VR対応の「New ALIENWARE 13」には有機ELモデルも

人気の「XPS 13」を2in1化! 13.3型で世界最小の2in1パソコン「New XPS 13 2-in-1」登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

デルは2017年1月20日、春商戦向けの新型パソコン9機種の販売を開始した。好調なゲーミングパソコンのラインアップを増やしたほか、「CES 2017」で発表したばかりの2in1パソコン「New XPS 13 2-in-1」を国内に投入する。いずれも第7世代のCoreプロセッサーを搭載しながら、同社らしい手ごろな価格を実現している。注目モデルのNew XPS 13 2-in-1と、世界初となるVR対応13.3型ゲーミングノートパソコン「New ALIENWARE 13」の特徴を詳しく見ていきたい。

13.3型液晶ディスプレイを搭載するNew XPS 13 2-in-1

New XPS 13 2-in-1

サイズ感を変えずに2in1化した「New XPS 13 2-in-1」

New XPS 13 2-in-1は、その名の通り、「XPS 13」を2in1化したモデルだ。XPS 13の特徴である、狭額縁の「InfinityEdgeディスプレイ」や高品位なデザインはそのままに、ディスプレイ部分が360度回転するコンバーチブルタイプの2in1パソコンに仕上げている。直販価格は159,980円から。

XPS 13のウリは、「13インチのディスプレイ搭載で、サイズは11インチモデルと同じ」というサイズ感。シャープと協力して開発したInfinityEdgeディスプレイにより、このコンパクトなボディを実現している。New XPS 13 2-in-1も、このサイズ感は変わらず、本体サイズはXPS 13とほぼ同じ(奥行きが1mmほど小さくなり、最厚部が1.3mmほど薄くなっている)。ディスプレイはタブレットスタイルでも見やすい、170度の視野角を確保。コーニング社の「ゴリラガラス」を使って、耐久性を高めている。400ニトと輝度も高く、高品質なディスプレイを搭載している。オプションのペンを使えば、2048段階の筆圧検知に対応したペン入力も可能だ。Windows 10の生態認証機能「Windows Hello」に対応する指紋センサーや顔認証カメラも備える。

ノートブック、タブレット、スタンド、テントといった、さまざまなスタイルで利用できる

ノートブック、タブレット、スタンド、テントといった、さまざまなスタイルで利用できる

左がNew XPS 13 2-in-1、右がXPS 13。サイズはほぼ同じだ

左がNew XPS 13 2-in-1、右がXPS 13。サイズはほぼ同じだ

CPUには、TDP(熱設計電力)が4.5WのYシリーズを採用しており、「Core i5-7Y54」(1.20GHz、最大3.20GHz)と「Core i7-7Y75」(1.30GHz、最大3.60GHz)の2種類から選択できる。通常モデルはTDPが15WのUシリーズを採用しているので、CPUの性能はやや劣る。メモリーは8GB〜16GB、ストレージは256GB/512GBのSSD(PCIe接続)。ディスプレイは1920×1080のフルHDが基本で、3200×1800のQHD+も選べる。外部インターフェイスには、USB 3.1 Type-Cを2基備えており、そのうち1基はThunderbolt 3に対応する。バッテリー駆動時間はカタログスペックで、フルHDモデルが約15時間、QHD+モデルが約8.5時間。本体最は304(幅)×199(奥行)×8〜13.7(高さ)mm、重量は最軽量構成時で1.24kg。

Thunderbolt 3対応のUSB 3.1 Type-Cを搭載

Thunderbolt 3対応のUSB 3.1 Type-Cを搭載

VR対応の13.3型ゲーミングノートパソコン「New ALIENWARE 13」

New ALIENWARE 13は、13.3型ディスプレイを搭載する高性能なゲーミングノートパソコン。GPUにNVIDIAの「GeForce GTX 1050」や「同1050Ti」、「同1060」を搭載しており、「Oculus Rift」と「HTC Vive」をサポートする。同社によると、13.3型ノートパソコンとしては世界初のVR(仮想現実)対応モデルという。また、海外では前世代モデルから発売していた有機EL(OLED)ディスプレイモデルも用意する。

左がOLEDモデル、右が液晶モデル。OLEDモデルはマルチタッチ対応

左がOLEDモデル、右が液晶モデル。OLEDモデルはマルチタッチ対応

本体は、既存の「ALIENWARE 15/17」と同じ「ヒンジフォワードデザイン」。ヒンジを少し前に設置することで、背面での効率的な排熱処理を実現している。本体側面のイルミネーションは省かれているが、タッチパッドや天板のロゴ部分などの色や光り方はカスタマイズできる。キーボードはnキーロールオーバーに対応し、1分あたり最大108キーコマンド以上を実現。キーストロークも2.2mm確保している。

CPUは、TDPが35Wの「Core i5-7300HQ」(2.50GHz、最大3.50GHz)または「Core i7-7700HQ」(2.80GHz、最大3.80GHz)。メモリーは8GB〜16GB(最大32GB)、ストレージは180GBのSSD(M.2)から1TB SSD(M.2)+1TB SSD(M.2)まで豊富な選択肢を用意する。ディスプレイは液晶モデルが1366×768または1920×1080、OLEDモデルが2560×1440。直販価格は139,980円(税別)から、OLEDモデルは239,980円(税別)。

ヒンジを少し前に設置したヒンジフォワードデザイン。これにより、背面での効率的な排熱処理を実現している

ヒンジを少し前に設置したヒンジフォワードデザイン。これにより、背面での効率的な排熱処理を実現している

2.2mmのキーストロークを確保したキーボード

2.2mmのキーストロークを確保したキーボード

このほか、手ごろな価格のゲーミングノートパソコンとして、「New Inspiron 15 ゲーミング」も投入する。GPUに「GeForce GTX 1050Ti」を搭載した15.6型ノートパソコンで、価格を11万円前後(税別)に抑えたのが特徴だ。パソコンで気軽にゲームを楽しみたい人に向けた入門機的な位置付けのモデルだ。

New Inspiron 15 ゲーミング

New Inspiron 15 ゲーミング

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.23 更新
ページトップへ戻る