ニュース
第8世代「iPad」はデザインそのままにパフォーマンスアップ

カラフルで新デザインの「iPad Air」登場! トップボタンにTouch ID搭載

米アップルは2020年9月15日(現地時間)、オンラインイベントを開催し、新型の「iPad Air」と「iPad」を発表した。iPad Airは「iPad Pro」のような角張ったスタイルで、ピンクやブルーなどカラフルな新色を用意。発売は10月の予定で、アップルストアでの価格は62,800円(税別)から。iPadは、デザインは変わらずにパフォーマンスが強化されている。価格は34,800円(税別)から。

オンラインイベントでティム・クックCEOは、「iPadはビデオ通話やリモート学習で利用するデバイスとして、コロナ禍でその重要度が増している」と述べた。初代iPadが発売されて今年で10年。これまで5億台以上を販売しているが、その勢いはますます加速しそうだ。

オールスクリーンでTouch IDはどちらに?

iPad Air

iPad Air

第4世代となるiPad Airは、iPad Proのように角張った新デザインを採用。カラーもシルバーとスペイスグレイという定番カラーに加えて、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーというカラフルなカラーリングのモデルをラインアップする。

第3世代のiPad Airでは前面にあったTouch IDが上部のトップボタンに搭載されている。同社がこれまで設計した中で最も小さな認証センサーだが、安全性は変わらず、より高速なSecure Enclaveでにより指紋データを迅速に認証するという。使い方もこれまでと変わらない。

ディスプレイは10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載。解像度は2360×1640。第3世代モデルの10.5インチからわずかにサイズアップしている。フルラミネーションや広色域、TrueToneテクノロジー、反射防止コーティングなど、充実した性能を誇る。Apple Pencilは第2世代に対応。

パフォーマンス面では「A14 Bionic」を搭載。5ナノメートルのプロセスルールを採用しており、7ナノメートルのチップから約40%多い118億個ものトランジスタを備える。これにより高いパフォーマンスと省電力を両立。6コアのCPUは大容量で高性能なキャッシュを統合しており、ピークパフォーマンスも高いという。CPU性能は前世代のiPad Airと比べて40%向上している。GPUのアーキテクチャーも新しい世代のもので性能は30%向上しているという。さらに、「Neural Engine」も搭載しており、機械学習もパワフルにこなせる。

外部インターフェイスはUSB-Cとなり、Wi-Fi 6もサポートする。

シルバー

シルバー

スペースグレイ

スペースグレイ

ローズピンク

ローズゴールド

グリーン

グリーン

スカイブルー

スカイブルー

カメラは1200万画素の広角カメラ。インカメラは700万画素のFaceTime HDカメラ

カメラは1200万画素の広角カメラ。インカメラは700万画素のFaceTime HDカメラ

iPad Proと同じ「Magic Keyboard」をサポート

iPad Proと同じ「Magic Keyboard」をサポート

「iPad」はパフォーマンスがアップ

第8世代となるiPadは、10.2インチのRetinaディスプレイ、Apple Pencil、フルサイズのSmart Keyboard対応という第7世代のiPadの特徴をそのままに、パフォーマンスを底上げしている。

iPad

iPad

チップには第3世代のiPad Airに搭載されていた「A12 Bionic」を搭載。6コアのパラフルなCPU、4コアの高速なGPUから構成されており、第7世代iPadと比べてCPUは40%アップし、グラフィックス性能は2倍高速化されている。無印のiPadとしては初めて毎秒最大5兆の演算処理を行えるNeural Engineも搭載。これにより、瞬時に写真を色を変更したり、テニスの試合を分析してボールの速度や体の位置などリアルタイムの統計を提供することができるという。

オンラインイベントでは、その性能を過去1年の他社製品と比べても圧倒的にすぐれていると説明。最も売れているWindowsのラップトップより最大2倍、最も売れているAndroidタブレットより最大3倍、最も売れているChromebookより最大6倍速いとアピールした。

カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色

カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る