ニュース
1億画素カメラを搭載する国内未発表モデルが登場!

au限定! サムスン「Galaxy S20 Ultra 5G」が7月3日に緊急発売

KDDI(au)は、2020年6月24日、5Gスマートフォンの新モデル「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」を7月3日より一部の店舗で発売すると発表した。グローバルモデルの発表から少し時間が経過しているが、Galaxyシリーズのフラッグシップモデルがついに国内で発売される。

約6.9インチの大画面ディスプレイを搭載する5Gスマホ

「Galaxy S20 Ultra 5G」は、「Galaxy S20」シリーズの最上位モデルとして、2020年2月末にグローバルモデルが発表され、海外ではすでに発売されている。国内での発売を望む声を受けて、auの一部店舗から2020年7月3日より発売されることになった。

「Galaxy S20 Ultra 5G」は、約76(幅)×167(高さ)×8.8(厚さ)mm、重量約222gのボディに、3,200×1,440のQHD+表示に対応する約6.9インチの大画面有機ELディスプレイを備えた大型モデルだ。基本性能は、「Galaxy S20」シリーズと基本的な部分は同じで、ハイエンド向けSoC「Snapdragon 865」に、12GBのメモリーと、128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 10だ。本機のボディはIP6/8等級の防水仕様をクリアし、ワイヤレス充電ポートを搭載しているなど搭載される機能もおおむね共通しているが、FeliCaポートは非搭載となっている点が「Galaxy S20 5G」「Galaxy S20+ 5G」と異なっている。

メインカメラは、約1億800万画素という超高画素の広角カメラを中心に、約1,200万画素の超広角カメラ、約4,800万画素の望遠カメラ、被写界深度を測定するTOFセンサーという組み合わせのクアッドカメラだ。なお、ズーム機能は、「Galaxy S20+ 5G」のデジタルズーム30倍に対して、本機は100倍のデジタルズーム(スペースズーム)に対応しており、望遠撮影機能が強化されている。なお、フロントカメラは約4,000万画素となっており、こちらもかなりの高画素だ。

5G通信機能は、Sub-6とミリ波の両方に対応しており、下り最大4.1Gbps、上り最大481Mbpsのデータ通信が可能(ミリ波対応は今夏予定のアップデート適用後となる)。また、Wi-Fi 6にも対応しており、対応ルーターと組み合わせることで高速のデータ通信が行える。

なお、本機を取り扱うのは、au Online Shop、KDDIおよび沖縄セルラー直営店、Galaxy Harajukuおよび一部の家電量販店に限られる。直販サイトの価格は165,980円(税込、一括払い)。「かえトクプログラム」を利用した場合の実質負担金は96,140円(税込)となる。

カラーバリエーションはコスミックブラック1色

カラーバリエーションはコスミックブラック1色

左が本機、右がGalaxy S20+ 5G。本機のほうがわずかにサイズが大きいが並べてみてもあまり違いはわからないレベル

約6.9インチという大画面有機ELディスプレイを搭載。リフレッシュレートは120Hzで残像感の少ない映像を再生できる

左が本機、右がGalaxy S20+ 5G。数ミリの違いだが、厚みの差は思いのほか大きい

左が本機、右がGalaxy S20+ 5G。数ミリの違いだが、厚みの差は思いのほか大きい

メインカメラは、約1億800万画素の広角カメラを含むクアッドカメラ。静止画で100倍、動画でも20倍のデジタルズームが可能だ

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る