ニュース
スマホをデスクトップ風に使える「Ready For」搭載

モトローラから58,800円の5Gスマホ「moto g 100」 カメラは6400万画素+広角/マクロ+深度のトリプル

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2021年5月13日、5G対応のSIMロックフリースマートフォン「moto g 100」を5月28日に発売すると発表した。価格はオープンで、MOTO STORE価格は58,800円(税込)。低価格路線の「moto g」シリーズとしては比較的高価格帯のモデルだが、その分、スペックやカメラ機能にこだわったハイスペックなミドルレンジスマホだ。

6.7インチのディスプレイを備えたmoto g 100

6.7インチのディスプレイを備えたmoto g 100

「moto g」シリーズでは最もパワフルなスマホ。5G+4GのDSDS対応

moto g 100は6.7インチのディスプレイを備えたAndroidスマートフォン。SoCにはクアルコムの「Snapdragon 870」を採用しており、Sub-6の5Gをサポートする。5Gの対応バンドは、Sub-6GHz band n1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの5Gネットワークに対応している。楽天モバイルの5Gネットワークに関しては、互換性の検証を行っていないという。

SIMはnanoSIMでスロット数は2つ。5G+4GのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応する。

メモリー(RAM)は8GB、ストレージ(ROM)は128GB、microSDメモリーカードスロットを使って、最大1TBまでストレージを拡張できる。無線LANはIEEE802.11axのWi-Fi 6をサポート。Bluetoothはバージョン5.1で、ミドルレンジスマホながら充実したスペックだ。

6.7インチの横長のディスプレイ。なめらかにカーブした3Dデザインで、手になじむ握り心地という

6.7インチの横長のディスプレイ。なめらかにカーブした3Dデザインで、手になじむ握り心地という

6.7インチのディスプレイは21:9のシネマビジョンで、解像度は2520×1080のフルHD+。リフレッシュレートが90Hzで、ゲームなどを滑らかな映像で楽しめそうだ。HDR 10もサポートする。

バッテリー容量は5000mAhで、20WのTurboPowerチャージャー(急速充電対応)が同梱される。外部インターフェイスはUSB Type-C(USB 3.1)と3.5mmイヤホンマイクジャック。本体側面に指紋認証も備える。

本体サイズは73.97(幅)×168.38(高さ)×9.69(最薄部)mm、重量は約215g。カラーはイリディセントスカイ。

電源ボタンを2回タップすることでアプリのショートカットメニューを表示する新機能「POWER TOUCH」を搭載

電源ボタンを2回タップすることでアプリのショートカットメニューを表示する新機能「POWER TOUCH」を搭載

6400万画素+広角/マクロ+深度のトリプルカメラシステム。前後カメラ同時録画も

カメラは、アウトカメラがトリプルカメラシステム、インカメラがデュアルカメラという贅沢なスペック。

アウトカメラはトリプルカメラシステム。マクロ撮影時に影を消すためのリングライトも備える

アウトカメラはトリプルカメラシステム。マクロ撮影時に影を消すためのリングライトも備える

アウトカメラは6400万画素のメインカメラ(F1.7)、1600万画素の117°超広角/マクロカメラ(F2.2)、200万画素深度センサー(F2.4)、さらにTOFレーザーオートフォーカスも備える。深度センサーを使って背景をぼかして人物を撮影できるポートレートモードや被写体の一部の色だけを残してモノクロに撮影できるスポットカラーモードなどを搭載。小さなものを大きく撮影できるマクロ撮影時に、スマホの影を消せるリングライトも備えている。

moto gシリーズではおなじみのスポットカラーモード。花のピンクだけを残してモノクロに仕上げる

moto gシリーズではおなじみのスポットカラーモード。花のピンクだけを残してモノクロに仕上げる

左がリングライトオン、右がリングライトオフ。被写体や好みに応じて使い分けられそうだ

左がリングライトオン、右がリングライトオフ。被写体や好みに応じて使い分けられそうだ

インカメラは1600万画素のメインカメラ(F2.2)と800万画素の超広角カメラ(F2.4)。メインカメラの画角は78°なのに対して、超広角カメラは118°と4倍以上の範囲をフレームに収められるので、複数人でのセルフィー(自分撮り)を撮影しやすいという。

インカメラは標準と広角のデュアルカメラ

インカメラは標準と広角のデュアルカメラ

アウトカメラとインカメラを同時に使って、前方と後方を同時に録画できる「デュアルキャプチャーモード」を搭載する。アウト/インともに、メインカメラと超広角カメラの入れ替えが可能で、テレビ番組のワイプのようにインカメラの動画を小窓に収めるといったこともできる。また、動画撮影時にズームした被写体が発する音を録音する、音のズームとでも呼べる「オーディオズーム」という新機能も備える。

ディスプレイとキーボード&マウスで使える「Ready For」

moto g 100を外部ディスプレイと接続し、デスクトップパソコンのように使える新機能「Ready For」を搭載。ユーザーインターフェイス(UI)も単なるミラーリングではなく、キーボードとマウスが使いやすい専用UIとなる。資料を作成したり、ビデオ通話をしたり、YouTubeなどの動画を視聴したり、いろいろな使い方ができる。

なお、Ready Forを利用するためには、別売のUSB-CケーブルまたはUSB-C-to-HDMIアダプターが必要となる。

Ready Forのイメージ

Ready Forのイメージ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る