ニュース

人気シリーズの最新ゲーミングマウス。ロジクール「G502 X」発表

ロジクールは、ゲーミング向け専門ブランド「ロジクールG」より、ゲーミングマウス「「G502 X」シリーズの日本市場投入を発表しました。2019年に発売された従来モデル「G502」は、多数のボタンによる機能性の高さと、遅延を感じさせない安定した接続といった部分がユーザーから評価されたモデルです。その後継機となる「G502 X」は、軽量化のニーズに応えるコンパクトボディに、最大13個のボタン搭載など、さらなる高機能化が図られたシリーズになっています。

さらなる軽量化でeスポーツ最前線でも戦えるゲーミングマウス

「G502 X」シリーズには、有線接続の「G502 X」、無線接続「LIGHTSPEED」対応の「G502 X LIGHTSPEED」、無線接続に加えてカラーLEDイルミネーションを備える「G502 X PLUS」の3つがラインアップ。ベースとなる基本スペックは同様です。それぞれ、ブラックとホワイトの2色が用意されています。公式サイトでの販売価格は、「G502 X」が10,890円(税込。以下同)、「G502 X LIGHTSPEED」が19,360円、「G502 X PLUS」が21,780円。

有線モデル「G502 X」

有線モデル「G502 X」

無線モデル「G502 X LIGHTSPEED」

無線モデル「G502 X LIGHTSPEED」

LEDライト搭載の無線モデル「G502 X PLUS」。ライトは、柔らかい光方に変更されました

LEDライト搭載の無線モデル「G502 X PLUS」。ライトは、柔らかい光方に変更されました

大きく変わったのは、ボディの重量。有線モデル「G502 X」は約32g軽い89g、無線モデル「G502 X LIGHTSPEED」は約12g軽い102gと、従来モデルから軽量化が実現されています、ゲーミングマウスの市場では軽さに対する声が大きく、それを反映した変更とのことです。

左が従来モデルの「G502」、右が「G502 X」。大きさこそ変わっていませんが、細かなパーツを調整することで約32gの軽量化を実現。全体的には、丸みが低くなったように見えます

左が従来モデルの「G502」、右が「G502 X」。大きさこそ変わっていませんが、細かなパーツを調整することで約32gの軽量化を実現。全体的には、丸みが低くなったように見えます

左が従来モデルの「G502」、右が「G502 X」。底面は、マウスソールが広くなり滑りやすくなったとのこと

左が従来モデルの「G502」、右が「G502 X」。底面は、マウスソールが広くなり滑りやすくなったとのこと

メインボタンのスイッチは、クリック感の高いメカニカルスイッチと、高速で性格なクリックが可能な光学式スイッチの長所を備える「LIGHTFORCE スイッチ」を搭載。搭載するセンサーは、ロジクール製マウスの中でも上位モデルに採用されている「HERO 25K」を採用。「G502 X LIGHTSPEED」と「G502 X PLUS」は、置くだけで充電が行えるワイヤレス自動充電システム「POWERPLAY」にも対応します。

細かな動きでもクリックしやすい非常に軽いメインボタン

細かな動きでもクリックしやすい非常に軽いメインボタン

無線モデルが対応する「LIGHTSPEED」は、前世代の「LIGHTSPEED」と比較して、遅延が68%減少したとのこと。「LIGHTSPEED」は、もともとが高速で安定した接続が売りでしたが、それがさらに向上したことになります。

そのほかにも、ラバーグリップの素材や、取り外し可能なDPIボタンなど、細かな使い勝手やデザインがアップグレードされていて、さらにゲーミングマウスとしての完成道が高くなっていると感じました。

DPIボタンは取り外し可能。取り外した際にもカバーをつけて誤動作を防止できます

DPIボタンは取り外し可能。取り外した際にもカバーをつけて誤動作を防止できます

ゲームがうまくなるにはこだわりたいゲーミングマウス。eスポーツ向けに作られているため、使い勝手も機能性も高いレベルにある「G502 X」は、選択肢にいれておいたほうがいいでしょう。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る