4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップパソコンも

軽くて頑丈! 富士通から約777gの世界最軽量13.3型ノートパソコン登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通は2017年1月17日、春商戦向けパソコン6シリーズ12機種を1月19日より順次発売すると発表した。注目は、13.3型液晶を搭載するノートパソコンとしては世界最軽量の「LIFEBOOK UH」シリーズと、4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップパソコン「ESPRIMO FH」シリーズの2つ。この2モデルの特徴を詳しく見ていきたい。

重量が約777gの「LIFEBOOK UH75/B1」。13.3型液晶を搭載するノートパソコンとしては世界最軽量(富士通調べ、2016年12月1日時点)

約777gの超軽量&頑丈ボディの「LIFEBOOK UH」

LIFEBOOK UHシリーズは、13.3型液晶ディスプレイ(1920×1080)を搭載するノートパソコン。軽さを重視した「UH75/B1」と、大容量バッテリーを搭載した「UH90/B1」の2モデルをラインアップする。

UH75/B1は重量が約777gの超軽量モデル。液晶ディスプレイの部材のスリム化、バッテリーパックの樹脂素材の簡素化、基板の板厚の削減などにより、13.3型液晶搭載のノートパソコンとしては世界最軽量を実現した。本体と持ち歩く機会の多いACアダプターの小型・軽量化も図っている。また、頑丈設計により、耐落下や耐振動、耐加圧など厳しいテストをクリア。軽量と堅牢を両立しているのも特徴だ。実際に手にすると、驚くほど軽く、それでいてしっかり作り込まれている印象を受けた。ディスプレイがノングレアで、屋外で見やすいのもポイント。本体の厚みはあるが、その分、外部インターフェイスが充実しており、実用度も高い。

実測だとスペック値よりも軽い7650gだった

実測だとスペック値よりも軽い765gだった

UH90/B1はカタログスペックで約17時間のバッテリー駆動を実現したモデル。重量は約913gで、UH75/B1よりは重いものの、1kgを切る軽さを実現している。軽さを重視するならUH75/B1、外出先で長く使いたいならUH90/B1を選ぶといいだろう。

どちらもCPUには第7世代の「Core i5-7200U」(2.50GHz、最大3.10GHz)を搭載。メモリーは4GB。ストレージはUH75/B1が128GBのSSD、UH90/N1が256GBのSSDを備える。外部インターフェイスは、USB3.1 Type-C、USB3.0×2、HDMI出力、LAN、マイク入力/ヘッドホン出力兼用端子、SDメモリーカードなどを搭載。OSはWindows 10 Home 64ビット版。本体サイズは309(幅)×212.5(奥行)×15.5(高さ)mm(突起部含まず)。

価格はオープンで、市場想定価格はUH75/B1が19万円前後、UH90/B1が20万円前後。

女性が乗っても壊れることはない

女性がのっても壊れることはない

薄型・軽量ボディでありながら、同社の人気モバイルノート「LIFEBOOK SH」シリーズと同等の堅牢性を実現

薄型・軽量ボディでありながら、同社の人気モバイルノート「LIFEBOOK SH」シリーズと同等の堅牢性を実現

4辺狭額フレームの「ESPRIMO FH」

ESPRIMO FHシリーズは、4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップパソコン。画面の縁が極細で、コンパクトでシンプルなデザインなのが特徴だ。上と左右の額縁を狭めたモデルはほかにもあるが、下のフレームまで細くしたモデルは珍しい。4辺狭額フレームにより、画面が浮いているような効果も得られるという。フォトフレーム型のスタンドで、置き場所を取らないのもポイント。また、3W+3Wのスピーカーを斜めに実装し、机で音が反射するように工夫することで、デザイン性と音量を両立している。

スノーホワイトとオーシャンブラックの2色のカラーバリエーションを用意する

スノーホワイトとオーシャンブラックの2色のカラーバリエーションを用意する

ラインアップは、CPUに「Core i7-7700HQ」(2.80GHz、最大3.80GHz)を搭載する「FH77/B1」、「Celeron-3865U」(1.80GHz)を搭載する「FH53/B1」と「FH52/B1」の3モデル。いずれもメモリーは4GB、ストレージには1TBのHDDを搭載する。FH77/B1とFH53/B1は、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2基搭載したテレビモデル。外部インターフェイスはUSB3.1 Type-C(FH77/B1はGen2、そのほかはGen1)、USB3.0×5、LAN、SDメモリーカードスロット、マイク/ラインイン兼用端子、ヘッドホン/ラインアプト兼用端子などを備える。OSはWindows 10 Home 64ビット版。

価格はオープンで、市場想定価格はFH77/B1が21万円強、FH53/B1が17万円強、FH52/B1が16万円強。

額縁の太さは2mm

額縁の太さは2mm

無線LANやキーボード/マウスの受信部/受光部を本体下部に配置することで、4辺狭額フレームを実現している

無線LANやキーボード/マウスの受信部/受光部を本体下部に配置することで、4辺狭額フレームを実現している

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
FMV LIFEBOOK UH75/B1 2017年1月発表モデル 179,732 約777gの軽量モバイルノート
FMV LIFEBOOK UH90/B1 FMVU90B1B 195,433 約17時間駆動の大容量バッテリーモデル
FMV ESPRIMO FH77/B1 FMVF77B1B [オーシャンブラック] 177,208 4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップ
FMV ESPRIMO FH77/B1 FMVF77B1W [スノーホワイト] 176,918 4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップ
FMV ESPRIMO FH52/B1 FMVF52B1W 140,183 4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップ
FMV ESPRIMO FH53/B1 FMVF53B1B 167,000 4辺狭額フレームの23.8型液晶一体型デスクトップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.2.26 更新
ページトップへ戻る