特別企画
利用の少ないユーザーに適した低価格のデータ通信パック

NTTドコモの「シェアパック5」が2016年3月よりスタート!

NTTドコモは2016年1月29日、政府主導で実施された総務省の「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」(以下、タスクフォース)を受けて、ライトユーザー向けの新しい料金プランを発表した。新料金プランはどんなユーザーに適しているのか? 既存プランの変更点とともに詳しくレポートしよう。

1月29日の決算報告会の中で発表されたライトユーザー向けのデータ通信パック「シェアパック 5」

1月29日の決算報告会の中で発表されたライトユーザー向けのデータ通信パック「シェアパック 5」

毎月5GBを家族でシェアする「シェアパック5」が3月に開始される

今回は発表されたのは、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」向けの、新しいデータ通信パック「シェアパック 5」だ。

シェアパック5は、「カケホーダイ」および「カケホーダイライトプラン」と組み合わせて、家族で毎月5GBのデータ容量をシェアできるデータ通信パック。料金は月額6,500円で、従来の最低料金だった「シェアパック10」(月額9,500円)よりも、3,000円安い。使いきれなかったデータ容量は翌月まで繰り越せる。また、今回の発表では、シェアパック5とともに、従来のシェアパック10でも「カケホーダイライトプラン」を組み合わせることができるように条件が改正された。

シェアパック5の割引きメニューを見ると、長期契約者向けの優遇である「ずっとドコモ割」の対象となっており、NTTドコモを10年以上利用している場合月額600円、15年以上なら800円の割引きが受けられる。このほかにも、光回線の「ドコモ光パック」と組み合わせることも可能で、この場合は月額800円の割引きが適用される。

データ通信パックに追加されたシェアパック5。月間5GBの通信が可能。使いきれなかった場合は繰越もOKだ

データ通信パックに追加されたシェアパック5。月間5GBの通信が可能。使いきれなかった場合は繰越もOKだ

シェアパック5は、カケホーダイおよびカケホーダイライトプランと組み合わせることができる。また、従来のシェアパック10もカケホーダイライトプランに対応した

シェアパック5を使い家族3人で使用するモデルケース。カケホーダイライトプランと組み合わせることで月額4,500円/1人、15年以上のずっとドコモ割適用なら4,233円/1人まで安くなる

課題だったライトユーザー向け負担減対策のひとつ

今回発表されたシェアパック5は、月間5GBを家族でシェアすることからもわかるように、データ通信をあまり行わない人向けのプランだ。

これは、総務省主導の上記タスクフォースの取りまとめにある「ライトユーザーも利用しやすいスマートフォンの料金プランの提供」を受けたもので、家族3人なら1人当たり月額5,000円以内でスマートフォンを持てる計算だ。すでに、ソフトバンクも月額2,900円で、1GBの通信が可能な「データ定額パック・小容量(1)」を発表しているが、趣旨や目的としては共通するものといえるだろう。

シェアパック5は、3月よりスタートする

シェアパック5は、3月よりスタートする

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る