声やヘッドジェスチャーで直感的な操作が可能

「Xperia Ear」はソニーモバイル版のApple Watch? パーソナルアシスタントは体のどこに着けるのが正解なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーモバイルコミュニケーションズは2016年10月6日、耳に装着して音声でスマートフォン(スマホ)を操作できる「Xperia Ear」を11月18日に発売すると発表した。専用アプリをインストールしたスマホとBluetoothで接続して利用する。市場想定価格は20,000円前後(税別)。スマートウォッチの耳版とも言えるXperia Earとはどんな製品なのだろうか。

耳に装着して利用するXperia Ear。ハンズフリーでの通話、メッセージの送受信、Googleマップを使ったナビゲーション、ウィキペディアによる情報検索などができる。市場想定価格は20,000円前後(税別)。11月18日に発売する

音声でスマホを操作できる“スマート”Bluetoothヘッドセット

Xperia Earは、声やヘッドジェスチャーによる直感的な操作と自然な音声コミュニケーションが可能な、これまでにないカテゴリーの製品だ。見た目はBluetoothヘッドセットに近いが、専用アプリと組み合わせることで、最新のニュースのハイライトを聞いたり、メッセージをやり取りしたりできる。利用シーンは、スマホの画面を見るのが難しい移動中や仕事中などを想定。ターゲットは、イノベーターやアーリーアダプターと言われる、新しいものを積極的に取り入れる人たちだ。

「○○さんに電話して」など自然な音声対話で電話の発信、メッセージの読み上げなどを実現する「ソニーエージェントテクノロジー」と近接センサーを組み合わせることで、耳に装着したことを認識し、不在着信や新規のメッセージ、最新のニュース、天気などを音声で教えてくれる。日本語の音声は人気声優の寿美菜子さんが担当した。実際に試してみたが、音声が自然で聴き取りやすく、音声を認識する精度も高かった。

声だけでなく、Xperia Earからの問いかけに対して首を縦(はい)や横(いいえ)に振るジェスチャーで指示することもできる。たとえば、メッセージに返信するかどうか、といったシーンでこのジェスチャーが利用できる。

Xperia Ear

Xperia Ear

専用アプリをインストールしたスマホと組み合わせて利用する

専用アプリをインストールしたスマホと組み合わせて利用する

主な仕様は、近接センサー、加速度センサー、ジャイロセンサーを装備。Bluetoothのバージョンは4.1で、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFPをサポートする。NFCにも対応。バッテリー容量は本体が65mAhで、充電ケースが300mAh。連続待受時間は約80時間。対応機種はAndroid 4.4以上を搭載したAndroidスマホで、iPhoneでは利用できない。本体サイズは15.2(幅)×29.3(高さ)×24.3(奥行)mm、重量は約6.6g。充電ケースのサイズは29(幅)×41(高さ)×60(奥行)mm、重量は約39g。3サイズ(S、M、L)のカナル型イヤーピースとオープン型イヤーピース、3サイズ(S、M、L)のアークサポーターが付属する。

バッテリー内蔵の充電ケースに収納して充電する

バッテリー内蔵の充電ケースに収納して充電する

装着性にこだわっており、S、M、Lの3サイズのカナル型イヤーピースと、耳の大きさに合わせて調整できるアークサポーターが付属する

パーソナルアシスタントは耳か手首かはたまた……

スマホに届いたメッセージや着信を、スマホを見ずに確認できるという点では、形は違えどアップルの「Apple Watch」やグーグルの「Android Wear」といったスマートウォッチに用途は近い。どちらもパーソナルアシスタントという側面を持っており、ユーザーのコミュニケーションをサポートしてくれる。

それでは、パーソナルアシスタントは、耳と手首のどちらにあると便利なのだろうか。耳の場合は、腕時計型のように画面を見る必要がないのが利点だ。仕事中、運転中といったシーンでは、腕時計型よりも使いやすいだろう。また、耳に直接取り付けるので、周囲が騒がしいシーンでも各種情報をしっかりと得られる。いっぽうの腕時計型は、小さいながらもディスプレイがあり、視覚で情報を得られるのが大きい。会議中や運動中など、ヘッドセットを着けにくいシーンでも装着できる。どちらも一長一短あり、パーソナルアシスタントがあるべき場所はまだ確立されていないのが現状だ。耳や手首意外にも、これから新たな装着場所が出てくるかもしれない。

Xperia Earは、スマートプロダクトを推進していくために新設されたスマートプロダクト部門が担当する。同部門の商品企画課統括課長の近藤博仁氏は、「コミュニケーションのゴールはスマホではなく、これからもどんどん進化していく。スマホやタブレットのブランドだったXperiaを、コミュニケーションデバイスとサービスのブランドへと広げ、コミュニケーションの未来を創造していきたい」と語った。

同社は、世界最大規模の携帯通信関連・国際展示会「Mobile World Congress 2016」にて、壁やテーブルをタッチスクリーンにする「Xperia Projector」と、声やしぐさで生活をサポートする「Xperia Agent」という2つのコンセプトも発表している。第一弾のXperia Earに続くスマートプロダクトも登場するかもしれない。ソニーモバイルコミュニケーションズがどのようにコミュニケーションを進化させていくのか注目したい。

ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト

ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
Xperia Ear XEA10 19,280 音声でスマホを直感的に操作して、メッセージを送受信できるスマートBluetoothヘッドセット
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.3.25 更新
ページトップへ戻る