特別企画
従来の「月々サポート」「購入サポート」に代わる新割引プログラム

本当にお得なの? NTTドコモの「スマホおかえしプログラム」を徹底解説

NTTドコモは、2019年5月16日に、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」に対応する新しい端末購入補助「スマホおかえしプログラム」を発表した。すでにその概要は紹介しているが、ここではより詳細な情報や、利用する際の注意点を解説しよう。

2年後に返却すれば、端末料金を2/3に抑えられる

NTTドコモは、スマートフォンの端末価格と通信料金の分離にともない、2019年5月31日に従来の「月々サポート」や「端末購入サポート」といった、回線契約を前提にした端末購入補助の新規受付を終了する。その代わりとして6月1日から登場するのが、「スマホおかえしプログラム」だ。

「スマホおかえしプログラム」は、36回の分割払い(金利・手数料なし)で対象のスマートフォンを購入した場合、1〜24回分を支払った時点でNTTドコモに返却すると、最大で12回分の分割払いの残債が免除されるというものだ。端末の購入価格を最大で端末価格の2/3に抑えられ、ちょうど2年間隔で端末を買い換えるような場合にもっともおトクとなる。

「スマホおかえしプログラム」は、端末価格と通信料金を分離させた新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の利用を想定したものだが、従来の「カケホーダイ&パケあえる」といった旧料金プランのユーザーが、6月1日以降にスマートフォンを購入する場合に、「月々サポート」や「端末購入サポート」の替わりとしても使われる。

「スマホおかえしプログラム」は、端末価格の債務が最大1/3免除されるが、手元に端末が残らない。端末の価格に限って見れば、割引率も高く端末が手元に残る従来の「月々サポート」や「端末購入サポート」のほうが、おトクに感じられる。だが、NTTドコモの試算では、月間30GBの通信契約と、ソニー「Xperia XZ3」を2年間使ったうえで下取りに出した場合のトータルコストを、新旧の料金プランで比較すると、新料金「ギガホ」+「スマホおかえしプログラム」の組み合わせのほうが約30,000円安くなるとしている。

なお、、先日NTTドコモのユーザーサポートページ「My docomo」で公開された新旧料金の比較シミュレーター「しっかり料金シミュレーション」を使うことで、現状の料金プランとの比較が簡単に行える。

「スマホおかえしプログラム」は、次の端末の買い換えが必要ない点や、途中で回線の解約が行える点が、auの「アップグレードプログラムEX/EX(a)」や、ソフトバンク「半額サポート」などの類似サービスと異なる

6月1日以降、端末は一括払い、12回払い、24回払い、36回払いという4種類の支払い方法が選べるようになるが、「スマホおかえしプログラム」はそのうち36回払いのみに対応する

月間通信容量30GBで「Xperia XZ3」を2年後に端末を下取りに出す場合、2年間にかかったトータルコストを新旧の料金プランで比較すると、通信料金では新料金の「ギガホ」が約60,000円のコストダウンとなり、端末価格は約30,000円のコストアップとなる。差し引き30,000円の値下げとなる計算だ

特定の端末を選ぶことで月額1,500円の割引を永続して受けられる「docomo with」と「スマホおかえしプログラム」を組み合わせることもできる。これは、docomo withの継続条件として、docomo withの対応端末を継続して購入する場合のほか、「月々サポートや端末購入サポートなどの端末購入補助を利用せず、定価で端末を購入した場合もdocomo withの割引が継続する」というものがあり、これに当てはまるためだ。

筆者の契約で新しい料金シミュレーター「しっかり料金シミュレーション」を試した結果。「月々サポート」が適用期間内であれば、旧料金のほうが月額で2,700円お得という結果となった

対象はハイエンドモデルのみ。iPhoneも利用可能

「スマホおかえしプログラム」は、基本的に以下に掲載するスマートフォンが対象となっており、いずれも高価なハイエンドモデルに限られている。なお、当初の情報では、iPhoneシリーズが含まれていなかったが、先日公開された情報でiPhoneシリーズも含まれることが判明した。なお、6月1日以降の端末価格は、従来の一括払いの端末料金と同じではない場合がある。

iPhoneシリーズ
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus

2019年夏モデル(最新モデル)
Xperia 1 SO-03L
Galaxy S10 SC-03L
Galaxy S10+ SC-04L
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L
AQUOS R3 SH-04L
HUAWEI P30 Pro HW-02L(予約受付停止中)

2018-2019冬春モデル
Xperia XZ3 SO-01L
Galaxy Note9 SC-01L
Google Pixel 3
Google Pixel 3 XL

2018夏モデル
Xperia XZ2 Premium SO-04K
Xperia XZ2 SO-03K
Xperia XZ2 Compact SO-05K
AQUOS R2 SH-03K
HUAWEI P20 Pro HW-01K
Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9+ SC-03K

2017-2018冬春モデル
Xperia XZ1 SO-01K
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Galaxy Note8 SC-01K
arrows NX F-01K
M Z-01K
V30+ L-01K
JOJO L-02K

「スマホおかえしプログラム」の注意点

総じて、要求される条件が少なく、仕組みもシンプルな「スマホおかえしプログラム」だが、注意点もいくつか存在する。

返却せず使い続けることも可能

「スマホおかえしプログラム」を契約したものの、スマホを返却せずに支払いを完済することは当然可能である。

契約できるのは端末購入のタイミングのみ

「スマホおかえしプログラム」は端末を購入した時点でのみ契約できる。購入後に改めて契約するとか、分割払い中の端末に適用させるといったことはできない。

破損などが理由で引き取りの際に追加料金が発生する場合がある

端末代金の残額が免除されるためには、端末を返却する際、故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないことや、NTTドコモの用意する査定基準をクリアしていることが必要だ。査定基準をクリアしていない場合、故障時利用料の20,000円(税別)を支払う必要がある。なお、「ケータイ補償サービス」または「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入している場合、支払額は2,000円(税別)となる。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る