スタートダッシュに成功!? 価格.comの人気ランキングでは上位を独占

「iPhone 7 Plus」を1週間使って感じた、いいところと気になるところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルが2016年9月16日に発売した「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」。価格.comの「スマートフォン」カテゴリーの人気ランキングでは、iPhone 7(SIMフリー)の32GBモデルが1位、128GBモデルが2位、iPhone 7 Plus(NTTドコモ)の128GBモデルが5位に入っている(2016年9月21日時点)。アップルから販売台数は公表されていないが、「Suica」対応の「Apple Pay」や防水など、日本市場で求められる機能を盛り込んだことで、国内での出足は悪くなさそうだ。発売直後ということで、新色を中心に一部のモデルは入荷待ちの状態が続いている。

価格.comマガジンでは、ファーストインプレッションを掲載済みだが、発売日にiPhone 7 Plusのジェットブラックモデルを入手し、約1週間使ってみて感じた、いいところと気になったところを紹介したい。

iPhone 7 Plusのジェットブラックモデル。5.5型のフルHD液晶ディスプレイを搭載する大画面スマホで、本体サイズは前モデルの「iPhone 6s Plus」から変わっていない

いいところ
カメラ、防水と新ホームボタン、指紋センサーと「iOS 10」

iPhone 7 Plusのいいところを挙げるときりがないので、3点に絞って紹介したい。まずはカメラ。iPhone 7 Plusは、広角と望遠の2つのカメラを搭載しており、光学2倍ズームを実現している。デジタルカメラと比べると、たったの2倍と思うかもしれないが、できるとできないとでは大きく違う。電車や人物など近寄りにくい被写体を撮るのには、この上なく便利だ。望遠ならではの圧縮効果により、収まりのよい写真が撮れるのもポイント。

使い方は、「1x」のボタンをタップするだけ。このまま右の方に指を動かすとデジタルズームとなり、最大10倍ズームが可能だ。デジタルズームにすると画質は落ちるが、SNSにアップする程度なら、4倍、5倍くらいは許容範囲ではないだろうか。これまでのiPhoneと同じように、ピンチアウトでもズームできる。ビデオ撮影でもズームは可能だが、1xボタンでズームをすると、がくっと画角が変わるので、ピンチアウトでズームするといいだろう。

肝心の画質もアップしている。特に2年前のモデルである「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」のユーザーなら、800万画素から1200万画素への画素数のアップという恩恵を受けられる。撮り比べてみると、鮮やかさが増しているのが一目でわかるほどだ。レスポンスも軽快で、ついついたくさん撮ってしまう。日付や場所の情報をもとに、自動でスライドショーを作成してくれる「iOS 10」の新機能「メモリー」を使えば、見るのも楽しい。

28mmの広角レンズと56mmの望遠レンズを搭載するiPhone 7 Plusのデュアルカメラ。レンズの明るさと光学式手ブレ補正機構の有無という違いはあるが、常時2つのカメラを使って撮影することで、クオリティの高い写真を撮影できる

「1x」というボタンをタップすると光学2倍ズームに切り替わる(写真は2xの光学2倍ズーム時)

「1x」というボタンをタップすると光学2倍ズームに切り替わる(写真は2xの光学2倍ズーム時)

左が1x、右が2x。デジタルズームと異なり、画質の劣化がないのが光学ズームの魅力。デジカメに比べるとズーム倍率は低いが、これだけ画角が変わるので、表現の幅が広がること間違いなしだ

左が1x、右が2x。望遠ならでは圧縮効果が効いて、余分な部分をカットできた

左が1x、右が2x。望遠ならでは圧縮効果が効いて、余分な部分をカットできた

2つ目は、防水ボディとホームボタンの変更だ。iPhone 7 Plusは、IP67等級の防水に対応しており、万一、水没しても、すぐに取り出せば壊れる心配はない。また、先日雨の中で利用しなくてはならないシーンに出くわしたが、雨の中でも水濡れによる故障の心配をせずに使える。ただ、画面が濡れると操作しにくくなるので、この点は注意が必要だ。また、ホームボタンが感圧式になり、物理的に動かなくなったことで、故障のリスクが減っている。防水ボディとホームボタンの変更により、壊れるリスクが減ったのは、長く使いたい人にとって大きなメリットと言える。

3つ目は指紋センサーとiOS 10。個人的にiPhone 6 Plusを2年間使ってきたが、「Touch ID」と呼ばれる指紋センサーの認証スピードが遅くて、いつもパスコードでロックを解除していた。iPhone 7 Plusでは指紋センサーの認証スピードが速いだけでなく、持ち上げると画面が点灯し、ホームボタンを押すとロックが解除できる。アクセシビリティから、「指を当てて開く」に設定すれば、ホームボタンを押す必要もなくなり、本当に素早くロックを解除できて便利だ。ただし、ホームボタンが感圧式に変更された影響で爪だと押せないので、指先が汚れているから、爪で押すといったことはしにくくなっている。

感圧式になったホームボタンには、これまでと同じTouch IDが組み込まれている。2年前のiPhone 6 Plusを使っていた筆者としては、指紋認証のスピードが上がっているのがうれしいポイントだ。パスコードを入力する機会は激減した

気になるところ
シャッター音、ヘッドホン端子廃止、価格

気になるところは、おそらく多くのiPhone 7/7 Plusユーザーや購入検討者が感じている点と同じだと思う。1つ目はシャッター音。いろいろと言われている通り、かなり大きな音が鳴る。ステレオスピーカーになったことで、これまでのようにスピーカー部分を指で覆って、音を小さくするという技も使えない。仕事柄、スクリーンショットを撮ることが多いのだが、このときも大きな音が鳴る。盗撮防止という狙いはわかるが、大きすぎると感じるユーザーは少なくないはずだ。

大きすぎると話題のシャッター音。下のスピーカー部分と通話時に耳をあてる部分を塞ぐと、音が小さくなるが、あまり実用的ではない

2点目は、ヘッドホン端子がないこと。アダプターが付属するので、今使っているヘッドホンやイヤホンをすぐに買い替える必要はないが、Lightning端子に接続しなければならないので、当然、充電しながらだと使えない。充電しながらヘッドホンで音楽を聞きたい場合は、「iPhone Lightning Dock」を使うか、サードパーティのアダプターを追加購入しなければならない。実際、iPhoneで音楽を聞きながら仕事をする、勉強をするという人は多いと思うので、思っている以上に不便なはずだ。ワイヤレス充電に対応するなど、もう少し準備が必要だったのかもしれない。

ワイヤレスイヤホンを使うという手もある。アップル純正の「AirPods」が10月発売なので、「EARIN」を試してみたが、ケーブルの煩わしさから解放され、非常に快適なのだが、バッテリーが切れると聞けなくなってしまう。最適解はAirPodsなのか、それとも他社製で画期的なワイヤレスイヤホンが登場するのか、iPhone 7/7 Plusユーザーにとって、イヤホンは大きな問題になりそうだ。

スウェーデンのEARIN社のEARINを使ってワイヤレスで音楽を聞いているが、バッテリーが切れて使えなくなることもあった。AirPodsでもバッテリーの問題はあるが、果たしてどうなのか、実際に試してみたい

3点目は価格だ。SIMフリーのiPhone 7 Plusの価格は、32GBモデルが92,664円、128GBモデルが104,544円、256GBモデルが116,424円。円高の影響からか、iPhone 6s Plusより安くはなっているが、海外メーカー、特に中国メーカーを中心にハイスペックで手ごろな価格のモデルが増えているので、それに比べると、お財布にはやさしくない。大手キャリアによる、割引や下取り増額などのキャンペーンも今のところ大々的に行われていない。もちろん、価格なりの価値があり、iPhoneというブランド力もあるので、高すぎるとは感じない。手ごろな価格でiPhoneを使いたいという人は、iPhone 7/7 Plusの発売に合わせて、1万円ほど値下げされた、「iPhone SE」の64GBモデルを狙うのもありだろう。

まとめ

iPhone 6 PlusからiPhone 7 Plusへ乗り換えて、1週間使ってみたが、iPhone 6 Plusの不満点が解消されていることを実感できた。Touch IDの高速化とiOS 10の組み合わせは、非常に便利で、バッテリーとパフォーマンスのアップも体感できた。カメラの画質もアップしているし、4K動画が撮れるのも将来見返すときにきっと恩恵があるはずだ。2年前のiPhone 6 Plusから買い替えた人は、きっと満足できるはずだ。

1年前のiPhone 6s Plusからの買い替えに関しても、今回のiPhone 7 Plusには買い替えたくなる魅力的な機能が盛り込まれている。10月にサービスがスタートするApple Payだ。サービス前なので、試せてはいないが、期待は膨らむばかりだ。なお、iPhoneの買い替えは来年という人なら、「Apple Watch Series 2」を使うという手もある。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
iPhone 7 Plus 128GB SIMフリー 100,500 Suica対応で防水ボディの新型iPhone
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.3.22 更新
ページトップへ戻る