ニュース
Officeソフトも最新版の「Office Home and Business 2021」

Dynabook、Windows 11搭載ノートパソコン2機種発表。価格控えめ

Dynabookは2021年10月5日、マイクロソフトの新基本ソフト(OS)「Windows 11」を搭載した新型ノートパソコン2機種を11月上旬から順次発売すると発表した。OSだけでなく、Officeソフトにも最新版の「Office Home and Business 2021」を搭載する。どちらもCPUにインテルの第11世代Coreプロセッサーの「Core i3」を採用することで、価格を控えめに設定したのが特徴だ。各モデルの詳細は以下の通り。

“5in1 プレミアム PenノートPC”「dynabook V4」

dynabook V4

dynabook V4

「dynabook V4」は、「Monitorスタイル」「Penスタイル」「Tabletスタイル」「Note PCスタイル」「Flatスタイル」の5つのスタイルで利用できる5in1のノートパソコン。市場想定価格は19万円台後半(税込)の見込み。

「dynabookエンパワーテクノロジー」という独自の熱設計により、第11世代Coreプロセッサーのパフォーマンスを引き出しているのが特徴。具体的には小型ダブルファン冷却システムで、TDP28Wを実現している。

主なスペックはCPUが第11世代のCore i3-1115G4、メモリーが8GB、ストレージが256GBのSSD。ディスプレイは13.3型のIGZO液晶。ノングレアタイプで解像度は1920×1080。外部インターフェイスはHDMI出力、Thunderbolt 4×2などを搭載する。無線LANはWi-Fi 6、BluetoothはBluetooth 5.2。

本体サイズは約303.9(幅)×197.4(奥行)×17.9(高さ)mm、重量は979g。バッテリー駆動時間は約24時間。

ディスプレイが360°回転し、さまざまなスタイルで利用できる

ディスプレイが360°回転し、さまざまなスタイルで利用できる

天板の赤いロゴとヒンジの赤が目を引くデザイン

天板の赤いロゴとヒンジの赤が目を引くデザイン

スタンダードモバイルノートパソコンの新モデル「dynabook GS4」

既存の「dynabook G」シリーズと「dynabook S」シリーズのいいところ取り入れた新シリーズの「dynabook GS」シリーズ

既存の「dynabook G」シリーズと「dynabook S」シリーズのいいところ取り入れた新シリーズの「dynabook GS」シリーズ

「dynabook GS4」は、既存の「dynabook G」シリーズと「dynabook S」シリーズのいいところを取り入れた新シリーズのモデル。13.3型のディスプレイを搭載したスタンダードモバイルノートパソコンで、軽量・コンパクトとけんろう性を両立しつつ、価格を控えめに設定したのが特徴だ。市場想定価格は16万円前後(税込)。

本体サイズは約306.0(幅)×210.0(奥行)×17.9(高さ)mm、重量は約978g。1kgを切る軽さながら、MIL規格に準拠した耐久テスト(9項目)をクリアしている。バッテリー駆動時間は、カタログスペックで約14時間。

13.3型のディスプレイは1920×1080のフルHD解像度。画面表面は映り込みの少ないノングレアタイプだ。ディスプレイが180°開く仕様で、対面での商談や打ち合わせに使いやすいという。Webカメラは約92万画素で、セキュリティ対策のWebカメラシャッター付き。

CPUは第11世代のCore i3-1115G4で、dynabookエンパワーテクノロジーによりTDP28Wを実現。CPUの性能を余すことなく引き出せるという。メモリーは8GB、ストレージは256GBのSSD。外部インターフェイスにはUSB 3.1(Gen1) Type-A×2、Thunderbolt 4×2、LAN、HDMI出力などを備える。無線LANはWi-Fi 6、BluetoothはBluetooth 5.2。

カラーはオニキスブルーの1色

カラーはオニキスブルーの1色

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る