新製品レポート
久しぶりのモデルチェンジでMacが面白くなりそうな予感

「MacBook Air」は待望のRetina化で魅力アップ!「Mac mini」は5倍速くなった


米アップルは2018年10月30日(現地時間)、ニューヨークで新製品発表会を開催し、ノートパソコンの入門機「MacBook Air」と小型のデスクトップパソコン「Mac mini」の新モデルを発表した。どちらも久しぶりのモデルチェンジで、基本スペックの底上げを図ったほか、きょう体に再生アルミニウムだけを使うなど環境へ配慮した。

アップルオンラインストア価格はMacBook Airが134,800円(税別)から、Mac miniが89,800円(税別)から。発売は11月7日の予定だ。

待望のRetina化! 13.3型の入門モデル「MacBook Air」

MacBook Airは、Macノートの入門機として、多くのユーザーに長く親しまれてきたモデルだ。「MacBook Pro」や「MacBook」が高解像度のRetinaディスプレイを搭載するのに対し、手ごろな価格のMacBook AirはRetinaディスプレイの搭載が長らく見送られていた。

2560×1600/227ppiの13.3型Retinaディスプレイを搭載したMacBook Air

2560×1600/227ppiの13.3型Retinaディスプレイを搭載したMacBook Air

今回のMacBook Airは、2560×1600/227ppiの13.3型Retinaディスプレイを搭載。HDディスプレイの4倍の画素を詰め込んだという。色の再現性も向上しており、一世代前のモデルより48%多い色を再現できる。ベゼルは50%細くなり、現代的なスタイルに生まれ変わった。本体サイズは304.1(幅)×212.4(奥行)×4.1〜15.6(厚さ)mm、重量は1.25kg。カラーはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色を用意する。

12型のMacBookにはない指紋認証センサーの「Touch ID」を搭載するのも特徴。個人情報を安全に保護する「T2 Securityチップ」も備える。操作性では、キーボードがキーストロークの浅いバタフライ構造のものとなり、タッチパッドは面積が20%広がっている。

キーボードはバタフライ構造のものに変更された

キーボードはバタフライ構造のものに変更された

サウンド面では一世代前のモデルより音量が25%アップし、低音は2倍になったという。これにより、映画や音楽を臨場感ある音で楽しめるとする。

CPUは第8世代のCore i5プロセッサー(1.6GHz、ターボブースト時最大3.6GHz)を搭載。メモリーは8GBで、オプションで16GBに変更できる。ストレージは128GBと256GBのモデルを用意。最大1.5TBのSSDに変更することも可能だ。バッテリー駆動時間は最大12時間。外部インターフェイスにはThunderbolt 3(USB-C)ポート×2とヘッドホン出力ポートを備える。SDメモリーカードスロットやUSB Type-Aポートは搭載しない。

左側面にThunderbolt 3(USB-C)ポートを2基備える

左側面にThunderbolt 3(USB-C)ポートを2基備える

5倍速い! 小型デスクトップ「Mac mini」

Mac miniは小型ボディが特徴デスクトップパソコン。新モデルは「iMac Pro」をほうふつとさせるブラックボディで、基本性能を徹底的に磨き上げたのが特徴だ。従来モデルと比べて、最大5倍の性能を発揮するという。

ブラックボディのMac mini

ブラックボディのMac mini

基本性能を底上げし、プロユースでも利用できるほどの性能を実現

基本性能を底上げし、プロユースでも利用できるほどの性能を実現

CPUには、6コアおよびクアッドコアの第8世代Coreプロセッサーを搭載し、メモリーは最大64GBをサポート。ストレージは最大2TBまで。外部インターフェイスもHDMI 2.0や10Gb Ethernet(オプション)を備えるなど、小型ボディでありながら非常にパワフルなマシンとなっている。

GPUは、CPUに内蔵されるインテルの「UHDグラフィックス630」だが、Thunderbolt 3経由でeGPU(外付けGPU)に強化することも可能だ。

外部インターフェイスはThunderbolt 3(USB-C)ポート×4、USB3.0ポート×2、HDMI2.0ポート、ギガビットEthernetポート(10Gb Ethernetに変更可能)、ヘッドホン出力ポートを備える。無線通信機能はIEEE802.11ac、Bluetooth 5.0をサポート。

本体サイズは197(幅)×197(奥行)×36(厚さ)mm、重量は1.3kg。電源ユニットを内蔵しており、ACアダプターはない。

ラインアップとアップルオンラインストア価格は、4コアのCore i3(3.6GHz)、8GBのメモリー、128GBのSSDを搭載したモデルが89,800円(税別)。6コアのCore i5(3.0GHz、ターボブースト時最大4.1GHz)、8GBのメモリー、256GBのSSDを搭載したモデルが122,800円(税別)。

小型ボディだが、背面には豊富な外部インターフェイスを備える

小型ボディだが、背面には豊富な外部インターフェイスを備える

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る