フランスでシェア2位のスマホベンチャーが日本市場に参入!

14,800円の若者向けカジュアルスマホ Wiko「Tommy(トミー)」登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスのモバイル端末ベンチャー企業「Wiko(ウイコウ)」は、2017年2月14日、日本市場への参入を発表した。その製品第1弾として、Android 6.0を搭載するSIMフリースマートフォン「Tommy」を2月25日より発売する。国内でも競争が激化しているSIMフリースマホ市場だが、Tommyはどんな特徴があるのか? そのポイントを速報でお届けしよう。

Wikoは、フランス発祥のベンチャー企業。競争の激しい日本市場に対しTommyはどんな強みで勝負するのか?

Wikoは、フランス発祥のベンチャー企業。競争の激しい日本市場に対しTommyはどんな強みで勝負するのか?

カジュアルで低価格。VoLTE対応など、ポイントを押さえた性能を備える

Wikoは2011年にフランス・マルセイユで設立されたスマートフォンを中心としたモバイル端末のベンチャー企業だ。現在、ヨーロッパ、アジア、アフリカで事業を展開しており、本国のフランスではシェア2位、西ヨーロッパ諸国でもシェア上位5位以内をキープしている。

そんなWikoが日本市場参入に際して用意したのはSIMフリーのAndroidスマートフォン「Tommy」。720×1280のHD表示に対応した約5.0インチのIPS液晶を備え、価格を14,800円(税別)に抑えた、カジュアルさが特徴で、若年層ユーザーをターゲットとして想定した製品になる。

ボディサイズは、約71.5(幅)×145.9(高さ)×8.9(厚さ)mm、重量約165g(メーカーの情報修正に従い2017年2月24日訂正)。CPUにはクアッドコアの「Snapdragon 210 MSM8909+(1.3GHz×4)」を採用し、2GBのRAMと、16GBのストレージを組み合わせる。OSは、Android 6.0だ。なお、増設用のmicroSDXCメモリーカードスロットは64GBまで対応する。

HD表示対応の5インチ液晶ディスプレイ。IPS液晶なので視野角も十分広い

HD表示対応の5インチ液晶ディスプレイ。IPS液晶なので視野角も十分広い

樹脂の質感を前面に出した背面デザイン。マット処理された表面の質感は良好

樹脂の質感を前面に出した背面デザイン。マット処理された表面の質感は良好

側面のボリュームと電源ボタン。カチッとしたクリック感があり好ましい操作感覚

側面のボリュームと電源ボタン。カチッとしたクリック感があり好ましい操作感覚

本体下部には、充電用microUSBポートを装備。なお、本機は防水仕様にはなっていない

本体下部には、充電用microUSBポートを装備。なお、本機は防水仕様にはなっていない

ヘッドホン端子は上面に配置されている

ヘッドホン端子は上面に配置されている

センサー類では、加速度センサー、光センサー、近接センサー、磁気センサーといった一般的なセンサーに加えて、ジャイロセンサーも搭載。ステレオ録音が可能なデュアルマイクを搭載しているのも、この価格帯の製品ではユニークなところ。メインカメラは約800万画素、サブカメラは約500万画素で、720pまでの動画撮影が可能だ。なお、NFCポートは搭載されていない。

メインカメラは約800万画素。720pの動画撮影が可能

メインカメラは約800万画素。720pの動画撮影が可能

サブカメラは500万画素。美肌効果などの機能も搭載される

サブカメラは500万画素。美肌効果などの機能も搭載される

プリセットされた画像と写真を重ねる「フレーム」撮影機能も搭載

プリセットされた画像と写真を重ねる「フレーム」撮影機能も搭載

バッテリーは容量2,500mAhで、最近では珍しい交換可能なパック式だ。なお、交換用のバッテリーは、当面、別売りのオプションとして発売される予定はなく、ユーザーサポートなどを通してユーザーに届けられるという。カラーバリエーションは発売当初は、ブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラックの3色だが、サンイエロー、ホットピンク、クールグレーの3色も追加が予定されている。

交換可能なバッテリーパックを採用。ただし、当面、バッテリーのオプション販売は行わない。急速充電には非対応

当面用意されるカラーバリエーションは、フラッシュレッド(写真左)、ブリーン(写真中央)、トゥルーブラック(写真右)の3色

通信機能を見てみよう。LTEの対応バンドは、B1/3/8/18/19。NTTドコモの「Xi」でサービス中のB1/3/19を利用可能なほか、auの「au 4G LTE」で中心的に使われるB18や、ソフトバンクの「プラチナバンド」で使われるB8にも対応するなど、主要キャリアのネットワークが利用できる。このクラスでは珍しく高音質通話サービス「VoLTE」にも対応している点もユニークだ。

なお、本機は2基のmicroSIMカードスロットを搭載しているが、2枚のSIMカードを同時に使うデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)には対応していない。

2017年度中にさらに数機種の端末を投入する予定

本機の属する15,000円以下のエントリー向けSIMフリースマートフォンは、ここ最近製品が急増しているが、本機は、ライバル機と比較してRAMとストレージの容量が大きいのがポイントだ。特に、FREETELの最新モデル「Priori 4」とはハードウェア的に共通する点が多く、両機の比較は興味深いものになるだろう。

Wikoは、フランス本国では、海外勢のスマートフォンと比較して「自分たちのメーカー」という愛着や、デザイン性などで評価されていたという。今回投入されるTommyは、カジュアルで明るいWikoらしい印象があり、しかも価格も安く抑えられているので、10代や20代の若者向けのスマートフォンとして面白い存在になりそうだ。

なお、Wikoはグローバルでは30製品ほどのラインアップを展開しており、国内でも2017年度中にさらに数機種の発売を計画している。今後の展開にも注目したい。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.16 更新
ページトップへ戻る