レビュー
【最新PCパーツラボ】Fijiの底力を実感! 小さくても高性能

Mini-ITXマザーボードより小さい! AMDのハイエンドGPU「Radeon R9 Nano」レビュー

自作PCやPCパワーアップに役立つ情報をお届けする「最新PCパーツラボ」。第56回はAMDが2015年9月10日にリリースした、Fijiコアを採用するハイエンドGPU「Radeon R9 Nano」を取り上げる。同社のシングルGPU最上位モデル「Radeon R9 Fury X」に匹敵する性能を備えながらも、カード自体はMini-ITXマザーボードに収まるコンパクトサイズを実現したモデルだ。今回、リファレンスデザインのRadeon R9 Nanoビデオカードを借りることができたので、その実力をチェックしてみよう。

リファレンスデザインのRadeon R9 Nanoビデオカード

リファレンスデザインのRadeon R9 Nanoビデオカード

低電力とハイパフォーマンスを実現! カード長は160mmとコンパクト

Radeon R9 Nano(以下、R9 Nano)は、RadeonのシングルGPUの最上位モデル「Radeon R9 Fury X」(以下、R9 Fury X)と、その下位モデル「Radeon R9 Fury」(以下、R9 Fury)に続き登場した、同じFijiコアを採用したハイエンドGPU。

最大の魅力は、ハイエンドGPUながら、とにかく基板サイズが短いこと。リファレンスカードの全長は約160mm(実測)で、Mini-ITXマザーボード(170×170mm)より小さい。これまで、このような、いわゆるショート基板と言われるビデオカードは数多く発売されているが、そうした製品は決まってミドルクラスのGPUを搭載してきた。それに対して、AMDが今回リリースしてきたR9 Nanoは、同社のシングルGPU最上位と同等のスペックを誇りながら、Typical Board Powerを抑えるとともにカードサイズも小さく仕上げたモデルだ。表1にFijiコアを採用したGPUの主な仕様をまとめた。

【表1】スペック比較表

【表1】スペック比較表

GPUの性能という点でR9 Fury XとR9 Nanoの大きな違いは、コアクロックが1050MHzから1000MHzに若干低くなったことと、Typical Board Powerが大幅に低減されたことだ。そのほかのシェーダープロセッサー数やテクスチャユニット数、ROP数などを比べてもほぼ同じとなっている。そうした中で、当然疑問に思うのが、Typical Board Powerが275Wから175Wへ100Wも低くなったことによる影響だろう。AMDによると、低電圧で動作可能な選別コアを採用することで、パフォーマンスと省電力性を両立させているという。

また、Typical Board Powerが大きく低下したことでGPUクーラーも小型化している。先に登場した2モデルのうち、R9 Fury Xでは120mmサイズのラジエーターを組み合わせた水冷式を採用したり、R9 Furyでは大型のGPUクーラーを装備していたりと、どちらも冷却機構が大きかった。R9 Fury Xとほぼ同じ性能のコアを持つR9 Nanoでは、ボードサイズにピッタリ収まったGPUクーラーを採用している。冷却方式も一般的な空冷式で、シングルファン+ヒートシンク+ヒートパイプという構成のものだ。また、外部電源も8ピン1系統で済むため、ハイエンドビデオカード特有の扱いにくさもない。外部電源のコネクターがカード後方にあるのはやや残念な気もするが、そもそも全長が短いため、PCケース側と干渉する可能性は低い、という判断なのかもしれない。

GPUクーラーの構成図

GPUクーラーの構成図

GPUとの接触面とヒートシンク

GPUとの接触面とヒートシンク

Mini-ITXマザーボードでの使用例。カードサイズは確かにMini-ITXより小さめになっている

Mini-ITXマザーボードでの使用例。カードサイズは確かにMini-ITXより小さめになっている

2スロット占有型で映像出力端子はFury Xと同じ

続いて、リファレンスデザインのビデオカード本体をチェックしていこう。基本的なルックスは、Radeon R9 Fury Xビデオカードの空冷版といったところだが、負荷状況に応じてLEDが光るインジケーターやRadeonロゴの電飾などは省略されている。本体は2スロット占有型。ブラケット側の映像出力端子の構成は、DisplayPort×3系統、HDMI1.4a×1系統と、Fury Xと同様だ。外部電源端子は8ピン×1系統で、前述の通り、コネクターはカード後方側に用意されている。

カード本体のデザイン

カード本体のデザイン

本体の左右側面

本体の左右側面

外部電源コネクターは側面ではなく、カード後方側に用意されている

外部電源コネクターは側面ではなく、カード後方側に用意されている

カード裏面

カード裏面

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
パソコンパーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る