ニュース

Dynabook、約200万画素Webカメラ搭載の「dynabook C8」などWindows 11 PC第2弾発表

Dynabookは2021年11月1日、マイクロソフトの新基本ソフト(OS)「Windows 11」を搭載した個人向けパソコンの第2弾モデルとして、ノートパソコン9機種15モデルを発表した。11月5日から順次発売する。今年10月に発表した第1弾モデルはモバイルノートが中心だったが、今回の第2弾モデルはスタンダードモデルが中心。各モデルの詳細は以下の通り。

Windows 11搭載の個人向けパソコンの第2弾モデル

Windows 11搭載の個人向けパソコンの第2弾モデル

「dynabook T8・T7・T6」

「dynabook T8・T7」は16.1型のディスプレイを搭載する同社のスタンダードノートのフラッグシップモデル。インテルの第11世代Coreプロセッサーやブルーレイディスクドライブ、2way4スピーカー、抗菌キーボードなど充実した装備を備える。ワンタッチマイクミュートやAIノイズキャンセラーといったオンライン会議やオンライン授業に便利な機能も備える。dynabook T8のみだが、外部インターフェイスにThunderbolt 4ポートも搭載する。

「dynabook T6」は15.6型のディスプレイを搭載するスタンダードノート。CPUや機能はdynabook T8・T7とほぼ同じだが、画面サイズが異なる。

dynabook T8のスタイリッシュブルーモデル

dynabook T8のスタイリッシュブルーモデル

dynabook T8のサテンゴールド

dynabook T8のサテンゴールド

15.6型のdynabook T6

15.6型のdynabook T6

主な仕様は以下の通り。

dynabook T8:16.1型(フルHD)、Core i7-1195G7、16GB、512GB SSD、サテンゴールド/スタイリッシュブルー、24万円台前半
dynabook T7:16.1型(フルHD)、Core i7-1195G7、8GB、512GB SSD、サテンゴールド/スタイリッシュブルー、22万円台半ば
dynabook T6:15.6型(フルHD)、Core i7-1195G7、8GB、256GB SSD、サテンゴールド、19万円台半ば
(ディスプレイ、CPU、メモリー、ストレージ、カラー、税込の市場想定価格)

いずれもOSはWindows 11 Home 64ビットで、OfficeアプリにはOffice Home and Business 2021を搭載する。

「dynabook C8・C7・C6」

光学ドライブを搭載しない薄型ボディのスタンダードノート。15.6型の大画面ながら、約19.9mmのスリムボディで、約1.84kg〜1.94kgの軽さを実現している。また、約200万画素のWebカメラ(dynabook C8、dynabook C7)を搭載しており、鮮やかな映像でオンライン会議に参加できるという。ワンタッチマイクミュートやAIノイズキャンセラーなど、テレワーク向けの機能も充実している。

バッテリー駆動時間は約10時間。抗菌キーボードや顔認証(dynabook C8、dynabook C7)、デュアルストレージ(dynabook C7のみ)、Wi-Fi 6対応など、基本性能も高い。

dynabook C8のサテンゴールドモデル

dynabook C8のサテンゴールドモデル

dynabook C7のリュクスホワイトモデル

dynabook C7のリュクスホワイトモデル

dynabook C7のサテンゴールドモデル

dynabook C7のサテンゴールドモデル

dynabook C8:15.6型(フルHD)、Core i7-1195G7、16GB、512GB SSD、約1.84kg、サテンゴールド/スタイリッシュブルー、20万円台後半
dynabook C7:15.6型(フルHD)、Core i7-1195G7、8GB、256GB SSD+1TB HDD、約1.94kg、サテンゴールド/リュクスホワイト/スタイリッシュブルー、19万円台前半
dynabook C6:15.6型(フルHD)、Core i5-1155G7、8GB、256GB SSD、約1.84kgサテンゴールド/スタイリッシュブルー、17万円前後
(CPU、メモリー、ストレージ、重量、カラー、税込の市場想定価格)

いずれもOSはWindows 11 Home 64ビット。OfficeアプリはOffice Home and Business 2021を搭載する。

「dynabook F8・F6」

「dynabook F8・F6」はディスプレイが360°回転し、5つのスタイルで利用できる“5in1のプレミアムPenノートPC”。具体的にはNote PCスタイル、Tabletスタイル、Monitorスタイル、Penスタイル、Flatスタイルの5つのスタイルで利用できる。

筆圧感知レベル4096のアクティブ静電辺が付属し、Windows 11で強化されたペン機能を利用できる。独自のノートアプリ「TruNote」も搭載する。ディスプレイは15.6型のフルHD(1920×1080、ノングレア)で、大画面で手書きができるのが魅力と言える。

dynabook F8

dynabook F8

ペン入力対応のタブレットとして利用可能

ペン入力対応のタブレットとして利用可能

dynabook F8:Core i7-1165G7、16GB、512GB SSD、約12.5時間、20万円台前半
dynabook F6:Core i5-1135G7、8GB、256GB SSD、約13.0時間、17万円台半ば
(CPU、メモリー、ストレージ、税込の市場想定価格)

どちらもOSはWindows 11 Home 64ビット。OfficeアプリはOffice Home and Business 2021を搭載する。

「dynabook S6」

13.3型のディスプレイを搭載するスタンダードモバイルノートPC。重量が約1.279kg、厚さ19.9mmの軽量薄型ボディで気軽に持ち歩けるのが特徴。バッテリー駆動時間は約10.5時間で、30分間の充電でバッテリー駆動の約40%充電できる「お急ぎ30分チャージ」にも対応する。

アメリカ国防総省のMIL規格に準拠した耐久テストをクリアした、すぐれた堅ろう性も備える。セキュリティ面では顔認証センサーと指紋センサーを搭載する。ディスプレイは13.3型のフルHD(1920×1080、ノングレアタイプ)。

本体サイズサイズは約316.0(幅)×227.0(奥行)×19.9(高さ)mm、重量は約1.279kg。OSはWindows 11 Home 64ビット。OfficeアプリはOffice Home and Business 2021を搭載する。

dynabook S6

dynabook S6

dynabook S6:Core i5-1135G7、8GB、256GB SSD、16万円台半ば
(CPU、メモリー、ストレージ、税込の市場想定価格)

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る