レビュー
マイクロソフト初のノートパソコンは超ハイスペックマシン

本当に「究極の一台」なのか!? マイクロソフト「Surface Book」レビュー

「Surface Book」は、マイクロソフト初のノートパソコンとして注目されている。「Surface」や「Surface Pro」はタブレット型のデバイスで、キーボードはあくまで別売りのオプションという位置付けなのに対して、Surface Bookは標準で付属するキーボードと組み合わせて使うノートパソコンとして作られている。高精細な13.5型液晶ディスプレイや専用のグラフィックスチップ(GPU)を搭載するなど、ノートパソコンとしては最高クラスの性能を誇る。キャッチコピーは「究極の一台」。確かにスペックは、ノートパソコンとしは最高峰だが、使い勝手はどうなのか、実機を使って試してみた。

マイクロソフト初のノートパソコンであるSurface Book。ノートパソコンではあるが、13.5型液晶ディスプレイを搭載する2in1タイプで、ディスプレイ部分を取り外して、タブレットとしても利用できる。搭載するCPUの種類、メモリーやストレージの容量の違いで4機種をラインアップ。Core i5/8GBメモリー/128GBのSSDを搭載した一番安価なモデルの価格.com最安価格は196,035円(2016年2月29日時点)

機械的な独自のヒンジに注目!

本体は、こだわって作られているのがすぐにわかる。カラーは「Surface Pro 4」と同じシルバー。ライバルであるアップルの「MacBook Pro」よりも明るめのシルバーで、軽やかな印象だ。質感は、サラっとした手触りで、指紋がつきにくい仕上がり。ディスプレイ部分(タブレット)の側面に排熱用の小さな穴がびっしりと並んでいるのが気になるかもしれないが、きれいに処理されており実物ではそれほど気にならないはずだ。デザイン上のポイントはヒンジ部分。上手いたとえが浮かばないが、ダンゴ虫のような面白い動きをする。複数の軸が連動して曲がる仕組みで、独特の動きだ。動きは滑らかだが、一般的な1つの軸のノートパソコンよりも角度を調整するのにある程度力が必要だと感じた。

Surface Bookは、ノートパソコンだが、ディスプレイ部分をキーボードから取り外してタブレットとしても利用できる。ディスプレイ部分(タブレット)とキーボード部分は、「マッスルワイヤー」と呼ばれる仕組みで固定されている。2in1タイプによくある磁石ではなく、機械的に固定されており、キーボードの取り外しボタンを押してから、分離する仕組みだ。この仕組みには、少々クセがある。詳しくは後述するが、Surface Bookはキーボードに専用のGPUが搭載されており、このGPUを使っているときは分離できない仕組みなのだ。また、電源がゼロになっても分離できないなど、少し気になる仕様となっている。

明るめのシルバーで軽やかな印象のSurface Book。軽やかな色味とは逆に、キーボードを含めた重量は約1516g(GPU非搭載モデル)で、モバイルノートPCとしては重い部類に入る

Surface Bookの特徴であるヒンジ部分。複数の軸とパーツを組み合わせたメカメカしいヒンジだ。動きは滑らかだが、少し硬めで、少し力を入れなければ角度を変えられない

独自のヒンジは、ディスプレイ部分(タブレット)とキーボード部分に隙間ができてしまうのが難点。ペンなどを挟まないように注意したい

キーボード部分には5つの凸部分があり、機械的に固定する仕組みだ。ディスプレイ部分(タブレット)の底面には、充電用端子「SurfaceConnect」を備える

天板にはマイクロソフトのロゴが別パーツで取り付けられている。リアカメラは800万画素

天板にはマイクロソフトのロゴが別パーツで取り付けられている。リアカメラは800万画素

底面。ヒンジ部分がかなりのスペースをとっているのがわかる

底面。ヒンジ部分がかなりのスペースをとっているのがわかる

ディスプレイ部分(タブレット)はSurface Pro 4よりも軽い

ディスプレイは13.5型液晶で、画面の縦横比はSurface Pro 4と同じ3:2。縦向きでも横向きでも見やすく、ノートパソコンとして使っても見やすい縦横比だ。付属の「Surface ペン」を使って、イラストを描いたり、メモをとったりするときにも、この縦横比は使いやすい。解像度は3000×2000(267ppi)の超高解像度。マイクロソフトでは、「PixelSenseディスプレイ」と呼んでいるが、アップルの「Retinaディスプレイ」と同じで、超高精細という意味だ。高精細なディスプレイだが、非常に明るく、室内であれば輝度25%でも十分すぎる。色再現性はsRGBを100%カバーするなど、表示品質は非常に高い。写真をレタッチしたり、動画を編集したりするといったクリエイティブな用途にはピッタリだ。

ディスプレイ部分(タブレット)のサイズは、約312.3(幅)×220.2(奥行)×7.7(厚さ)mm、重量は約726g。12.3型のSurface Pro 4(Core m3モデルが約767g、Core i5/i7モデルが約786g)よりも軽い。実物は、画面サイズが大きい分、数値以上に軽く感じる。厚さが7.7mmとスリムなのも、手にすると際立って薄く感じられる。

もちろん、Surfaceペンを使ったペン入力も可能。1024段階の筆圧検知に対応しているほか、画面に手を置いても描けるパームリジェクションもサポートする。書き味はSurface Pro 4と同じで、紙とボールペンのような滑らか書き味だ。オマケ的な機能だが、Surfaceペンのトップボタンを押したときに割り当てられる機能をカスタマイズできるようになっている。シングルクリック(1回押し)でデジタルメモアプリ「OneNote」の起動、長押しで音声アシスタントの「Cortana」の呼び出しが既定機能だが、スクリーンショットなどを割り当てられる。トップボタンが消しゴムとして使える機能は引き続き搭載されている。

3000×2000の13.5型液晶ディスプレイ。非常に明るく、鮮やかなディスプレイだ。表示倍率は200%が推奨設定となっていたが、100%にすると文字が小さくて操作しづらくなる。ベゼル(額縁)は上下左右細く洗練された印象

ディスプレイ部分(タブレット)の重量は実測で723gだった

ディスプレイ部分(タブレット)の重量は実測で723gだった

Surfaceペンを使った手書き入力が可能。遅延がなく、滑らかな書き味で、本格的なイラスト作成にも使えそうだ

Surfaceペンはディスプレイ部分(タブレット)の側面に磁石で固定しておける

Surfaceペンはディスプレイ部分(タブレット)の側面に磁石で固定しておける

Surfaceペンのトップボタンに割り当てる機能はカスタマイズが可能。ペンの感度も調整できる

Surfaceペンのトップボタンに割り当てる機能はカスタマイズが可能。ペンの感度も調整できる

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る