での操作性を重視したい人は、iPhone XSを選ぶとよさそうだ。

画面が大きいメリットは、ゲームや動画の迫力が増すというのは想像どおり。それ以外にも、表示できる情報量が増えるので、地図やWebページ、メッセージなども見やすくなる。文字サイズを大きくしても、ある程度の情報量が表示できるので、文字を大きくしたいというシニア層にもありがたいはず。

iPhone XS Max

iPhone XS Max

純正ケースを装着。片手で持ちやすいが、操作は両手になりそうだ

純正ケースを装着。片手で持ちやすいが、操作は両手になりそうだ

iPhone XSとiPhone XS Max。並べてみると、5.8インチも大きいのだが、6.5インチの大きさが目立つ

iPhone XSとiPhone XS Max。並べてみると、5.8インチも大きいのだが、6.5インチの大きさが目立つ

左がiPhone XS Max、右がiPhone 7 Plus。サイズ感はほぼ変わらない(厚さはiPhone 7 Plusのほうが薄い)ので、Plus系の大画面モデルを使っている人なら違和感なく移行できそうだ

そのほか、外観では、ひっかき傷や画面割れに強くなった耐久性の高いガラスを採用。スマートフォン史上最強といううたい文句で、フィルムを貼らずに使うという人にはありがたい強化だ。今回は新色のゴールドを試用しているが、大人なカラーリングで女性に人気が出でるのではないだろうか。フレームのステンレススチールは、宝飾品のような輝き。

女性スタッフから好評だった新色のゴールドモデル

女性スタッフから好評だった新色のゴールドモデル

「A12 Bionic」のすごさをカメラで体感

iPhone XS/XS Maxは、業界初という7nmの製造プロセスを採用した「A12 Bionic」を搭載。69億個ものトランジスタを搭載したパワフルなチップだ。CPUは2つの性能コアと4つの効率コアからなり、前世代の「A11 Bionic」と比較すると、性能コアは15%高速になり、効率コアは最大50%少ない消費電力を実現している。ゲームや動画編集などでパワーを発揮するGPUも50%高速化しているという。そして、リアルタイムの機械学習を担当する「ニューラルエンジン」は、1秒間に5兆の演算処理が可能になった。A11 Bionicでは6000億だったので、最大9倍高速化している。数値だけみるとすごい進化だ。

このA12 Bionicのパワーを生かしているのが、ARやゲーム、カメラの「スマートHDR」や「ポートレートモード」、顔認証の「Face ID」、「ミー文字」など日常的な部分から、エンタメ部分、カメラなど多岐にわたる。Face IDは認識スピードがアップし、ARはよりリッチな体験を味わえるようになった。

わかりやすいところは、やはりカメラの部分で、逆光などカメラで撮影するのがは難しいシーンも、スマートHDRによって忠実に切り取れる。ポートレートモードでは撮影後にF値を変更し、ボケの表現を楽しめるようになった。ボケに関しては、有名レンズのボケ具合を機械学習して再現しているという。このほか、光学系も強化されており、暗い場所でも破綻のない写真を撮影できるので、夜中のスナップがますますはかどるようになった。

発表会では、バスケットボールの1on1をリアルタイムで解析し、シュートの成功率やシュートの軌道を測定するARアプリが紹介されたが、A12 Bionicのパワーや特性を生かしたアプリが続々登場することに期待したい。

ポートレートモードで撮影した写真。背景とのセパレートが自然となり、ボケも滑らか

ポートレートモードで撮影した写真。背景とのセパレートが自然となり、ボケも滑らか

撮影後にもF値を調整し、ボケ表現をコントロールできる

撮影後にもF値を調整し、ボケ表現をコントロールできる

iPhoneのカメラは暗所に強いというのがウリだが、iPhone XS/XS Maxはさらに暗い場所できれいな写真を撮影できるようになった。何げなく撮った1枚だが、コンクリートの質感もしっかり再現されており、暗いところも明るいところも破綻していない

こちらもコンクリートや手すりの金属部分の質感が、見た目通り忠実に再現されている

こちらもコンクリートや手すりの金属部分の質感が、見た目通り忠実に再現されている

ライトアップされた東京都庁を下から撮影。上の階の小さな窓までクリアに映し出されている。ノイズはあるが、上手に処理されている

使いすぎ防止の「スクリーンタイム」など「iOS 12」にも注目

もちろん、iPhone XS/XS Maxに搭載される「iOS 12」にも注目だ。自分や家族がどのようなアプリをどれだけ使っているのかがわかる「スクリーンタイム」、おすすめのエフェクトを提案してくれる「写真」アプリの「For You」、繰り返し行う作業を「Siri」にお願いできる「Siriショートカット」など、多くの新機能が盛り込まれている。

スクリーンタイム。子どもの利用状況を把握するのにも使える

スクリーンタイム。子どもの利用状況を把握するのにも使える

ちょっと便利だと思ったのが、iPhoneの電池が切れても5時間はエクスプレスカードに設定したSuicaが使えるようになったこと。電池切れが心配で、SuicaをiPhoneに移行していないという人にとってはありがたい進化ではないだろうか。eSIMと物理SIMによるデュアルSIMも、キャリアの対応次第となるが、楽しみな機能だ。

まとめ

発表時から10万円を超える値付けが話題となっているが、確かに、「MacBook」も買えるほどの価格で、買い換えを躊躇する人は少なくないだろう。各モデルのアップルストアでの価格は以下のとおりだ。

○iPhone XS
・64GBモデル:112,800円(税別)
・256GBモデル:129,800円(税別)
・512GBモデル:152,800円(税別)

○iPhone XS Max
・64GBモデル:124,800円(税別)
・256GBモデル:141,800円(税別)
・512GBモデル:164,800円(税別)

iPhoneを取り扱う大手キャリアでは、行政の指導もあり、端末代と通信料金を分離させる動きが活発で、昔のように最新のモデルを安く入手することが難しくなりそうだ。もちろん、iPhone XS/XS Max以外の選択肢も用意されている。有機ELではなく液晶ディスプレイを搭載したiPhone XRは、64GBモデルが84,800円、128GBモデルが90,800円、256GBモデルが101,800円(いずれも税別)と、iPhone XSと比べると64GBモデルは28,000円安い。1万円ほど値下げされたiPhone 8/8 PlusやiPhone 7/7 Plusをチョイスする手もある。ちなみに、オンラインストアではiPhone X、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SEがなくなっており、一番安いのはiPhone 7の32GBモデルの50,800円(税別)となる。

今回はファーストインプレッションということで、駆け足で気になる部分だけを紹介した。より詳しいレビュー記事は追って掲載する。

●iPhone XS/XS Maxの料金が気になる人はこちらをチェック!
価格.comでNTTドコモドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 料金プランを比較

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る