ニュース
au回線と比べてもそん色のないサービスへ

UQ mobileの新料金「くりこしプラン +5G」詳細発表。ローミング・サポート・割引をまとめて強化!

KDDIは、同社が展開する通信サービス「UQ mobile」に関して、2021年9月2日から実施される新料金プラン「くりこしプラン +5G」の詳細を発表した。国際データローミングサービス「世界データ定額」の用意、固定回線とセットで割引きを行う「自宅セット割」や、端末補償の強化など、同社のメインブランドである「au」と比較してもそん色のない内容に引き上げられている。

新料金プラン「くりこしプラン +5G」の発表と同時に、UQ mobileの新イメージキャラクターである満島ひかりさんと松田龍平さんを起用したテレビCMも発表された

新料金プラン「くりこしプラン +5G」の発表と同時に、UQ mobileの新イメージキャラクターである満島ひかりさんと松田龍平さんを起用したテレビCMも発表された

海外データローミングに対応。海外でも「au」レベルのサービスに

UQ mobileの新料金プラン「くりこしプラン +5G」は、従来の「くりこしプラン」に代わる5G・4G対応の新料金プランとして、2021年9月2日より受付が始まる。月間通信容量や月額料金は従来の「くりこしプラン」から変更はないが、今回の発表で、同プランに適用される新しい割引や、サービス内容、端末補償などの詳細が明らかになった(「くりこしプラン +5G」の概要は「UQ mobileが5Gサービスを9月2日から提供開始、月3GB/1,628円から」を参照) 。

auに準じた国際データローミング「世界データ定額」を開始

「くりこしプラン +5G」は、新たに、150以上の国と地域で利用できる国際データローミングサービス「世界データ定額」に対応する。内容は、au版の「世界データ定額」に準じており、24時間で490円(早割キャンペーン対象外の国・地域は24時間で690円)、事前予約なしの場合、24時間で980円の料金で、データ通信が使い放題となる。従来プランは音声とSMSのみしか国際ローミングに対応していなかったので、弱点だった海外での使い勝手が大幅に強化された形だ。

素早い対応を実現する「故障紛失サポート」の開始

使用中の端末が、故障・破損・紛失などのトラブルにあった場合に、代替機の用意などのサポートが受けられる新しい有償サービス「故障紛失サポート」が用意される。

Android端末向け「故障紛失サポート」は、5G端末では月額726円、4G端末なら月額693円が掛け金となる。なお、2021年9月1日以前に発売された端末については、4G・5Gともに月額418円(au Certifiedモデルは月額550円)となる。

このサービスに入っていると、万が一、端末が故障したり紛失した場合、代替端末(新品)を購入するためのユーザー負担が、従来の11,000円の割引から、1回目5,500円、2回目8,800円のユーザー負担へ変更された。また、電話に加えてWebでの受付にも対応したほか、代替端末の到着も、従来の翌日到着から最短で当日到着に短縮されている。なお、東京23区および大阪市内に限り、交換用端末が3時間で配送可能となる3,300円のオプションサービスも用意されている。このほか、自然故障による預かり修理の無償対象期間が従来の1年から3年に拡大されている。

いっぽう、iPhone向けの「故障紛失サポート with AppleCare Services」は、「iPhone 7」「iPhone 6s」「iPhone SE(第2世代)」については月額868円、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 11」については月額979円の掛け金となる。このサービスに入ると、AppleCare Servicesの製品保証が4年間に延長されるほか、紛失・盗難時の端末補償が一律 12,900円で受けられる。なお、こちらも東京23区および大阪市内であれば、交換用端末が3時間で配送可能なオプションが、3,300円で利用できる。

強化されたサポート「使い方サポート」

新たな有償サポートとして「使い方サポート」(月額649円)が用意される。これは、初期設定サポート、周辺機器サポート、AIを使った使い方や情報配信や遠隔サポートなどがセットになったもの。従来の「UQあんしんサポート」と比較すると、電話に加えてチャットや専用アプリでもサポートが受けられるほか、コールセンターの予約(コールセンターから指定した時間に電話がかかる)などにも対応している点が異なる。

お得なサポートパッケージ「安心サポートパック」も用意

上記の、Android端末向け「故障紛失サポート」またはiPhone向け「故障紛失サポート with AppleCare Services」と、「使い方サポート」をセットにしたもの。毎月の掛け金は、Android向けの場合、5G端末で1,045円、4G端末で1,012円。「iPhone 7」「iPhone 6s」「iPhone SE(第2世代)」なら月額1,099円、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 11」では月額1,210円となる。

固定回線や「UQでんき」とのセット割引「自宅セット割」を開始

「自宅セット割」は、「くりこしプラン +5G」と組み合わせる割引メニュー。対象のインターネットサービスまたは「au ホームルーター 5G」などのインターネット固定回線サービスと組み合わせる「インターネットコース」と、KDDIが提供する電力サービス「auでんき」「UQでんき」と組み合わせる「でんきコース」の2種類が用意されている。

「インターネットコース」は、「プランS」および「プランM」なら月額638円、「プランL」なら月額858円の割引を受けられる。こちらの開始は2021年11月以降の予定だ。なお、割引提供が始まるまでの期間についても、同等の割引が受けられる「インターネットコース先行キャンペーン」が実施される。

「でんきコース」では、毎月の各「でんき」サービスの利用料金に応じて、最大5%のPontaポイントが還元される。こちらは2021年9月2日から開始される。なお、2021年9月2日時点で、現プラン「くりこしプラン」において「でんきセット割」を利用しているユーザーに対しても、同日から「でんきコース」が適用される。

「くりこしプラン +5G」で「YouTube Premium」を3か月間無料提供

「くりこしプラン +5G」では、Googleの有料動画サービス「YouTube Premium」の3か月間無料利用権が付属する。「YouTube Premium」は、「YouTube」「YouTube Music」「YouTube Kids」の各サービスで、広告が非表示になるほか、オフライン再生やバックグラウンド再生などに対応する。通常は月額1,180円の料金がかかるが、「くりこしプラン +5G」ではこれが3か月間無料で利用できる。なお、同等のサービスはauの現状の各種料金プランでも実施されている。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る