読み込み最大3.5GB/秒を実現した超高速SSDがついに登場

速い、速すぎる!! サムスンの新型NVMe対応M.2 SSD「960 PRO/EVO」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチマーク結果

ここからは、各種ベンチマークプログラムを使用し、そのパフォーマンスをみていこう。使用した製品は、「960 PRO」1TBモデルと、「960 EVO」500GBモデル。また、前モデルとの比較のため「950 PRO」512GBモデルも用意した。いずれも「Samsung NVMe Driver 2.0」を利用している。くわしい検証環境のスペックは以下の通り。

CPU インテル「Core i5-6600」
メモリー Crucial「CT2K8G4DFD8213」
マザーボード ASUS「H170 PRO GAMING」
システムドライブ サムスン「SSD 750 EVO」
OS マイクロソフト「Windows 10 64bit」

CrystalDiskMark 5.1.2

まずは、定番のベンチマークプログラム「Crystal DiskMark v5.1.2」を使い、ストレージの転送速度を計測してみた。

「960 PRO」1TBモデル(左)と「960 EVO」500GBモデル(右)のスコア

「960 PRO」1TBモデル(左)と「960 EVO」500GBモデル(右)のスコア

「950 PRO」512GBのスコア

「950 PRO」512GBモデルのスコア

結果の通り、「960 PRO」1TBモデルが、ほかの2モデルを圧倒している。

「960 PRO」1TBモデルのシーケンシャル転送速度(Seq Q32T1)は、リード3,506MB/秒、ライト2,146MB/秒と、公称値通りのスピードを記録。「950 PRO」512GBモデルと比べてみても、その性能差は歴然だ。シングルキュー&スレッドのシーケンシャル速度(Seq)においても伸びている。ただ、ランダム速度(4KQ32T1と4K)は、ライトのみ向上しているが、リードは「950 PRO」と同等だ。

いっぽう「960 EVO」500GBモデルでは、シーケンシャルリード(Seq Q32T1)が3,410MB/秒と「960 PRO」1TBモデルに迫るスコアをマークしているものの、ほかのシングルキュー&スレッドのシーケンシャルリード(Seq)とランダムリード(4K Q32T1と4K)では、従来モデルの「950 PRO」512GBモデルのスコアに負けている。しかしライト性能はよくなっている。シーケンシャル時(Seq Q32T1)は公称値より低い1,672MB/秒となったが、それも含めてすべて「950 PRO」512GBモデルより高いスコアを叩き出している。中でもマルチキューのランダムライト(4K Q32T1)は1.5倍も高くなっていた。

ATTO Disk Benchmark V3.0.5

続いて転送サイズ別のシーケンシャル転送速度を調べられる、「ATTO Disk Benchmark」の結果も見てみよう。グラフは、縦軸が転送サイズ、横軸が転送速度となっている。2色の横棒は、緑がリード速度、赤がライト速度。

ピーク性能は、「960 PRO」1TBモデルは、リード3400MB/秒、ライト2100MB/秒。「960 EVO」500GBモデルがリード3,200MB/秒、ライト1,700MB/秒と、いずれも公称値に近い速度となった。特にライトのピークは、「960 PRO」が32KB、「960 EVO」が16KBと、それぞれ低い転送サイズで到達している。リードはどちらも4MB付近となり、以降トップスピードを維持している。なお、「950 PRO」は全体的にグラフが整っているのに対し、「960 PRO」と「960 EVO」は若干バラつきもあるが、今後ドライバーの成熟が進めばより安定してくるのかもしれない。

ATTO Disk Benchmarkのベンチマーク結果

ATTO Disk Benchmarkのベンチマーク結果。「960 PRO」1TBモデル(左)、「960 EVO」500GBモデル(右)

「950 PRO」512GBモデルのATTO Disk Benchmarkの結果

「950 PRO」512GBモデルのATTO Disk Benchmarkの結果

PCMark 8

続いて、Futuremarkの総合ベンチマークソフト「PCMark 8」に用意されている、ストレージ性能を計測する「Storage Test 2.0」を実行した。このテストでは各種アプリケーションの読み書きパターンを再現しており、実使用に近いパフォーマンスを計測できる。

Storage Test 2.0の総合指標となる「Storage 2.0 Score」は、差が出にくい指標のひとつとなっている。テスト結果を見てもほぼ横並びだ。だがここでも、「960 PRO」1TBモデルが5110ポイント、「960 EVO」500GBモデルが5074ポイント、「950 PRO」512GBモデルが5106ポイントと、「960 EVO」が低くなっている。

PCMark8 Storage 2.0 Test

PCMark8 Storage 2.0 Test

いっぽう、Storage 2.0 Scoreとともに表示されるデータ転送速度の指標「Storage 2.0 bandwidth」では、大きな差がでている。このStorage 2.0 bandwidthでは、「960 PRO」1TBモデルが791.26MB/秒であるのに対し、「960 EVO」500GBモデルが515.11MB/秒とかなり低い数値をだした。そして従来のフラッグシップ「950 PRO」512GBモデルが755.01MB/秒と、ここでも「960 EVO」は「950 PRO」に負けている。とはいえ、各アプリケーションのテスト結果をくわしく見ていくと、どれも僅差になっており、おそらく体感できないレベルと言えるだろう。

なお、発熱については、「HWiNFO64」を利用して温度データを読み取った。従来モデルは60〜70℃を超えることも多かったが、「960シリーズ」では50〜60℃台をキープし、温度上昇も緩やかだった。およそ5〜8℃前後の違いが見られたが、ピーク時には70℃まで上がることもある高速なM.2 SSDでは、この差は大きい。

狙い目は高速でかつ安価なSSD「960 EVO」

以上、ベンチマーク結果を見てきた。新フラッグシップモデルの「960 PRO」は、高速かつ耐久性もあるSSDに仕上がっている。各種ベンチマークのスコアを見る限り、シーケンシャルとランダムどちらのリードライトも高速だ。このスピードなら高精細な写真の現像や4K動画の編集などがさらに快適に行えるだろう。また耐久性も従来モデル「950 PRO」と同等を実現。特に「950 PRO」を所有しているユーザーなら、より高速になった「960 PRO」は、アップグレードにも最適なはずだ。気になる価格は2017年1月4日時点で、価格.com最安価格は、512GBモデルが39,800円(税込)、1TBモデルが75,799円(税込)、2TBモデルが159,800円(税込)と、いずれもかなり高価だ。お金と余裕があれば選ぶのもよいが、この性能の高さが生きてくるのは、クリエイティブな作業など高負荷な用途のみになりそうだ。

もし、読み書き性能にそれほど神経質にならないのであれば、価格重視な「960 EVO」のほうが狙い目だ。下位モデルの「960 EVO」はリード速度の一部が「950 PRO」に負けているケースがみられるものの、その差はごくわずかとなっている。NANDフラッシュにTLCを採用するため耐久性は上位モデルに比べて低くはなるが、普段使いで不足はないだろう。価格も、2017年1月4日時点での価格.com最安価格で、250GBモデルが15,800円(税込)、500GBモデルが29,800円(税込)、1TBモデルが59,800円(税込)と、同容量帯の「960 PRO」に比べて1万円から2万円ほど安く購入できる。2.5インチSATA SSDに比べれば倍の価格だが、それに見合った性能は確実に得られる。SATA SSDからのアップグレードには特にピッタリな製品だろう。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

製品 価格.com最安価格 備考
960 PRO M.2 MZ-V6P512B/IT 38,622 リード最大3.5GB/秒のM.2 SSD(512GBモデル)
960 PRO M.2 MZ-V6P1T0B/IT 73,438 リード最大3.5GB/秒のM.2 SSD(1TBモデル)
960 PRO M.2 MZ-V6P2T0B/IT 169,800 リード最大3.5GB/秒のM.2 SSD(2TBモデル)
960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT 16,779 リード最大3.2GB/秒のM.2 SSD(250GBモデル)
960 EVO M.2 MZ-V6E500B/IT 29,112 リード最大3.2GB/秒のM.2 SSD(500GBモデル)
960 EVO M.2 MZ-V6E1T0B/IT 63,950 リード最大3.2GB/秒のM.2 SSD(1TBモデル)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.4.27 更新
ページトップへ戻る