レビュー
スタンダードモデルにゲーミングモデル、NAS向けモデルまで!

HDDのトップベンダーSeagateがSSDラインアップを強化!最新3モデルを一斉テスト

SeagateといえばHDDのトップベンダーとして知られるが、実は昨年末にBarraCudaブランドの2.5インチSATA SSDを投入し、コンシューマー向けSSD市場に再参入を果たしている。

そんな同社がコンシューマー向けSSDの展開をさらに加速。この夏、スタンダードNVMe SSD「BarraCuda 510」、ゲーミング向けハイエンドNVMe SSD「FireCuda 510」、NAS向けSATA SSD「IronWolf 110」の3モデルを一挙投入し、ラインアップをさらに強化している。今回は、この最新SSD3モデルの特徴とベンチマークレポートをお届けしよう。

左から、スタンダードNVMe SSD「BarraCuda 510」、ゲーミング向けハイエンドNVMe SSD「FireCuda 510」、NAS向けSATA SSD「IronWolf 110」

BarraCudaブランドSSD第2弾モデル「BarraCuda 510」。M.2 2280片面実装でノートPCのアップグレードに最適なモデル

BarraCuda 510。パッケージデザインはこれまでのBarraCudaブランドと共通しており、特徴的なグリーンのカラーリングと魚をモチーフにしたロゴをあしらったものが採用されている

BarraCuda 510は、M.2 2280-S2フォームファクターを採用するSSDだ。接続インターフェイスは、最大32Gbps(4000MB/s)の帯域幅を誇るPCIe Gen3 x4、プロトコルはNVMe 1.3。

同じBarraCudaブランドを冠する製品としては、昨年末に2.5インチフォームファクターを採用する「BarraCuda SSD」がすでに発売されているが、BarraCuda SSDは250GB/500GB/1TB/2TBという4種類の容量ラインアップで幅広いユーザーを狙った製品だったのに対し、今回のBarraCuda 510は、厚みを抑えた片面実装で256GB/512GBという比較的小容量のラインアップしかないこと、消費電力を低く抑えた設計などから、ノートPCのシステムドライブとしての組み込みを想定したモデルといえそうだ。

M.2 2280-S2フォームファクターを採用。NANDチップは片面実装で厚みが抑えられているので、SSD格納エリアに制約のある薄型ノートPCへの実装にも向いている

BarraCuda 510のラインアップと主な仕様

BarraCuda 510のラインアップと主な仕様

シーケンシャルライト3000MB/sオーバー!パフォーマンスを追求したハイエンドSSD「FireCuda 510」

FireCuda 510。こちらも既存のFireCudaブランド同様に、ビビッドなオレンジカラーのパッケージを採用

FireCuda 510。こちらも既存のFireCudaブランド同様に、ビビッドなオレンジカラーのパッケージを採用

FireCuda 510は、ゲーミングPCやクリエイター向けのハイエンドPCをターゲットにしたFireCudaブランドを冠する初のSSDだ。フォームファクターはM.2 2280-D2で、基板の両面にNANDフラッシュを実装。容量も2TB/1TBと、BarraCuda 510よりも大容量のものがラインアップされている。接続インターフェイスはPCIe Gen3 x4、プロトコルはNVMe 1.3だ。

一部の領域を SLC 方式の NAND フラッシュとして使うSLCキャッシュ(最大28GB)を備え、3,000MB/s超のシーケンシャルライト性能を備えるほか、合計書き込みバイト数もBarraCuda 510の約2倍となっているなど、総じてBarraCuda 510よりもワンランク上のスペックになっている。この辺りはさすがハイエンドクラスのSSDといったところだ。

フォームファクターはM.2 2280-D2。パッと見はBarraCuda 510と同じように見えるが、最大厚みを規定するタイプIDがD2(表裏それぞれ最大1.35mm)となっている

真横から見ると表裏両方にNANDフラッシュが実装されていることがわかる。ちなみに、コントローラーICは表側に配置されている

FireCuda 510のラインアップと主な仕様

FireCuda 510のラインアップと主な仕様

独自機能による高い信頼性が魅力!NAS向けSSD「IronWolf 110」

IronWolf 110は、ブランド名にもなっているメタリックカラーのオオカミをあしらったパッケージを採用。中身はオーソドックスな2.5インチSSDだ

IronWolf 110は、世界初のNAS専用SSDをうたう2.5インチSATA SSDだ。容量ラインアップは、240GB/480GB/960GB/1.92TB/3.84TBの全5種類で、すべて7mm厚タイプとなっている。最大転送速度が6Gb/sのSATA接続ということで、先に紹介したBarraCuda 510やFireCuda 510と比べるとピーク性能は見劣りするが、IronWolf 110最大のウリは、常時稼働が求められるNAS用ストレージとして、IronWolfブランドで培ってきたさまざまな高耐久・高信頼性の技術が搭載されていること。

なかでも注目なのが、同社のエンタープライズ向けSSDにも実装されている独自のデータ圧縮技術「DuraWrite」の搭載だ。データ圧縮によるリード/ライト性能の向上のほか、ユーザーの利用状況に合わせてオーバープロビジョニングの領域をダイナミックにコントロールすることで、3.84TBモデルにおいて7,000TBもの合計書き込みバイト数(TWB)を実現。エンタープライズ向けの製品ならまだしも、一般ユーザーが買えるSSDでこの数値はまさに圧巻だ。

ほかにも、対応NASシステムに統合することで、S.M.A.R.T.よりも細かなステータス情報を確認できる「IronWolf Health Management (IHM)」を利用できたり、メーカーの5年間保証に加え、2年間の「Rescueデータ・リカバリ・サービス・プラン」が付帯されるなど、信頼性が特に重要なNAS専用SSDならではの手厚いサポートもうれしいポイントだ。

IronWolf 110のラインアップと主な仕様

IronWolf 110のラインアップと主な仕様

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
パソコンパーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る