ニュース

【CES 2023】デスクトップ向け低PBPモデルにモバイルまで。インテルが第13世代Coreプロセッサーの追加ラインアップを一挙発表

【CES 2023】デスクトップ向け低PBPモデルにモバイルまで。インテルが第13世代Coreプロセッサーの追加ラインアップを一挙発表

インテルは米国ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジー見本市「CES 2023」に合わせ、第13世代Coreプロセッサー(開発コード名:Raptor Lake)の追加ラインアップを一挙発表した。

今回明らかにされたのは、デスクトップ向けの第13世代Coreプロセッサーの追加ラインアップ、モバイル向け第13世代Coreプロセッサー、そして新たにエントリー領域をカバーする新シリーズ、Intel Processor Nだ。

デスクトップ向け第13世代Coreプロセッサーは、末尾にKを冠したアンロックモデルがすでに発表済みだが、今回はPBPが最大65Wの無印モデル、末尾にTを冠したPBP 35Wの低消費電力モデルが新たに加わった。無印モデルは内蔵GPUのないFを冠したモデルを含めて全部で10モデル、低消費電力モデルは全部で6モデルが加わる。価格は、無印が109〜549USドル、低消費電力モデルが134〜549USドルだ。

同社によれば、第13世代Coreプロセッサーの「Core i9-13900」と第12世代Coreプロセッサー「Core i9-12900」との比較において、シングルスレッド性能で最大11%,マルチスレッド性能で最大34%の性能向上を実現したという

同社によれば、第13世代Coreプロセッサーの「Core i9-13900」と第12世代Coreプロセッサー「Core i9-12900」との比較において、シングルスレッド性能で最大11%,マルチスレッド性能で最大34%の性能向上を実現したという

PBPが最大65Wの無印モデルのラインアップ

PBPが最大65Wの無印モデルのラインアップ

PBP 35Wの低消費電力モデルのラインアップ

PBP 35Wの低消費電力モデルのラインアップ

モバイル向け第13世代Coreプロセッサーは、2チップ構成・PBP 55WのHXシリーズ、1チップ構成を採用するPBP 45WのHシリーズ、PBP 28WのPシリーズ、PBP 15WのUシリーズが投入される。

モバイル向け第13世代Coreプロセッサーは4シリーズを投入

モバイル向け第13世代Coreプロセッサーは4シリーズを投入

ハイエンドなゲーミングノートPCやワークステーションなどに搭載が見込まれる第13世代Core HXシリーズは、第12世代Core HXシリーズ同様、デスクトップ向けのRaptor Lake-Sを転用しており、CPUコアは最大でPコア8基+Eコア16基の合計24コア/32スレッドと、デスクトップ向けRaptor Lake-Sと同じ規模となっている。いずれも、Pコアの最大動作クロックが向上したほか、一部モデルでは対応メモリーのスペックも引き上げられた。いっぽうで、CPU直結のPCI Express 5.0が16レーン、PCI Express 4.0が4レーン、EU数最大32基のGPUコアといった仕様は第12世代Core HXシリーズから据え置かれている。

同社は、第12世代Core Hシリーズの「Core i9-12900HK」と比べ、SPECrate2017を利用したベンチマークでシングルスレッド性能が最大11%、マルチタスク性能が最大49%、Blenderを用いた3Dレンダリングパフォーマンスが最大で79%、クリエーター向けのアプリケーションで最大15%、ゲーミングパフォーマンスで最大12%向上したとアピール。今後、さまざまなメーカーから60を超える製品が投入される予定とのことだ。

第13世代Core HXシリーズの概要

第13世代Core HXシリーズの概要

第13世代Core HXシリーズのラインアップ

第13世代Core HXシリーズのラインアップ

第13世代Core H/P/Uシリーズは、CPUコアがPコア最大6基、Eコア最大8基の最大14コア/20スレッドとなっており、規模としては第12世代Core H/P/Uシリーズから据え置きとなっているが、Pコアの性能向上やキャッシュ容量の最適化により、第12世代Core H/P/Uシリーズよりもパフォーマンスが向上しているという。なお、対応メモリーはDDR5-5200/DDR4-3200で、特定SKUではLPDDR5-6400やLPDDR4-4267なども利用できるとのこと。GPUコアのEU数は最大96基で、ディスクリートGPUの組み合わせを想定したHXシリーズよりも高性能なものとなっている。

第13世代Core H/P/Uシリーズの概要

第13世代Core H/P/Uシリーズの概要

第13世代Core Hシリーズのラインアップ

第13世代Core Hシリーズのラインアップ

第13世代Core Pシリーズのラインアップ

第13世代Core Pシリーズのラインアップ

第13世代Core Uシリーズのラインアップ

第13世代Core Uシリーズのラインアップ

新たにモバイルプロセッサーのラインアップに加わったIntel Processor Nは、ハイブリッドアーキテクチャーで用いられているEコアのみで構成されたCPUコアとEU数最大32基のGPUコアを組み合わせ、コストパフォーマンスを追求した従来のPentiumやCeleronを置き換えるエントリーグレードの新シリーズという位置づけだ。シリーズ内で2グレードが用意されており、上位のCore i3 Nは最大8基のEコアを、下位のIntel Processorは最大4基のEコアを搭載。50を超える製品が今後投入される予定とのことだ。

Intel Processor Nシリーズの概要

Intel Processor Nシリーズの概要

Intel Processor Nシリーズのラインアップ

Intel Processor Nシリーズのラインアップ

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
パソコンパーツのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る