ニュース
基本性能が大幅に向上。5G対応モデル2モデルを含む4機種が今秋以降登場

シャープが「AQUOS sense4」3モデルと「AQUOS zero5G basic」を発表

シャープは、2020年9月11日、スマートフォンの新モデル「AQUOS sense4」シリーズ2機種および「AQUOS sense5G」「AQUOS zero5G basic」を発表、今秋以降に順次発売すると発表した。2機種の5G対応モデルに加え、最新SoCを積極的に導入するなど、基本性能の大幅アップが図られている。

4,570mAhの大容量バッテリーを搭載。「Snapdragon 720G」で処理性能も大幅に向上
「AQUOS sense4」

「AQUOS sense4」は、約71(幅)×148(高さ)×8.9(厚さ)mm、重量約176g(暫定値)のボディに、2,280×1,080のフルHD+表示に対応した約5.8インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載したエントリーモデルだ。4,570mAhという大容量バッテリーを内蔵しているものの、ボディサイズおよび重量は前モデル「AQUOS sense3」からほとんど変わっていない。IPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様にも引き続き対応しているほか、FeliCa・NFCポートも搭載されている。

SoCは、前モデル「AQUOS sense3」に搭載されていた「Snapdragon 630」と比較して、約2.2倍の処理性能向上を果たした「Snapdragon 720G」を採用。これに4GBのメモリーと64GBのストレージを組み合わせる。OSはAndroid 10だ。

メインカメラは約1,200万画素の標準カメラ(24mm)、約1,200万画素の広角カメラ(18mm)、約800万画素の望遠カメラ(53mm)という組み合わせのトリプルカメラ。AIを使ったシーン認識機能を搭載し、構図や被写体に適した撮影モードを自動で選択できる。フロントカメラは約800万画素(26mm)だ。

このほか、指紋認証センサーを長押しすることで電子決済アプリを起動できる新機能「Payトリガー」を搭載する。「スクロールオート」や「ClipNow」、「かんたんモード」といった既存の機能も引き続き搭載される。

販路や価格は後日発表されるが、今秋以降の発売が予定されている。

大容量バッテリーを搭載することで、前モデル「AQUOS sense3」と比較して、25%ほどバッテリー持ちが向上しているという

メインカメラは、広角、標準、望遠という組み合わせのトリプルカメラとなった

メインカメラは、広角、標準、望遠という組み合わせのトリプルカメラとなった

5Gの裾野を広げる注目モデル
「AQUOS sense5G」

「AQUOS sense5G」はその名前からわかるように、5G対応のスマートフォンだ。ボディサイズやディスプレイといった基本的なスペックは、上記「AQUOS sense4」と全く同じで(重量のみ後日発表)、カバーも同じものが利用できる。IPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様への対応、FeliCa・NFCポートの搭載も同様となる。

ただし、中身は別ものだ。SoCには、クアルコムから先日発表されたばかりの最新モデル「Snapdragon 690 5G」を採用。このSoCは、「AQUOS sense3」に搭載されていた「Snapdragon 630」と比較して約2.4倍の処理性能向上を実現しているという。メモリーは4GB、ストレージは64GBだが、高速なUFSストレージを採用することで、前モデルと比較して約2.4倍の高速化を果たしている。また、OSも発表されたばかりのAndroid 11が採用される。なお、注目の5G通信機能についての詳細は後日発表される。

カメラ機能も基本的に「AQUOS sense4」と共通。なお、「AQUOS sense4」に搭載される新機能「Payトリガー」に加えて、本機独自の機能として、画面を録画する「スクリーンレコーダー」、ショートメールやSNSのメッセージを簡単に確認できる「バブル」機能、自宅を感知すると自動でテザリングがオンになる「テザリングオート」機能といった機能を備える。

販路や価格は後日発表されるが、発売は今冬以降の予定だ。

自宅など指定した場所に着くと、自動でテザリングが動作する機能「テザリングオート」を搭載。高速・大容量という5Gの特徴を生かした機能と言える

電子決済アプリを起動できる新機能「Payトリガー」を搭載。決済アプリはユーザーで指定可能だ

電子決済アプリを起動できる新機能「Payトリガー」を搭載。決済アプリはユーザーで指定可能だ

90Hz駆動の約6.7インチの大画面液晶ディスプレイを搭載
「AQUOS sense4 plus」

「AQUOS sense3 plus」の後継となる大画面モデル。約78(幅)×166(高さ)×8.8(厚さ)mm、重量約198g(暫定値)のボディに、2,400×1,080のフルHD+表示に対応する約6.7インチの液晶ディスプレイを組み合わせる。「AQUOS sense3 plus」と比較すると横幅で約3mm、高さで約6mm、重量で約23gそれぞれ大型化した。なお、IPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様に対応するほか、FeliCa・NFCポートも搭載されている。

搭載されるディスプレイは1.5倍速となる90Hzのリフレッシュレートと、2倍の120Hzのタッチスキャンに対応しており、残像感の少ない映像と、キレのよい操作性を実現。サウンド面でもステレオスピーカーを搭載しており、迫力のあるサウンドを再生できる。

搭載されるSoCは「AQUOS sense4」と同じ「Snapdragon 720G」だが、メモリーは8GBに、ストレージは128GBにそれぞれ倍増されている。

メインカメラは、約4,800万画素の標準カメラ(25.3mm)、約500万画素の広角カメラ(16.7mm)、約200万画素のマクロカメラ(24mm)、被写界深度センサーという組み合わせのクアッドカメラだ。望遠カメラではなく、マクロカメラを載せているのが特徴となっている。

販路や価格は後日発表されるが、今秋以降の発売が予定されている。

今回発表された4機種の中では唯一クアッドカメラを搭載する。標準カメラは約4800万の高画素で、競合する海外メーカーの製品を強く意識した内容だ

「AQUOS zero」の魅力をより多くのユーザーに届ける廉価版5Gモデル
「AQUOS zero5G basic」

5G対応スマートフォン「AQUOS zero5G basic」は、「AQUOS zero」シリーズの特徴である120Hzの有機ELディスプレイ(1コマごとに黒を差し込むことで毎秒240コマ相当の描画を行うほか、240Hzのタッチサンプリングレートに対応する)を備えた廉価モデル。約75(幅)×161(高さ)×9.0(厚さ)mm、重量約182gのボディに、2,340×1,080のフルHD+表示に対応する有機ELディスプレイを搭載する。こちらも、IPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様に対応するほか、FeliCa・NFCポートも搭載される。

搭載されるSoCは、「Snapdragon 765 5G」で、8GBのメモリー+128GBのストレージと、6GBのメモリー+64GBのストレージという2モデルが用意される。OSは、Android 10だ。なお、5G通信機能については、後日詳細が発表される予定だ。

メインカメラは、約4,800万画素の標準カメラ(26mm)、約1,310万画素の広角カメラ(15mm)、約800万画素の望遠カメラ(79mm)という組み合わせのトリプルカメラだ。標準カメラについては「新ハイブリッドAF」を搭載しており、低照度でも高速なピント合わせが可能となっている。フロントカメラは約1,630万画素(29mm)だ。

販路や価格は後日発表されるが、今秋以降の発売が予定されている。

1コマごとに黒を差し込みながら120fpsの描画を行う有機ELディスプレイ。残像感を軽減したキレのよい映像が楽しめる

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る